【2019年最新版】エンターテインメント(エンタメ)業界の平均年収ランキング【令和版】

23,110 Views

CLABELでエンターテインメント(エンタメ)業界に分類される企業の平均年収をランキングにしてまとめました。エンターテインメント(エンタメ)業界で就職・転職を考えている方、とにかく給料が気になる方は参考にしてみてください。また、それぞれの企業や職種の詳細ページへのリンクも掲載しているので、あわせてご利用ください。
ランキング詳細説明

エンタメ業界の企業別平均年収ランキング

  1. 1
    1487
    万円
  2. 2
    1053
    万円
  3. 3
    935
    万円
  4. 4
    873
    万円
  5. 5
    871
    万円
  6. 6
    851
    万円
  7. 7
    834
    万円
  8. 8
    826
    万円
  9. 9
    807
    万円
  10. 10
    767
    万円
  11. 11
    758
    万円
  12. 12
    750
    万円
  13. 13
    736
    万円
  14. 14
    678
    万円
  15. 15
    664
    万円
  16. 16
    659
    万円
  17. 17
    656
    万円
  18. 18
    654
    万円
  19. 19
    651
    万円
  20. 20
    643
    万円
  21. 21
    622
    万円
  22. 22
    619
    万円
  23. 23
    611
    万円
  24. 24
    599
    万円
  25. 25
    594
    万円
  26. 26
    587
    万円
  27. 27
    587
    万円
  28. 28
    584
    万円
  29. 29
    584
    万円
  30. 30
    583
    万円
  31. 31
    582
    万円
  32. 32
    578
    万円
  33. 33
    574
    万円
  34. 34
    573
    万円
  35. 35
    570
    万円
  36. 36
    563
    万円
  37. 37
    557
    万円
  38. 38
    552
    万円
  39. 39
    541
    万円
  40. 40
    533
    万円
  41. 41
    526
    万円
  42. 42
    513
    万円
  43. 43
    512
    万円
  44. 44
    497
    万円
  45. 45
    494
    万円
  46. 46
    487
    万円
  47. 47
    478
    万円
  48. 48
    473
    万円
  49. 49
    461
    万円
  50. 50
    445
    万円
  51. 51
    430
    万円
  52. 52
    428
    万円
  53. 53
    421
    万円
  54. 54
    385
    万円
  55. 55
    366
    万円
  56. 56
    362
    万円
企業別平均年収ランキング

エンタメ業界の業種別年収ランキング

順位業種/年収解説
1位映画 / 668万円映画とは
2位音楽 / 655万円音楽とは
3位ゲーム / 614万円ゲームとは
4位おもちゃ、グッズ / 624万円おもちゃ、グッズとは

まとめ

以上、「【2020年最新版】エンターテインメント(エンタメ)業界の平均年収ランキング【令和版】」でした。業界別の平均年収ランキングが今後のキャリアにつながる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。

エンタメ業界の関連情報

ランキング詳細説明

その他業界別平均年収ランキング

コンサルティングメーカー金融/保険メディア
エンタメ不動産建設エネルギー
情報通信飲食流通運輸
人材教育サービスアパレル
ジュエリーIT医療農林水産

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら