【転職攻略】30代の転職の実態とは?メリットとデメリットを大公開

最終更新日: 2019/09/25 16:48
bd078219904c796e5439c6af7d320a05_t.jpeg

転職を考えている皆さんの中にも現在30代の人がいるでしょう。20代と異なり、30代での転職では実績などで評価される傾向にあるので、即戦力である必要があります。

そんな中、「30代で未経験の業界に転職は可能?」「資格がなければ転職できない?」と疑問に思う人もたくさんいるのではないでしょうか?

今回はそんな人のために30代の転職の実態、メリットとデメリットについて分かりやすく説明していきたいと思います。

30代の転職の実態

kuchikomi807_TP_V.jpg

30代での転職は、20代の転職と大きく異なるため、疑問に思うところがいくつかあるのではないでしょうか?今回は多くの人が気になるであろうことを二つ上げてみました。

  1. 30代転職で未経験業種・業界は可能か?
  2. 30台転職に資格は必要か?

では、以下でこれら二つの点を詳しく説明していきます。

30代転職で未経験業種・業界は可能か?

始めに結論から言ってしまうと、30代で未経験の業種・業界に転職することはかなりの覚悟が必要と考えた方が良いでしょう。

20代の転職はポテンシャル採用があり、未経験でも転職しやすい状態にありますが、30代は即戦力であることを求められるため、採用されるのは難しいでしょう。

また、仮に採用されたとしても中途者のためのしっかりとした研修がなければ、仕事に支障が出てしまいます。これに加えて、未経験者として入社するため、今貰っている給料より減ってしまうこともあります。

30代転職に資格は必要か?

次に30代の転職に資格が必要なのかと言うことですが、これに関しては「あると良いかもしれないが、なくても問題ない」というのが一つの考え方です。

企業が30代の転職者に求めているものは、資格というよりその人のスキル、能力です。その資格を所持している人を企業が欲している場合は別ですが、多くの場合は営業力、マーケティング能力といった仕事に直結するも能力が評価されます。

30代の転職のメリット

f969ab43846dad799e2dbf3dfcf45118_t.jpeg

30代で転職を行う最大のメリットは自分のキャリアアップを見込める点にあるでしょう。

20代とは異なり、30代の転職者はこれまでに培った実務経験や業務実績、交渉力やプレゼン力、マネージメント力を活かしてキャリアアップを目指せます。上手く行けば転職先企業で新規事業のリーダーなどを任せられることもあり、より経験を積むことが可能になるでしょう。

30代の転職のデメリット

ddb55b706147e0ee6902b05fe4438d45_t.jpeg

30代の転職のデメリットはやはり、単純なやる気や熱意だけでは採用されることが難しい点にあるでしょう。

20代の転職では、若さでどうにかなるだろうという企業の考えでポテンシャル採用されることがあります。しかし、企業の人材教育は30代で終了していることが多く、中途者の教育にはあまり力を入れられないため、即戦力でスキルを持っている転職者しか採用しないことがほとんどです。

30代の転職ポイント3つ

c68b8176cb04f0b109406086212474c6_t(1).jpeg

最後に、30代が転職する際に気をつけるべき3つのポイントについて紹介していきたいと思います。

  1. 自分のスキル、能力をアピールしよう
  2. 妥協点を決めておこう
  3. 社風をしっかりと調べよう

では以下で3つのポイントについて詳しく見ていきましょう。

1.自分のスキル、能力をアピールしよう

以前にも述べたことですが、企業が30代の転職者に求めているのは、即戦力性とスキル、能力なのです。20代のように熱意とやる気だけでポテンシャル採用されることはまず無いといって良いでしょう。

ですから、やる気だけをアピールしたところで内定は出ません。30代の転職者は自分のスキルでどう企業に貢献できるのかということをアピールする必要があります。

2.妥協点を決めておこう

転職先を探す中で、より良い条件、家からより近く、より多い有休日数、と希望だけが膨らみがちです。そうなってしまうと、自分の希望に叶う企業がなくなってしまい、転職活動が滞ってしまいます。

スムーズに転職活動を行うためにも、転職の理由を一つハッキリさせて、それ以外はどこまで妥協できるかということを事前決めておきましょう。

3.社風をしっかりと調べよう

転職をする際に待遇や有休日数などで希望企業を決めてしまいがちですが、社風を調べることも怠ってはいけません。

無事転職に成功したとしても、会社の雰囲気が自分に合わなければ、仕事がうまく捗らず転職した意味が半減してしまいます。企業と自分のミスマッチを避けるためにも、しっかりと企業研究をしておきましょう。

30代の転職は慎重に

kuchikomi793_TP_V.jpg

いかがだったでしょうか?30代の転職は20代の転職と異なる点がたくさんあるためそれらを把握しておくことが絶対に必要になります。今、転職を考えている30代の人は今回紹介したことを踏まえて、慎重に転職をするか、しないかを考えてみましょう!

転職の時期など考察記事リンク集

時期や実態

  1. 転職にオススメの時期
  2. 氷河期世代が"今"転職すべき理由
  3. 新卒1年目の転職は可能かどうか
  4. 転職の限界年齢の実態
  5. 一般職から総合職への転職

年代別の特徴

  1. 20代転職のメソッド
  2. 30代転職のメソッド
  3. 40代転職のメソッド
  4. 50代転職のメソッド
  5. 60代転職のメソッド

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら