転職の面接で採用を勝ち取るための5つのテクニック!

最終更新日: 2019/02/13 15:39
PAK86_atamawokakaerudansei20131223_TP_V4.jpg

「転職先が全然決まらない……」「もうすぐ転職の面接なのに、何をすればいいかさっぱりわからない」とお困りの方必見!

実は、面接の合否はほとんど面接前の準備で決まるということはご存知でしたか?逆を言えば、面接前の準備がなければ合格率も下がってしまうのです。

この記事では、転職の面接で採用を勝ち取るための5つのテクニックについて紹介しています。これを読めば、合格率がアップすること間違いナシ!

これから転職の面接を控えている方にとって、この記事が転職活動の助けになれば幸いです。

転職の面接を受ける時のテクニック

転職の面接で採用を勝ち取るための5つのテクニックは以下の通りです。

  • 面接マナーの確認
  • 質問の返答を用意
  • 企業研究
  • 逆質問を用意
  • 面接のリハーサル

面接マナーを確認する

PAK15_notepenhikkiyougu20140312_TP_V4.jpg

転職の面接に行く前に、面接マナーを見返しておきましょう。

転職をしようとしているあなたは、一度社会人を経験しています。面接のマナーを知らない、守っていないと面接官から、「この人は社会人としての常識も知らないのか!」と思われてしまい、採用が遠ざかってしまうかもしれません。

転職の面接を控えている方は、面接前に、必ず面接のマナーを見返す、また忘れてしまった方はもう一度覚え直してください。

面接のマナーを紹介している記事です。是非参考にしてください。

就活生の面接マナー【入室・退室などで印象が変わる!】

質問の返答を用意する

転職の面接の練習をする人のイメージ.jpg

転職の面接を控えている方は、面接に行く前に、面接官からの質問の返答を用意しておきしましょう。

転職の面接において必ず聞かれる質問は、

  1. 自己紹介
  2. 自己PR
  3. 長所・短所
  4. 志望動機
  5. 退職・転職理由

の5つです。

これら5つの質問の返答をその場で考えるのはさすがに無理があります。面接官の質問に対して、どもってしまったり、無理がある返答をしてしまうことは、あなたの印象を悪くしてしまうでしょう。

転職の面接前にこれら5つの質問の返答を文章に起こし、添削しておいてください。

この記事であげた5つの質問以外にも面接で聞かれる質問例と返答例を紹介している記事があります。是非参考にしてください。

就職や転職の面接でよくある質問一覧と回答例文!【Good回答・NG回答】

企業研究をする

企業研究のイメージ.jpg

転職の面接を控えている方は、面接に行く前に、面接を受ける企業のホームページをチェックするなどして企業研究をしましょう。

面接官は、転職希望者が会社の事業内容・企業理念を知っているものだと思っています。それなのに、自分の受ける企業のことをろくに調べず、面接を受けると言うことは、「あなたの会社はよく知らないし、興味もないけど、採用してください!」と言ってるようなものです。

面接官の立場からしてみれば不愉快極まりないですよね?何にも調べずに面接を受けることは絶対にしないでください。転職を本気でしたいなら、面接前に企業についての情報収集や研究に意欲的に取り組むようにしましょう。

逆質問5〜6個用意しておく

面接で逆質問をする人のイメージ.jpg

転職の面接を控えている方は、面接官から聞かれる「何か質問がありますか?」いわるゆ逆質問された時のための質問を5〜6個用意しておきましょう。

面接の一番最後にされる、逆質問は面接の合否を大きく左右します。逆質問は、自分が会社を調べた上で気になったこと、疑問に思ったことを聞いたり、自己アピールを含んだ質問をするようにしましょう。事前に調べればわかることを質問してしまうは、面接官に会社に興味や熱意がないと思われてしまうのでNGです。

面接官との会話の中で自然な流れで逆質問できるように、面接前に逆質問を5〜6個考えておくようにしてください。

面接の逆質問についてまとめてある記事です。是非参考にしてください。

面接で「質問はありますか?」と聞かれた時に好印象な逆質問

面接前にリハーサルをする

面接の練習をしている人のイメージ.jpg

転職の面接に行く前に、面接の一連の流れをリハーサルをしましょう。

転職活動をしているほとんどの人にとって、面接を受けるのは就職活動以来だと思います。久しぶりに面接を受けることになるので緊張してしまい、本来の自分の実力が発揮できないなんてこともあるのです。これでは、どんなにあなたの能力が優れていても、転職活動はうまくはいきません。

転職の面接前に、面接会場に入室前から退出後までの一連の面接の流れを何度もリハーサルをしてください。リハーサルをすることによって本番での緊張感が和らぎ、自分が持っている本来の力が出しやすくなります。面接のリハーサル相手はご家族でも構いませんが、お金に余裕があるならプロに見てもらう方が、自分の改善点が見つかりやすいのでおすすめです。

まとめ

今回は、転職の面接で採用を勝ち取るための5つのテクニックについて紹介しました。5つのテクニックからわかる通り、面接の合否は面接前の準備で決まっているのです!

今後、転職の面接を控えている方は是非この記事を参考にして、転職活動を頑張ってください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら