【転職攻略】スーツの印象はネクタイで決まる!?面接のネクタイ選びはこれだ!

最終更新日: 2019/08/30 17:32
ベンチャー.jpeg

面接にスーツで行った場合、ネクタイの色や柄は、その人の第一印象を左右します。暗めの色のスーツや白いシャツの中で、唯一はっきりとした色味を持つネクタイは、全身においても存在感を示しています。

つまり、そんな力を持つネクタイを上手く活用すれば、ネクタイの色や柄でイメージアップを狙うこともできるわけです。まだ、転職活動を始める前の方は、これを機に面接用の"勝負ネクタイ"なんて購入してもいいかもしれませんね。

面接でのネクタイ選びのポイント

合格通知書.jpeg

転職活動における面接で着ける、ネクタイ選びのポイントは次の2つです。

  1. 自身の思いや意思をネクタイにのせる
  2. TPOに配慮してネクタイを選ぶ

この2点を叶えられる、あなたにぴったりのネクタイを選んでいきましょう。

色でネクタイを選ぶ

赤・えんじ青・紺黄色グレー
印象情熱・積極性知性・真面目活発・親近感協調性・落ち着き大人しい
業界・業種営業職万能メーカー・エンタメBtoB企業金融・公務員

高齢者 ・ 若齢者の色識別性と色彩イ メ ー ジ  宮本雅子

表の印象や業界・業種に沿ってネクタイを選んでみましょう。また、最も無難なカラーは青や紺色ですが、赤やグレーもメジャーなカラーです。

メガバンクのように、イメージカラーがはっきりとある場合は、そのカラーに沿ったネクタイを選びましょう。他の応募者もそのようなネクタイの選び方をしているため、他2行のカラーのネクタイを着けているとマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。

柄でネクタイを選ぶ

ストライプチェックドット無地小紋柄
印象目立つ快活上品真面目落ち着き

ドットを選ぶ場合は、ドットの大きさに注意しましょう。大きなドット(水玉模様)は、軽いイメージを持たれてしまいます。

また、小紋柄やストライプは明るい色を合わせると、派手すぎる印象を与えてしまうため、気をつけましょう。

太さでネクタイを選ぶ

転職活動の面接にふさわしいネクタイの太さは9cmです。6cmのネクタイも多く販売されていますが、面接のような公式の場所では、少し細すぎるようです。

面接にふさわしいネクタイの結び方

ネクタイはスーツの下に着けるため、見える部分である結び目と長さを特に意識して結んでみてください。

ネクタイの結び目は、ほどほどの大きさに

結び目、大きすぎず小さすぎず、ほどほどの大きさを意識しましょう。

ネクタイの長さはベルトくらいまで

ネクタイの長さはベルトくらいの長さを意識して、結びましょう。ベルトの幅に収まるくらいの長さが適当です。

ネクタイ選びのNG例

白黒のネクタイ

白黒のネクタイは冠婚葬祭向けのネクタイです。面接にはふさわしくありません。

ブランド名が派手に入ったネクタイ

ブランド名、特にハイブランドの名前が派手に入ったネクタイは控えましょう。

キャラクターのネクタイ

キャラクターのネクタイは、ふざけた印象を与えてしまいます。

ピンクやゴールド、うす紫色のネクタイ

派手な印象を持たれてしまいます。薄いピンク色などは、アパレル業界ではOKです。

自分のイメージに沿ったネクタイ選びを

空.jpeg

転職活動における面接に着けていくネクタイ選びは、第一印象、ひいては転職攻略には欠かせない重要なプロセスです。

自分自身がどんな風に見られたいのか、どんな風にアピールすべきなのか、と思いを巡らせながら、あなたにぴったりのネクタイを着けて、自信を持って面接に行きましょう。

転職活動のマナーまとめ

服装のマナー

  1. 服装総合
  2. 私服のマナー
  3. スーツのマナー
  4. ネクタイのマナー
  5. 靴/パンプスのマナー
  6. カバン/バッグのマナー(女性編)
  7. カバン/バッグのマナー(男性編)
  8. 腕時計のマナー

髪型のマナー

  1. 前髪のマナー(男性編)
  2. 前髪のマナー(女性編)
  3. 髪型/髪色のマナー(女性編)

メイクのマナー

  1. メイクのマナー

持ち物のマナー

  1. 持ち物のマナー

入室のマナー

  1. 到着時間のマナー
  2. 面接室の入退室マナー
  3. ノックのマナー

メールのマナー

  1. メールの基本マナー
  2. お礼メールを送るときのマナー
  3. 日程調整メール
  4. 辞退のマナー
  5. メールアドレス

電話のマナー

  1. 折り返し電話のマナー
  2. 電話時間のマナー
  3. 辞退のマナー

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら