【転職攻略】前髪ありはOK?面接における女性の前髪事情

最終更新日: 2019/08/22 17:38
女性スーツ.jpeg

先に言います、前髪はNGではありません。

面接を控えた女性の多くが、前髪に対する不安を抱えていることでしょう。前髪は人の印象を大きく変えます。それゆえ、普段前髪がある人にとって、前髪をなくすことは一大事です。

しかし、前髪がNGだと噂されることにも理由があります。その理由を解明した上で、面接に前髪ありで行くときのポイントを紹介します。

面接で前髪がNGだと言われる理由

 このNGだと聞いて想像する前髪は、「ぱっつん前髪」でしょう。ぱっつん前髪のように、目の上を髪の毛が覆っている状態だと、確かに人の印象は少し暗く見えます。

面接官は、応募者の目を見て話すため、目の周りが隠れていると、「暗そう」「清潔感がない」というような印象を与えてしまうのです。

しかし、前髪にも色々な種類があり、その種類によって与える印象や全体的な「明るさ」も変わります。

面接で好印象な前髪

面接1.jpg

自分に似合う前髪も選ぶことも大切ですが、どんな人に見られたいか、服装との統一感は出るか、などを基準にして選んでみるのもコツです。

面接で好印象な前髪⑴斜め分け

前髪を左右のどちらかで分けて、流すヘアスタイル。転職活動の面接では、最も無難な髪型ですが、一番おすすめです。

「仕事ができる」雰囲気と「柔らかさ」を一緒に持つことができるため、パンツスタイルにもスカートにも合うでしょう。

面接で好印象な前髪⑵センター分け

センター分けの前髪は、顔全体が明るく見え、最も清潔感を感じさせる髪型です。しかし 、さっぱりとした印象をもたらす一方で、「頑固」「気が強い」などと思われてしまう髪型でもあります。

パンツスタイルの場合はセンター分けがおすすめです。

面接で好印象な前髪⑶ぱっつん斜め分け

センター分けや斜め分けなどは、前髪といえど、おでこを隠すことが出来ないため、普段ぱっつん前髪の人には抵抗があると思います。

その場合は、ぱっつん前髪に分け目をつくってみてください。分け目を作ることで、どちらか片方の目の上に抜け感が生まれ、顔全体が明るく見えるでしょう。

分け目がつきにくいという人は、軽く巻いて流れを作ることがコツです。

面接でマイナス印象の前髪

本.jpg

面接でマイナス印象の前髪⑴オン眉ぱっつん

オン眉ぱっつんの前髪は、たとえ分け目をつくったとしても、「子供らしい」印象を与えてしまいます。

後ろの髪の毛と一緒にとかして、後ろ髪と一緒に流すと、オン眉ぱっつんを隠すことが出来ます。

面接でマイナス印象の前髪⑵ポンパドール

ポンパドールの前髪も、オン眉ぱっつんと同様「子供っぽい」印象になりがちです。

ポンパドールは顔にメリハリをつくることが出来ますが。面接では控えましょう。

番外編:触覚問題

面接において、前髪の横に少し長めの触覚は出していいのでしょうか。

正解は△です。ない方がベストですが、頬骨くらいの長さであれば、問題ありません。

触覚の小顔効果は、頬骨を隠すかどうかで決まると言われています。それ以上の長さは顔を暗くする、という面接においてはマイナス効果しかないため控えましょう。

面接で好印象の前髪まとめ

パソコンに触れる女の人.jpeg

面接で好印象の前髪は、顔全体が明るく見えることがポイントです。

一方でマイナスの印象を与えてしまう前髪は、子供がするイメージが強い前髪です。

普段と違う前髪に戸惑ってしまうかもしれませんが、新しいことに挑戦しようという転職の決意は、あなたを十分輝かしく見せてくれています。

自分に自信を持って、面接で好印象の前髪をぜひ試してみてください。

転職活動のマナーまとめ

服装のマナー

  1. 服装総合
  2. 私服のマナー
  3. スーツのマナー
  4. ネクタイのマナー
  5. 靴/パンプスのマナー
  6. カバン/バッグのマナー(女性編)
  7. カバン/バッグのマナー(男性編)
  8. 腕時計のマナー

髪型のマナー

  1. 前髪のマナー(男性編)
  2. 前髪のマナー(女性編)
  3. 髪型/髪色のマナー(女性編)

メイクのマナー

  1. メイクのマナー

持ち物のマナー

  1. 持ち物のマナー

入室のマナー

  1. 到着時間のマナー
  2. 面接室の入退室マナー
  3. ノックのマナー

メールのマナー

  1. メールの基本マナー
  2. お礼メールを送るときのマナー
  3. 日程調整メール
  4. 辞退のマナー
  5. メールアドレス

電話のマナー

  1. 折り返し電話のマナー
  2. 電話時間のマナー
  3. 辞退のマナー

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら