【転職攻略】面接辞退の電話の入れ方とマナー

最終更新日: 2019/08/22 17:43
ookawa422IMGL8106_TP_V.jpg

面接予定の日に、どうしても外せない用事が入ってしまったり、他の企業に内定をもらってしまった場合、面接を辞退しなければなりません。

その際、「どうやって辞退すればよいんだろう?」「どうすれば失礼がないだろうか?」と疑問に思う人もいることでしょう。

今回はそんな人のために、面接辞退の電話の入れ方とマナーを紹介していきたいと思います。

面接辞退ってメールでいいの?

kuchikomi668_TP_V.jpg

面接を辞退する際に、メールで連絡をするか、電話を入れるかで迷っている人もいるでしょう。

先に結論から述べておくと、面接予定の日の前日、または当日でない場合は、メールでも大丈夫ということになります。

「メールでの面接辞退の連絡はマナー違反では?」と思う人もいるでしょうが、メールで面接辞退すること自体はマナー違反ではありません。

しかし、メールで面接辞退する際にもマナーは存在します。もし、メールで面接辞退の連絡をされるのであれば、以下の記事を是非参照してください。

面接辞退の電話のマナー

kuchikomiGFVL0641_TP_V.jpg

面接辞退を電話で伝える際にもマナーが存在します。以下では2つのマナーについて詳しく見ていきます。

  1. 辞退することが決まったらすぐ連絡する
  2. 電話をする時間帯を考える

1.辞退することが決まったらすぐ連絡する

面接辞退の電話は、辞退することを決めたらすぐにしましょう。企業もあなたのために、貴重な時間を割いて面接の準備などをしてくれています。

できるだけ早く連絡することで、企業に無駄な時間を使わせなくて済むかもしれません。

相手の企業のことも考えて、面接を辞退せざるを得なくなってしまったらすぐに企業に面接辞退の電話をしましょう。

2.電話をする時間帯を考える

企業に面接辞退の電話する時間帯は、午前10時から午後12時の間と午後2時から午後4時の間にしましょう。

他の時間帯は昼休憩中だったり、業務が忙しかったりするので、電話をするのはひかえましょう。

また、企業に電話してもよい時間帯は以下のサイトでより詳しく紹介しています。

面接辞退の電話の入れ方

ookawa923IMGL8093_TP_V.jpg

次に、面接辞退の電話の入れ方をテンプレートを使いながら紹介していきます。

面接辞退の理由

自分から面接辞退の理由を話す必要はとくにありません。

辞退の理由を聞かれた場合は「他社から内定をいだたき...」というような事を言いましょう。

この際に失礼のないように、謝罪の意をしっかりと表明しましょう。

面接辞退の電話の例

以下に、面接辞退の電話の会話例を載せておきました。ぜひ、参考にしてみてください。

受付:「お電話ありがとうございます。株式会社△△です。」

あなた:「こんにちは。お忙しいところ恐れ入ります。〇〇と申します。面接の件でお電話いたしました。人事部の□□様はいらっしゃいますでしょうか?」

人事:「お電話代わりました。人事採用担当□□と申します。」

あなた:「お忙しいところ恐れ入ります。◯月◯日の◯時より面接のお約束を頂いております、◯◯と申します。今、少しお時間よろしいでしょうか?」

人事:「〇〇さんですね。はい、大丈夫です。」

あなた:「ありがとうございます。先日は面接のご連絡をいただきまして、誠にありがとうございました。大変申し訳ないのですが、一身上の都合により面接を辞退させていただきたく、ご連絡いたしました。」

人事:「ご連絡ありがとうございます。よろしければご辞退の理由などを教えていただけますでしょうか?」

ーーーーーーーーーーーーーーー理由別に答えるーーーーーーーーーーーーーー

あなた:「はい、この度、他社から内定をいただき、就職活動を終えることになりましたので、面接を辞退させていただきました。お忙しい中、面接のお時間をいただいていたにもかかわらず、大変申し訳ございません。」

                または

あなた:「業務や職務の内容を詳しく伺うなかで、当初抱いていたイメージとの違いが大きいことが分かり、自分の能力をあらためて考え、貢献していくことが難しいと感じました。お忙しい中、面接のお時間をいただいていたにもかかわらず、大変申し訳ございません。」

マナーを守って面接辞退の電話を入れよう

ap2018FTHG5139_TP_V-1.jpg

いかがだったでしょうか?面接辞退はあなたにとっても言いづらいことであるでしょうが、企業もあなたのために面接の準備などをしてきたので、感謝の意を込めつつマナーを守って電話をしましょう。

転職活動のマナーまとめ

服装のマナー

  1. 服装総合
  2. 私服のマナー
  3. スーツのマナー
  4. ネクタイのマナー
  5. 靴/パンプスのマナー
  6. カバン/バッグのマナー(女性編)
  7. カバン/バッグのマナー(男性編)
  8. 腕時計のマナー

髪型のマナー

  1. 前髪のマナー(男性編)
  2. 前髪のマナー(女性編)
  3. 髪型/髪色のマナー(女性編)

メイクのマナー

  1. メイクのマナー

持ち物のマナー

  1. 持ち物のマナー

入室のマナー

  1. 到着時間のマナー
  2. 面接室の入退室マナー
  3. ノックのマナー

メールのマナー

  1. メールの基本マナー
  2. お礼メールを送るときのマナー
  3. 日程調整メール
  4. 辞退のマナー
  5. メールアドレス

電話のマナー

  1. 折り返し電話のマナー
  2. 電話時間のマナー
  3. 辞退のマナー

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら