【転職攻略】面接は何分前に到着すべき?正解は10分前!

最終更新日: 2019/08/22 17:41
時計.jpeg

面接には何分前に行くのが正解なのでしょうか。

ビジネスシーンにおいて、時間は絶対厳守です。時間に遅れてしまうと、面接をしてもらえない可能性もあります。

何分前に行くべきか、しっかり確認をして、遅刻には気をつけて面接に向かいましょう。

面接は何分前に到着すべき?

面接会場に到着すべきベストな時間とその理由を紹介します。

会場到着は10分前がベスト!

面接時、会場に到着するのは10分前がベストです。この到着時間は早過ぎず、遅過ぎないという印象を相手側に与えます。

初めて訪れるような場所で面接が行われる場合は、会場付近に20分前くらいに向かって、余裕をもって10分前に会場に到着できるようにしましょう。

面接に集合時間の10分前に行くべき理由

疑問.jpeg

10分前は早いと思う人がいるかもしれませんが、丁度いい時間です。転職活動は、新卒の採用活動のように盛大に行われていないため、社内の会議室などに案内される場合が多いです。

そのため、受付を通ってから、何個か段階を踏むことが予想されます。社内での移動も考えて慎重に行動しましょう。

時間が早すぎると普通に迷惑!

到着が早すぎる場合……配慮が足りない人間だと思われてしまう可能性があります。もしかしたら面接官は他の面接や業務を行なっていたり、会場自体がまだ準備されていかもしれません。

するとあなたが到着したことが迷惑をかけてしまいます。相手側の事情を考慮して、何分前に会場に到着するかを決めましょう。

面接の集合時間の見落としに注意

面接に関するお知らせがメールで送られてきた時、気をつけたいのが、面接集合時間と持ち物です。面接開始時間に気を取られて、集合時間を見落としがちですが、集合時間は開始時間の10分前くらいであることが多いです。

面接会場に到着してからの流れ

砂時計.jpeg

10分前(以上):受付時間を待つ

10分前以上、少なくとも10分前には面接会場に着くようにしましょう。早く着いてしまった場合は、エントランスなどで待ちます。

10分前ぴったり:受付に向かう

面接集合時間10分前をきったら、受付に向かいましょう。

5分前:面接室や応接スペースで待つ

5分前には、面接室や応接スペースで待てるように、時間に余裕を持って行動しましょう。また、待っている間は、いつ面接官が入ってくるかわからないため、静かに待ちましょう。

0分前:面接室に案内される

面接開始時刻。当初伝えられていた時間を前後することはよくあります。そのため、時間になっても呼ばれなかったとしても落ち着いて待ちましょう。また、面接室に案内されてからは、入室と退室に関するマナーを守りましょう。

面接の受付方法

面接の受付では、自分から面接に来た旨を伝えましょう。

受付では、面接時間・訪問目的・名前・約束相手を告げましょう。

本日◯時からの中途採用の面接で参りました、〇〇と申します。
人事部の〇〇様と約束させていただいております。
お取り次ぎお願い致します。

止むを得ず遅刻をする場合は?

面接遅刻にあやまるイメージ

遅刻する場合はすぐ連絡!

電車の遅延、交通事故、渋滞など避けられないハプニングで面接に遅刻してしまうことがあります。そんな時は、すぐに電話で相手側に連絡しましょう。「なぜ遅れるのか」「何分遅れるのか」を明確に伝え、さらに遅刻に対しての謝罪をしてください。

遅刻はネガティヴな印象を面接官に与えてしまいますが、しっかり連絡して謝罪をすることでその印象を緩和できます。

ただし、このような不測な事態を予想して、余裕をもって何分前に面接会場に到着するのか決められるとよいですね。

面接には10分前には行きましょう

面接には10分前には行きましょう。何度も言いますが、面接において遅刻は厳禁です。

せっかくの面接準備時間と労力を無駄にしないためにも、余裕を持って行動しましょう。

転職活動のマナーまとめ

服装のマナー

  1. 服装総合
  2. 私服のマナー
  3. スーツのマナー
  4. ネクタイのマナー
  5. 靴/パンプスのマナー
  6. カバン/バッグのマナー(女性編)
  7. カバン/バッグのマナー(男性編)
  8. 腕時計のマナー

髪型のマナー

  1. 前髪のマナー(男性編)
  2. 前髪のマナー(女性編)
  3. 髪型/髪色のマナー(女性編)

メイクのマナー

  1. メイクのマナー

持ち物のマナー

  1. 持ち物のマナー

入室のマナー

  1. 到着時間のマナー
  2. 面接室の入退室マナー
  3. ノックのマナー

メールのマナー

  1. メールの基本マナー
  2. お礼メールを送るときのマナー
  3. 日程調整メール
  4. 辞退のマナー
  5. メールアドレス

電話のマナー

  1. 折り返し電話のマナー
  2. 電話時間のマナー
  3. 辞退のマナー

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら