【転職攻略】50代で無資格、未経験でも転職できるって本当?おすすめ業界と踏まえるべきポイント

最終更新日: 2019/09/25 16:49
d51debc5700deee7676597d49de39c24_t.jpeg

現在、転職を考えている人の中には50代の人も多いのではないでしょうか?

しかし、「35の壁」があると言われているので「50代の転職は厳しいのでは?」「採用してもらえるの?」と不安に思っている人も多いでしょう。

今回はそんな人のために、50代の転職についての疑問点、成功させるためのポイント、そしておすすめ業界を紹介していきたいと思います。

50代で無資格、未経験は転職可能か

kuchikomi793_TP_V.jpg

50代で転職をするとなると、いくつかの気になる点が出てきます。今回はそのような50代が転職する際に気になる点を二つ挙げて、説明していきたいと思います。

  1. 50代の転職に資格は必要なのか?
  2. 50代の転職で未経験業種・業界は可能か?

それでは以下で二つの疑問点ついて詳しく説明していきます。

50代の転職に資格は必要なのか?

結論から言ってしまうと、50代でホワイトカラーとして採用してもらうためには、難関資格の所得が重要になってきます。

50代ともなると企業も採用に二の足を踏みがちになります。その中で採用されるためにも難関資格の取得は必要と言えます。

以下の記事では転職に有利な資格を載せているので、ぜひ参照してみてください。

50代の転職で未経験業種・業界は可能か

50代で未経験の業種・業界に転職することについては、かなりのリスクがあることを覚悟してください

50代が未経験の業種・業界に転職することによって生じる可能性があるデメリットは、給料の大幅な減額非正規社員としての雇用になってしまうなどがあげられます。これらのリスクを踏まえた上で、どうしても新しい業種・業界にチャレンジしたいという人だけが転職しましょう。

50代の転職のポイントは2つある

c68b8176cb04f0b109406086212474c6_t.jpeg

次に、50代が転職を成功させるためにやるべき2つのポイントを紹介していきます。

  1. 年収は妥協点を決める
  2. キャリアの棚卸しを行う

では以下の二つの成功のポイントを詳しく見ていきましょう。

年収は妥協点を決める

50代の転職の弱みで書いた通り、転職によっては給料が下がることもあるため、希望の金額が高ければ、自分に合う求人が見つからず、転職活動が滞ってしまいます。

転職活動をスムーズに進めるためにも、妥協できる給料を初めに決めてから転職先を探し始めましょう。

キャリアの棚卸しを行う

50代にもなると、30年間も社会経験を積んできたことになので、様々な業務経験や実績があったはずです。これらの大量の業務経験や実績を自分で再確認し、企業にアピールできる形にするにはキャリアの棚卸しが欠かせません。

以下の記事ではキャリアのに棚卸しのメリットとやり方について詳しく紹介しているので、ぜひ参照してください。

50代転職者におすすめな業界とは

c2b377694eb508a889c701b2856cd7ea_t.jpeg

これまで50代で未経験業種・業界に転職する難しさを説明してきましたが、それでもやはり未経験業界・業種に入りたいという人のために、50代の転職者が新たに入りやすい業界を3つ紹介していきたいと思います。

  1. 介護・福祉業界
  2. 警備業界
  3. タクシー業界

では以下で3つの業界を詳しく見ていきましょう。

介護・福祉業界

現在、少子高齢化に伴い介護・福祉業界は人材不足が深刻なため、未経験者でも広く門を開いているので、採用されやすい傾向にあります。また、現場で実務経験と知識を付けることにより、「介護福祉士」や「ケアマネジャー」などの資格を取得し、50代からキャリアアップを狙うことも可能です。

しかし、介護職には力仕事もあるため、ある程度の体力、筋力がない方はやめておいた方が良いでしょう。

警備業界

警備員の仕事にはほとんど年齢制限がなく、高齢者でもやりやすい仕事内容であるため、多くの50代が活躍しています。

しかし、警備の仕事は基本が野外業務であるため、暑さ寒さにある程度耐え、長時間立ち続けられる体の丈夫さが必要になってきます。

タクシー業界

タクシー業界も50代の転職先として人気です。歩合制である事が多く、給料は自分次第で上下するため、ライフスタイルに合わせて働く事ができます。

タクシー業界に入る際のデメリットとしてあげられるのは、普通自動車第二種運転免許を所有していなければならないという点です。タクシー業界によっては、取得を補助してくれるところもあるそうですが、そうで無い場合は転職する前に自腹で取得する必要があります。

50代での転職は慎重に

YOTAKA85_shijisuru15121715_TP_V.jpg

いかがだったでしょうか?50代の転職は様々な点に気をつけなければなりません。50代で転職を考えている場合は、今回ご紹介した点を踏まえて、かなり慎重に判断するようにしましょう。

転職の時期など考察記事リンク集

時期や実態

  1. 転職にオススメの時期
  2. 氷河期世代が"今"転職すべき理由
  3. 新卒1年目の転職は可能かどうか
  4. 転職の限界年齢の実態
  5. 一般職から総合職への転職

年代別の特徴

  1. 20代転職のメソッド
  2. 30代転職のメソッド
  3. 40代転職のメソッド
  4. 50代転職のメソッド
  5. 60代転職のメソッド

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら