大学中退者が正社員就職するために行うべき3つのこと

最終更新日: 2019/02/13 15:39

家計の悪化、体調不良、学業不振などで大学を中退してしまったけど、正社員就職したいと考えている、もしくは大学を中退して就活真っ只中のあなた!

どのような業界や企業を目指し、どうやって正社員になろうと考えていますか?大学中退者は、就活において普通の高卒、大卒の人たちと考えるべきこと、行うべきことが違います。自分の置かれている状況を理解して、早めの行動を心がけるようにしましょう。

この記事では、大学中退者が正社員就職するために行うべきことを紹介します。将来どうしようか悩んでいる大学中退者の方の参考になれば幸いです。

大学中退者が正社員就職するために行うべき3つのこと

大学中退者が正社員に就職するために行うべきことは3つあります。

  1. 高望みをやめる
  2. すぐに就活を始める
  3. 職に直結する勉強をする

高望みをやめる

空を見上げる男性の画像
大学を中退してしまったなら、就職に対する高望みをやめましょう。残念ながら、大学中退者は大卒者よりも大手企業の正社員になることが難しいでしょう。東京大学などいわゆる高学歴と言われる大学の中退者ならまだしも、Fラン大学の中退者では基本的に高卒と変わりません。

また、くだらない理由で大学を中退していれば、高卒者よりも評価は低くなります。

どんな理由であれ、大学を中退した以上、大卒者よりもいい企業、年収を望むのはやめるべきです。自分は大学を中退した人間であることを自覚しましょう。

すぐに就活を始める

就活中の男性の画像
大学中退者が正社員になりたいなら、大学を中退したらすぐに就活を始めましょう。中退者が避けるべきは、経歴に空白期間を作ることです。中退後すぐに就活を始めれば、企業は「この人はちゃんと働く意欲があるんだな」と思います。

反対に、中退後しばらくの空白期間を経て就活をしていると、企業は「この間は就活せず何をしてたの?」と思い、良い印象は抱きません。

大学を中退後は、ふらふら遊ばずにすぐ就活を!

職に直結する勉強を始める

本を読んで勉強する男性の画像

正社員になりたいなら、職に直結する勉強を始めましょう。例えば、公務員、税理士は試験に合格すれば、システムエンジニアはプログラミングを身につければ、大学中退ということはほとんど考慮されずになれます。

大学中退という事実を勉強でカバーしましょう。下の記事では就職におすすめの資格を紹介しているので、ぜひご覧ください。

就職や転職に役立つオススメの資格10選!

まとめ

大学中退者が正社員になりたいなら、自分が大学中退者だと自覚したうえで、現実的な行動をするべきです。現実的に行動すれば、大卒者と変わらない仕事に就ける可能性が高まります。

大学中退をしてしまった方はこの記事を参考に、自分の未来について考えてみてください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら