【2019年】最新就職人気企業ランキング!

最終更新日: 2019/02/13 15:39
悩む就活生のイメージ.jpg

「就活を来年に控えているけど志望業界が決まらない!」、「そもそもどの企業が学生に人気なの?」と悩んではいませんか?

この記事では、2019年卒の文系と理系の学生に人気な企業をそれぞれランキング形式で紹介しています。また、ランキングの上位3社については、ちょっとした企業紹介も記載しているので、人気の企業はどんな取り組みをしているのかにも注目してみてください。

これから就職活動を控えている学生や就職したい業界が決まっていない学生は、是非ランキングを参考にして、自分が入りたいと思う企業や業界を探すのをおすすめします。

文系の学生の最新就職人気企業ランキング

マイナビが発表した、「2019年卒最新就職人気ランキング」に基づいて、文系の学生が選ぶ、最新就職人気企業ランキングを作成しました。

順位企業名業界
1位全日本航空(ANA)航空
2位日本航空(JAL) 航空
3位東京海上日動火災保険損保
4位JTBグループ旅行
5位オリエンタルランド レジャー
6位エイチ・アイ・エス(H.I.S) 旅行
7位ソニー 電機
8位 損害損保ジャパン日本興亜損保
9位伊藤忠商事 総合商社
10位資生堂 化粧品

このランキングを見ると、就職先として2019年卒の文系学生に人気なのは、航空業界の企業であることがわかりますね。航空業界の企業がランキング上位に上がった1つの理由として、客室乗務員を目指す文系女学生からの根強い人気が挙げられます。

第1位 全日本航空(ANA)

ANAのロゴのイメージ.png
ANA公式ホームページ

2019年卒の文系の学生が選ぶ、最新就職人気ランキング第1位に輝いたのは、全日本航空でした。実は、全日本航空は前年の就職人気企業ランキングでも1位を獲得しているのです!

全日本航空は日本における航空業界のマーケットシェアの約半数(49.8%)を占めていることから、国内No.1の航空会社であると言えます。

6年連続最高ランク「5スター」を獲得

全日本航空は、世界各国の航空業界の会社を格付けする、イギリスのSKYTRAX社のレーティングで、最高ランクの「5スター」を2013年から6年連続獲得しています。

2018年に「5スター」を獲得した航空会社は、世界でも11社しかありません。全日本航空は、世界でもトップクラスの航空会社なのです。

第2位 日本航空(JAL)

JALのロゴのイメージ.png
JAL公式ホームページ

2019年卒の文系の学生が選ぶ、最新就職人気ランキング第2位に輝いたのは、日本航空でした。日本航空は全日本航空と並んで、日本の「2大航空会社」と言われています。

日本航空も全日本航空同様に、2018年に行われたSKYTRAX社のレーティングで、最高ランクの「5スター」を獲得しています。

質の高いサービス

航空業界で格安航空会社(LCC)が台頭し、安さが重視されるようになってきた航空業界で、日本航空はサービスの質を磨きました。その結果、2017年に行われた調査で、国際航空部門において、「顧客満足度」、「ロイヤリティ(再利用意向)」で第1位になりました。日本航空は、サービスの質が国内No.1なのです。

第3位 東京海上日動火災保険

東京海上日動火災保険のロゴのイメージ.png
東京海上日動火災保険公式ホームページ

2019年卒の文系の学生が選ぶ、最新就職人気企業ランキング第3位に輝いたのは、東京海上日動火災保険でした。東京海上日動火災保険は、「Tokio Marine」として多くの国で事業展開をしており、世界的にも知名度があります。

女性活躍を推進

東京海上日動火災保険は女性を積極的に採用していて、女性の従業員の数は全体の従業員の約半分を占めています。女性従業員が、出産後も育児と仕事を両立できるような制度を確立して、より女性が働きやすい環境づくりを進めているのです。

理系の学生の最新就職人気ランキング

マイナビが発表した、「2019年卒最新就職人気ランキング」に基づいて、理系の学生が選ぶ、最新就職人気ランキングを作成しました。

順位企業名業界
1位ソニー 電機
2位味の素 食品
3位明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ) 食品
4位カゴメ 食品
5位サントリーグループ 食品
6位森永乳業 食品
7位NTTデータ IT
8位資生堂化粧品
9位トヨタ自動車 自動車
10位アサヒビール 食品

このランキングを見ると、就職先として2019年卒の理系学生に人気な企業は、ほとんど食品業界であることがわかりますね。

第1位 ソニー

ソニーのロゴのイメージ.png
ソニー公式ホームページ

2019年卒の理系の学生が選ぶ、最新就職人気企業ランキング第1位はソニーでした。ソニーも全日本航空と同じく、前年の就職人気ランニングで1位を獲得し、現在ランキング2連覇中です。ソニーは電子機器のみならず、映画や音楽、金融事業など、多種多様な事業展開をしています。

海外での圧倒的な知名度

ウォークマンやPlay Station、AIBOなどの数々の世界的なヒット商品を生み出してきた、ソニーの2016年度の海外売り上げ比率は70%を超えています。ソニーは世界中の人々に認知され、圧倒的なブランド力を誇る企業なのです。

第2位 味の素

味の素のロゴのイメージ.png
味の素公式ホームページ

2019年卒の理系の学生が選ぶ、最新就職人気ランキング第2位は味の素でした。味の素は、アミノ酸の生産力と安定供給率で世界No.1を誇る企業です。味の素は、「Eat Well, Live Well」というお馴染みのスローガンが示すように、食品を通じて人の健康を支えていくことを目標としています。

医療業界からも注目

味の素は血液中のアミノ酸の濃度のバランスによって、ガンのリスクを測る「アミノインデックス®がんリスクスクリーニング」を開発しました。わずか5mlの採血でガンのリスクを測れる性能の高さから、味の素は医療業界からも熱い視線を注がれています。

第3位 明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)

明治グループのロゴのイメージ.png
明治グループ公式ホームページ

2019年卒の理系の学生が選ぶ、最新就職人気ランキング第3位は明治グループでした。株式会社明治は皆さんもご存知だと思いますが、お菓子や、乳製品など、食品を幅広く扱っている企業です。Meiji Seika ファルマは、ジェネリック薬品などの医薬品はもちろん、農薬や動物薬などの開発を行なっています。

感染症対策への取り組み

明治グループは長年、感染症対策に力を入れています。特に有名な開発品が、カバのイラストで馴染みがあるポビドンヨード製剤のうがい薬です。明治グループは、うがい習慣の啓発のために、小学校低学年を対象とし、日本各地で、「手洗い・うがい教室」を開いています。

まとめ

この記事では、最新の就職人気企業をランキングとランキングにあがった企業についてちょっとした紹介をしましたが、いかがでしたか?ランキングを見て2019年卒の先輩たちに人気な企業がわかったと思います。

この記事が、いずれ就職活動をする方々にとって企業を知るきっかけとなれば幸いです。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら