【転職攻略】心配無用!企業への折り返し電話のポイントとテンプレ

最終更新日: 2019/08/30 17:48
ookawa422IMGL8100_TP_V.jpg

転職活動中、企業から不在着信が入っていたら折り返して電話するのがマナーです。しかし、どのように折り返し電話したらよいのか分からずに、不安に思う人もいるのではないでしょうか。

電話は、面接などと異なりお互いの顔が見えないので注意が必要です。ポイントを知らないまま折り返し電話してしまうと、企業に悪いイメージを与えかねません。

今回は、企業からの電話へ折り返す際のポイントをテンプレートと一緒に紹介していきたいと思います。

企業からの電話への折り返しとは

企業からの電話への折り返しとは、企業からの不在着信を受け、あなたから企業に再度電話をかけ直すことを言います。企業は何か伝えたいことがあって、あなたに電話をかけてきている訳です。

ですから、あなたは企業が求めている回答を考えて、折り返す必要があります。もし、伝言が入っていた場合は、その内容をしっかりと確認して折り返しましょう。

もし、あなたが何も把握せずに折り返したとしたら、企業はあなたに対して良い印象を持たないでしょう。

企業への折り返し電話のポイント5つ

企業からの電話に折り返す際に、注意すべきポイントがいくつかあります。今回は以下の五つを紹介していきたいと思います。

  1. すぐ折り返す
  2. 静かな場所で折り返す
  3. 何か書くものを用意する
  4. 企業の営業時間内に折り返す
  5. 明るい声で電話する

それでは以下で、それぞれを詳しく見ていきましょう。

すぐに折り返す

ap2018FTHG5138_TP_V.jpg

社会人のマナーとして、すぐに連絡することは当たり前です。企業は何か用があってあなたに電話をかけてきた訳ですから、それに対して素早く折り返すのは当たり前です。

連絡が早いことは企業に良い印象は与えても、悪い印象を与えることはまずありません。どうしても外せない用事がある時以外は、なるべく早く折り返すようにしましょう

静かな場所で折り返す

ookawa9180I9A0014_TP_V.jpg

雑音が激しいところで折り返し電話をしたら、相手の声が聞こえづらかったり、逆にこちらの声が届かなかったりして、もう一度聞き直したりする必要が出てきます。

また、最悪の場合、企業が言ったことを聞き間違ってしまって、不用意なトラブルを生むことになるでしょう。

企業に悪印象を与えないためにも、必ず人気が少なく、騒音がない場所で折り返し電話しましょう

何か書くものを用意する

OYtantei0I9A0058_TP_V4.jpg

企業からの電話の内容が面接の日程調整だった場合、自分のスケジュールを確認する必要が出てきます。

何も準備せずに折り返し電話してしまった場合、カバンからスケージュール帳とボールペンをだす手間がかかってしまい、それだけ企業を待たせてしまうことになります。

企業を待たせることは、あなたが準備不足であるという印象を与えてしまうので、すぐに予定を確認し、メモが取れるように準備してから折り返し電話をしましょう

企業の営業時間内に折り返す

7b344da128ea96dd0e9f628c31c1c4a5_t.jpg

これは、折り返し電話に限ったことではなく、メールの場合も同様です。企業からの不在着信に気がついたのが土日祝日、または営業時間外だった場合は、企業の営業日、営業時間内に掛け直すのがマナーです。

多くの企業は午前9時から、午後6時までの営業時間ですが、企業によって少しづつ異なるので、自分で企業のホームページなどを見て確認するのが良いでしょう。

営業時間外に電話をするのは、常識がないと思われかねないので、必ず営業時間内に折り返し電話をしましょう

明るい声で電話しよう

suzu201606080I9A6729_1_TP_V.jpg

電話では、お互いに顔を見ることができません。ですから、もしあなたが暗い声でボソボソ話していたら、企業にやる気のない人だという印象を与えてしまいます。

企業はあなたの顔が見えないので、あなたを声だけで判断してしまいます。明るく、高いトーンで話して、やる気があることを伝えましょう

企業からの電話への折り返しの例

以下では企業からの電話に折り返す際に、どのようにするのが適切なのかということを、例を使って紹介していきたいと思います。

スクリーンショット2019-07-3015.33.38.jpg

上の例のように、まずは自分が何者なのか、どういった理由で電話をして、誰に用があるのかということをはっきりと伝えましょう。

そのあとに、電話に出られなかったことに対する謝罪の意を伝えましょう。

また、以下の記事では、電話をする際に気をつけるべきポイントについてより詳しくまとめてありますので、ぜひご覧ください!!

企業からの電話への折り返しを上手に行おう!

ap2018FTHG5139_TP_V.jpg

いかがだったでしょうか?企業からの電話にはなるべく早く折り返して、明るい声で話すことが大事です。皆さんも、今回ご紹介したいくつかのことを念頭に置きながら、企業からの電話への折り返しを上手に行って、良い印象を与えましょう!!

転職活動のマナーまとめ

服装のマナー

  1. 服装総合
  2. 私服のマナー
  3. スーツのマナー
  4. ネクタイのマナー
  5. 靴/パンプスのマナー
  6. カバン/バッグのマナー(女性編)
  7. カバン/バッグのマナー(男性編)
  8. 腕時計のマナー

髪型のマナー

  1. 前髪のマナー(男性編)
  2. 前髪のマナー(女性編)
  3. 髪型/髪色のマナー(女性編)

メイクのマナー

  1. メイクのマナー

持ち物のマナー

  1. 持ち物のマナー

入室のマナー

  1. 到着時間のマナー
  2. 面接室の入退室マナー
  3. ノックのマナー

メールのマナー

  1. メールの基本マナー
  2. お礼メールを送るときのマナー
  3. 日程調整メール
  4. 辞退のマナー
  5. メールアドレス

電話のマナー

  1. 折り返し電話のマナー
  2. 電話時間のマナー
  3. 辞退のマナー

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら