【転職攻略】40代で資格無し、未経験でも転職できるの?成功するために押さえるべきポイントとは

最終更新日: 2019/09/25 16:48
c40bc73855a5f623c8af8d7e1ae6497f_t.jpeg

現在、転職を考えている人の中には、40代の人もいるのでは無いでしょうか?「新しいチャレンジをしたい」「転職の最後のチャンスだから...」と転職理由は人それぞれでしょう。

しかし、「40代の転職は厳しいのでは?」「採用してもらえるのか?」と不安に思っている転職者も少なく無いはずです。

今回はそんな人のために、40代の転職についての疑問点、40代の需要、気をつけるべきポイント、最後に転職先の見つけ方を紹介していきたいと思います。

40代の転職で気になる点

kuchikomi793_TP_V.jpg

40代の転職ともなると、20代そして30代と大きく変わって来るので、疑問点も多いのではないでしょうか?そのため今回は、以下の2点の疑問点を上げて見ました。

  1. 40代の転職は未経験業界・業種でも可能か?
  2. 40代の転職は資格がなくても可能か?

では以下でこの二つの疑問点を詳しく見ていきましょう。

1. 40代の転職は未経験業界・業種でも可能か?

結論から言ってしまうと、40代で未経験業種・業界に転職をすることはかなり厳しいのが現実です。40代で入社しても、一から教育していくのは効率がよく無いので、企業は若くて即戦力となる人材を求めているのが今の状態です。それでも未経験業界・業種に転職したい場合は、給料が減ってしまう可能性があることを覚悟しましょう。

2. 40代の転職は資格がなくても可能か?

40代の転職は資格がなくとも、アピールできる能力があれば問題ありませんが、持っていることに越したことは無いでしょう。

業界によっては資格が必須なところもあるので、その資格を所有していれば目指せる業界も増やせますし、アピールポイントとしても使うことができます。しかし、資格より重要なのは、やはりその業界で活用できるスキルや能力でしょう。

40代の転職の需要

スクリーンショット2019-08-2214.15.28.jpg

上記の図は厚生労働省東京労働局が発表した年齢別有効求人倍率を元に、それをグラフ化したものになります。

年齢別の需要

35歳〜44歳だと、毎月安定して有効求人倍率が1倍以上あるため、需要は十分にあると言えるのでは無いでしょうか?

しかし、44歳〜54歳になると一年間を通して1倍を超える月がないため、44歳未満より少し厳しい状態にあると言えます。

需要から見るおすすめ転職時期

35歳〜44歳と44歳〜54歳の二つの年齢層に共通するところとして、2月の需要が最も高いことがあげられます。2月も転職する時期として良いですが、企業は10月も下半期に向けて採用進めるので、転職時期としておすすめです。

以下のサイトでは転職のベストタイミングを詳しく紹介しているのでぜひ参照してみてください。

40代の転職のポイント2つ

c68b8176cb04f0b109406086212474c6_t.jpeg

では次に40代が転職をする際に気をつけるべき2つのポイントを紹介していきたいと思います。

  1. ポータブルスキルを身につけよう
  2. 転職先を慎重に考えよう

では以下で2つのポイントについて紹介していきたいと思います。

1.ポータブルスキルを身につけよう

40代の転職で欠かせないのは即戦力性や、スキルですが、それに加えて論理的思考力、問題処理能力と言ったような専門的な能力とは異なるポータブルスキルがあればより採用されやすくなるでしょう。

ポータブルスキルとは、性格や人柄など、資格や経験だけでは図れない能力を評価するための基準を意味します。

また、ポータブルスキルがあれば未経験の業種・業界でも採用されやすくなるでしょう。

2.転職先を慎重に考えよう

40代の転職は「最後のチャンス」と考えられていることが多く、失敗してしまうと負のスパイラルに陥ってしまうため、慎重に考える必要があります。

自分がやりたいことは何なのかということをハッキリさせて、それは給料が今より減ってまでやりたい事なのか、など今の生活状況も考慮に入れながら進めていきましょう。また、家族がいる場合は転職を考えていることをしっかりと伝えた方が良いでしょう。

40代の転職先の見つけ方

3b7ea01a28c6b0a285fd2cd458a312b7_t.jpeg

最後に、40代の転職先の見つけ方を二つ紹介していきたいと思います。

  1. 複数の求人情報を確認する
  2. 人脈を使う

では以下で二つの転職方法を詳しく説明していきたいと思います。

複数の求人情報を確認する

先ほどの有効求人倍率の推移グラフからみて分かるように、40代中盤、終盤になってしまうと1倍を切ってしまうため、企業規模や業界にとらわれず自分が興味が持てる企業を探すことが大切です。

企業が求めている人物像をしっかりと把握し、今まで培った経験を活かすことができるのであればどんどん応募していった方が良いでしょう。

人脈を有効活用する

社会人経験を20年ほど積んでいれば、それなりの人脈もできるでしょう。40代の転職では、友人、知人が転職先を紹介してくれることもあるので、自分が転職を考えていることを信頼できる人に伝えておくのも良いでしょう。

40代はよく考えてから転職を

1ef3f317dee230bb0b0a0ad0ed5860b1_t.jpeg

いかがだったでしょうか?40代の転職は30代、20代より厳しくなるところもあるため、事前によく準備しておく必要があります。今回紹介した40代の転職に関する情報をしっかりと把握した後に、本当にやりたいことを考えていきましょう!

転職の時期など考察記事リンク集

時期や実態

  1. 転職にオススメの時期
  2. 氷河期世代が"今"転職すべき理由
  3. 新卒1年目の転職は可能かどうか
  4. 転職の限界年齢の実態
  5. 一般職から総合職への転職

年代別の特徴

  1. 20代転職のメソッド
  2. 30代転職のメソッド
  3. 40代転職のメソッド
  4. 50代転職のメソッド
  5. 60代転職のメソッド

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら