面接官に好印象な転職の志望動機の書き方

最終更新日: 2019/02/13 15:39

転職しようと考えているみなさん、志望動機の書き方には悩んではいませんか?

転職者はなぜ今の企業を辞めて、新たな企業に入りたいのかを明確にした、また転職者は一度就職しているので実務経験に言及した、新卒の時とは違う志望動機が求められます。

ただ、ある2つの要素を組み合わせれば、企業への高い志望度と適合性を示した志望動機を簡単に作れるのです!

この記事では、面接官を納得させ、さらに好印象を得ることのできる転職の志望動機の書き方や例文を紹介します。転職の志望動機に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

面接官に好印象な志望動機の書き方

面接官に好印象な転職の志望動機を書くには以下の2つを組み合わせます。

  1. 一般的な志望動機
  2. 転職者ならではの志望動機

1に2を付け加えることで転職者として説得力のある志望動機が書けます。

1. 一般的な志望動機

間違いを指摘している画像

1-1. 自分の理想を主張する

自分がどのような理想を持って、応募企業に転職したいと考えているのかを主張します。「社会をより良くしたい」など曖昧なものでも大丈夫です。面接官に仕事に対するモチベーションは何なのか伝えましょう。

1-2. 応募企業でなければならない理由を書く

上の抽象度の高い志望動機だけだと、面接官に「他の企業でもよくないか?」と思われてしまいます。丁寧に企業研究をし、自分の理想を実現するには、どうしてその企業でなければならないのかを明確にしましょう。

2. 転職者ならではの志望動機

ステップアップしている人の画像

2-1. 転職理由とリンクさせる

転職したい理由と志望動機がリンクしていれば、面接官は納得できます。例えば、キャリアップを転職理由としているなら、志望動機では応募企業がどうしてキャリアアップできる環境であるのかを説明すればよいのです。

2-2. 即戦力であることをアピール

新卒とは違い、転職者は前職で実務経験を積んでいるはずです。新卒が書くようなただの志望動機ではなく、すぐに企業に貢献できることをアピールする志望動機にしましょう。ただ自己PRではなくあくまで志望動機なので、あからさまにならない程度でアピールします。

面接官に好印象な転職の志望動機の例

上記を参考に、転職志望動機の例を紹介します。

面接の志望動機 例1

要素内容
1-1食品を通して人々の生活を豊かにしたい
1-2業界トップクラス、消費者の立場を考えている
2-1多くの消費者を相手にしたい
2-2商品の売り上げ促進担当の経験

私が貴社を志望した理由は、食品を通して人々の生活を豊かにしたいと考えたからです。前職では、化粧品のマーケティング業務をしていましたが、化粧品を通して生活を豊かにできる消費者は限られているなと感じておりました。

しかし、食品は日々の生活になくてはならないものであり、だれもが毎日口にします。つまり食品を通して、人々の毎日に幸せを届けられるチャンスが多いのです。

貴社は、食品業界を牽引する存在であり、また〇〇という理念をもとに消費者の立場を考えた商品開発や企画が積極的に行われるなど、人々の生活への貢献度が大きいといえます。

前職では、〇〇という商品の売り上げ促進担当し、市場分析、季節ごとのイベント企画、SNSを活用した広報で、昨年度の売り上げを前年度に比べ25%向上させました。

この前職で培ったノウハウと経験を生かし、さらに人々の生活を豊かにするという理想をもって貴社に貢献したいと考えています。

面接の志望動機 例2

要素内容
1-1世界を相手に働きたい
1-2グローバル展開をしている
2-1キャリアアップしたい
2-2営業経験、語学力

私は日本に限らず、世界を相手に働きたいという思いから貴社を志望します。前職では3年間自社製品の法人営業を担当し、昨年は営業社員200人中3位という成績を残し、営業スキルもメンタルも成長させることができました。

そこでさらなる自己成長として、幼い頃から夢であった世界を相手にした仕事に関わりたいと思い、グローバル展開を始めたばかりの貴社の営業職を志望しました。

前職の営業経験に加え、貴社はアジアを中心に展開しているので、学生時代に身につけた私の英語や中国語をぜひ活かしたいです。また前職時代、競合企業ながら貴社の〇〇や〇〇といった商品は魅力的だと感じておりました。

そのような商品を、世界に相手にして売り込むことは大変やりがいがある仕事だと考えています。ぜひ一度チャンスをいただければ幸いです。

まとめ

上で紹介した要素を埋め、文章を繋げれば簡単に面接官に好印象な転職の志望動機が書けてしまいます。この記事が、転職しようと考えている方の参考になれば幸いです。

関連記事

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら