【転職攻略】転職用にメールアドレスを作るメリットとポイント

最終更新日: 2019/08/30 17:15
TRTM9735_TP_V.jpg

転職活動で使う履歴書には、メールアドレスを書く欄があります。この際に、新たに転職用のメールアドレスを作るか迷っている人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな人のために、新たに転職用のメールアドレスを作るメリットと、作成する際に気をつけるべきポイントを紹介していきたいと思います。

転職用にメールアドレスを作る理由とメリット

kuchikomi711_TP_V.jpg

転職用にメールアドレスを作る理由は大きく分けて3つあります。それは

  1. 大量のメールを受け取るから
  2. キャリアメールは届かないことがあるから
  3. 今の勤務先のメールアドレスは使えないから

です。

以下でこの3つの理由と、そこから生まれるメリットについて詳しく見ていきましょう。

大量のメールを受け取るから

いくつかの転職サイトに登録すると、大量のメールが送られてきます。

この際、普段遣いのメールアドレスで登録してしまった場合、プライベートのメールとごっちゃになってしまい、大切なメールを見落としてしまう可能性があります。

しかし、転職用のメールアドレスを作れば、大量のメールを管理しやすくなります

キャリアメールは届かないことがあるから

Softbankやdocomoなどのキャリアメールだと、文字数制限や、添付ファイルなどの関係で受信できないことや、フィルターに引っかかってしまって気づかないというようなことが多々あります。

転職用のメールアドレスをYahooメールやGmailなどのフリーメールで作ることで、受信できないという事態を防げます

今の勤務先のメールアドレスは使えないから

現在勤めている会社のメールアドレスをそのまま転職用メールアドレスにする人がいますが、これは絶対に避けるべきです。

会社のメールアドレスは業務上の関係で、自分以外の人間でも受信履歴を見られるように設定されていることがあります。

ですので、現在勤めている会社のメールアドレスを使うことは不用意なトラブルを生み出しかねません。

新たに転職用のメールアドレスを作ることで、事前にトラブルを回避できます

転職用にメールアドレスを作る際のポイント

kuchikomi678_TP_V.jpg

転職用のメールアドレスを作る際に、気をつけるべきポイントがいくつかあります。それは

  1. フルーメールで作成すること
  2. アドレスは氏名で作成すること

です。以下でこの2つについて詳しく見ていきます。

フリーメールで作ろう

フリーメールとは、GmailやYahoo!メールなどのことを言います。

先程も述べたように、フリーメールを使うことで字数制限や添付ファイルの関係で受信できなくなるという可能性をなくすことができます。

特にGmailは知名度があり、GoogleカレンダーやGoogleマップなど、他のサービスと連携ができるため、転職用にメールアドレスを作成する際はGmailがおすすめです。

アドレスは氏名にしよう

転職用のメールアドレスはシンプルなものがよいです。主張が激しいものは、相手先の企業に常識を疑われかねません。

ですので、アドレスはシンプルにフルネームで設定しましょう。

転職用メールアドレスのまとめ

kuchikomi817_TP_V.jpg

いかがだったでしょうか?転職用のメールアドレスを作ることによって、大量のメールを管理しやすくなったり、メールを見落とすことがなくなる、などのメリットが生まれます。

みなさんもぜひ、転職用にメールアドレスを作って、円滑に転職活動をしていきましょう。最後までご覧頂き、ありがとうございました。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら