【転職攻略】面接に腕時計が欠かせない理由と選び方

最終更新日: 2019/08/22 17:37
腕時計人の手.jpg

最近は腕時計をする人がかなり減ってしまいましたよね。習慣的に(週4日以上)腕時計をする人の割合は約50%ほどしかいません。(リサーチ会社のアスマーク

しかし、ビジネスシーンの中では、マナーとして腕時計をすることが必要とされます。なので、ビジネス上の試験とも言える転職活動の面接では、腕時計は欠かせないわけです。

ただ、腕時計だったらどんな腕時計でもいいということでもありません。持っている腕時計がビジネスシーンに適切なのかどうか、チェックしてみてください。

面接に腕時計が欠かせない理由

おじさん困ってる.jpeg

スマホはまだ定着していない

転職活動の面接など、ビジネスシーンでは、スマホはまだ定着していません。普段は、時計の代わりにスマホを使っている方も多いと思いますが、面接中にスマホを取り出すことは望ましくありません。

また、面接官は40~50代に集中していて、スマホに対する抵抗感も強いです。慣れないかもしれないですが、面接中は腕時計を着用しましょう。

不意のテストに対応する

面接会場に行った途端に、筆記テストや適性検査を受けるよう伝えられることがあります。そのような緊急事態にも慌てずに対応するためにも、腕時計は欠かせません。

面接で着ける腕時計のポイント

チェック3.png

面接で着用する腕時計のポイントは、3つあります。

  1. アナログの文字盤
  2. ベルトは革か金属
  3. フィット感

面接で着ける腕時計のポイント⑴アナログの文字盤

面接で着ける腕時計は、アナログの文字盤のものを選びましょう。かつ、シンプルで清潔感のある文字盤がおすすめです。スーツは単色のため、腕時計が目立ちやすくなっています。少しでもきらびやかな装飾があると、面接官の目もそちらに向き、悪印象を与えてしまいます。

面接で着ける腕時計のポイント⑵ベルトは革か金属

ベルトは黒か茶の、革製もしくはシルバーの金属製のものを選びましょう。革は汗などで傷みやすいため、夏は金属製の腕時計を選ぶことをオススメします。

面接で着ける腕時計のポイント⑶フィット感

最後の面接で着ける腕時計選びのポイントはフィット感です。ベルトがゆるい場合、だらしない印象を与えてしまったり、揺れて物音がしてしまう可能性があります。面接の緊張感がなくなるので、自分の腕にフィットした腕時計を選びましょう。

面接で着ける腕時計のNG例

アウト2.jpeg

文字盤やチャームが派手な腕時計

文字盤やチャームにスワロフスキーが入っているものや、キャラクターの絵が目立つものは控えましょう。

高級ブランドのロゴが目立つ腕時計

ベルトやバッグなど、小物にはブランド物を使う方が多いかもしれませんが、面接においてはふさわしくありません。多少のロゴでしたら問題はないので、わざわざ買う必要はありません。

デジタル文字盤の腕時計

時間が、デジタル表示される時計や、その数字がチカチカと光るタイプの時計は危険です。面接官も気になってしまい、話を集中して聞いてもらえなくなる可能性があります。

面接中は腕時計を見ない

面接中は腕時計を見てはいけません。中でも、面接官が話している最中に腕時計を見ることは失礼に当たります。「話しすぎているかな」と不安になることがあるかもしれませんが、面接中に腕時計をチラチラと見ていると、落ち着きがないとも思われてしまうので、気をつけましょう。

面接に腕時計を忘れても慌てない

腕時計茶.jpg

面接の日に腕時計を忘れてしまうと、とても焦りますよね。しかし、腕時計は必須の持ち物ではありません。面接室に壁時計がある場合もありますし、基本的に面接官が時間管理はしてくれるため、焦る必要はありません。

不安な場合は、適当な腕時計を近くのお店で買っていってもいいと思います。ドラッグストアなどにも売っています。

転職活動のマナーまとめ

服装のマナー

  1. 服装総合
  2. 私服のマナー
  3. スーツのマナー
  4. ネクタイのマナー
  5. 靴/パンプスのマナー
  6. カバン/バッグのマナー(女性編)
  7. カバン/バッグのマナー(男性編)
  8. 腕時計のマナー

髪型のマナー

  1. 前髪のマナー(男性編)
  2. 前髪のマナー(女性編)
  3. 髪型/髪色のマナー(女性編)

メイクのマナー

  1. メイクのマナー

持ち物のマナー

  1. 持ち物のマナー

入室のマナー

  1. 到着時間のマナー
  2. 面接室の入退室マナー
  3. ノックのマナー

メールのマナー

  1. メールの基本マナー
  2. お礼メールを送るときのマナー
  3. 日程調整メール
  4. 辞退のマナー
  5. メールアドレス

電話のマナー

  1. 折り返し電話のマナー
  2. 電話時間のマナー
  3. 辞退のマナー

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら