空運業とは?平均年収や勤続年数、年代・役職ごとのボーナス金額まとめ!

東証33業種における、「空運業」の平均年収について記載しています。空運業の年収が低いのか高いのか、手取りやボーナスはどのくらいなのか、何歳で年収1000万円を超えるのかが気になる方は、この記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

空運業の基本情報

上場企業の公開している有価証券報告書を参考に作成した「企業の年収ランキング」から抽出した、空運業の平均年収・平均年齢・平均勤続年数や従業員などのデータです。

空運業とは

空運業とは、航空機を使用し旅客や貨物を輸送することで利益を得る産業である。また、航空測量やGIS (地理情報システム) のような情報システムを取り扱っている会社もある。現在では、日本航空とANAホールディングスが9割を占める寡占状態となっている。(引用:https://jp.advfn.com/exchanges/TSE/sectors/air-transporataion

数字で見る空運業

平均年収
709万円
平均年収ランキング8
平均年齢
32.3
平均年齢別ランキング32
平均勤続年数
10.0
平均勤続年数ランキング32
平均従業員数
4958
平均従業員数ランキング32

空運業の雇用形態・学歴別の推定年収

有価証券報告書、賃金構造基本統計調査、労働額書等の比率で算出した空運業の年齢・役職別の推定所得をまとめた項目です。あくまで参考程度にご覧ください。

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1311万円
  • 課長クラス
    1046万円
  • 係長クラス
    780万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    709万円
  • 高専・短大卒
    543万円
  • 高卒
    511万円

高卒者の割合が0%の職種に関しても、数値は掲載されているので、あくまで参考程度にご覧ください。

空運業の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥4,586,511--
25~29¥5,360,387¥335,024¥1,340,096
30~34¥6,195,975¥387,248¥1,548,993
35~39¥6,908,140¥431,758¥1,727,035
40~44¥7,598,316¥474,894¥1,899,579
45~49¥8,354,459¥522,153¥2,088,614
50~54¥8,839,639¥552,477¥2,209,909
55~59¥8,672,238¥542,014¥2,168,059
60~64¥6,749,251¥421,828¥1,687,312
65~69¥6,496,021¥406,001¥1,624,005
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

空運業の平均年収ランキング

  1. 1
    827
    万円
  2. 2
    761
    万円
  3. 3
    656
    万円
  4. 4
    643
    万円
  5. 5
    600
    万円

まとめ

以上、「空運業とは?平均年収や勤続年数、年代・役職ごとのボーナス金額まとめ!」でした。業種別の平均年収や平均勤続年数などのデータが今後のキャリアにつながる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら