【転職攻略】内定を左右する?!失敗しない企業研究のやり方とは

最終更新日: 2019/09/24 19:41
c2b377694eb508a889c701b2856cd7ea_t.jpeg

就活の際に、企業研究をした人は多いのではないでしょうか?企業研究をしていないと、面接で会社について尋ねられた時に答えられず、「この人はうちの会社を詳しく調べていない」と思われてしまいかねません。

今回は、転職の際に行う企業研究のやり方とポイントを詳しく紹介していきたいと思います。

転職活動として企業研究を行うメリット

f969ab43846dad799e2dbf3dfcf45118_t.jpeg

企業研究のやり方を紹介する前に、転職活動の一環として企業研究を行うメリットを紹介しておきたいと思います。転職活動の際に企業研究を行うメリットとして、以下の三つが上げられます。

  1. 応募先企業を探せる
  2. 書類や面接の対策になる
  3. 転職後の仕事をスムーズに始められる

企業研究にはたくさんのメリットがあることを分かって頂けたでしょうか?以下では、三つのメリットを詳しく見ていきましょう。

応募する企業を見つけられる

業界研究を終え、その業界について詳しく知った後は、一つ一つの企業を詳しく見ていく必要があります。同じ業界と言っても、様々な企業があり、それぞれの色があります。様々な企業に触れる事によって、応募する企業を決める判断材料を得ることができるのです。

書類や面接の対策になる

企業研究で企業の理念や業績、これからの展望などについて知ることで、「その企業で自分のスキルを活かせるか」「自分が求める目標を達成できるか」など、企業との相性を見極めることができます。

企業と自分の相性などを知る事によって、なぜ自分が同じ業界の他の企業でなくて、この企業でなくてはならなかったのかということが分かるので、面接や履歴書の志望動機の対策にもなります。

転職後の仕事をスムーズに始められる

もし内定をもらって入社する事になっても、転職活動として企業研究をしておく事で仕事が始めやすくなりますよね。企業研究は、転職するときだけでなく、転職が終わった後でも役に立つのです。

転職時の企業研究のやり方

390620d1402e5be5436fe3a94b159b57_t(1).jpeg

次に、転職をする際の企業研究のやり方を詳しく説明していきたいと思います。

企業研究で調べるべき情報

企業研究を行うにあたり、経営理念や事業内容をはじめ、業績、商品、給与体系、業界内での企業の位置づけなど、さまざまな角度から企業について調べる必要があります。

その中で、どれくらいまでの情報を調べれば良いの?と疑問に思う人も多いはずです。今回紹介する最低限調べておくべき情報は以下の通りです。

  1. 会社概要
  2. 経営方針・理念
  3. 商品orサービス
  4. ターゲット層や市場
  5. 業績
  6. 業界内での位置ずけ

これらの情報を知っておけば面接で会社の事を聞かれても、対応する事ができるでしょう。しかし、企業外の人間が企業の全てを知ることは不可能です。調べても分からなかったところは、面接の逆質問として使えるかもしれないので、メモしておきましょう。

以下に逆質問に関する詳しい記事があるので、ぜひ参照してみてください。

企業研究のやり方

次に、具体的にどのように企業研究を行うのかということを紹介していきたいと思います。先ほど紹介した情報を得るためには以下のような情報を集める手段があります。

  1. 企業の公式HP
  2. IR情報
  3. プレスリリース
  4. 業界新聞
  5. 四季報
  6. ブログ、TwitterなどのSNS
  7. 口コミサイト
  8. 転職エージェント
  9. 転職イベント

転職先の企業の情報を集める方法は上記のようにたくさんあります。これらの手段を有効活用して、企業の情報を効率良く集めていきましょう。

企業の公式HP

企業の公式HPの情報は、企業研究をする際の基礎となるのでしっかりと読み込んでおきましょう。公式HPには事業領域、会社情報、採用情報などの基本的な情報が掲載されていますので、必ずチェックしておきましょう。

IR情報

IR情報とは、上場企業が経営状況などの情報を株主や投資家に向けて公開したものです。これを見ることで、自分でも応募企業の経営状況や今後の事業展開を考える事ができます。

しかし、IR情報は最初に言ったように投資家や株主に向けた情報なので、知識がないと理解できない点もあるので、できる限りの情報を汲み取れるようにしましょう。

プレスリリース

プレスリリースとは、企業が、広報を目的として報道機関向けに、新しい事業などを告知・発表することです。大体の場合、プレスリリースは企業の公式HPに掲載されています。

プレスリリースをチェックしておくことで、その企業の最新の情報を手に入れる事ができます。

業界新聞

業界新聞は普通の新聞と異なり、特定の業界についての情報が詳しく載っているため、その業界の専門的な知識を身につけ、業界研究する事ができます。

また、特定の業界について知識を持っていたら、面接でアピールする事ができます。

四季報

四季報には、財務データや業績に加えて、試験情報、平均年収、離職率など様々な情報が網羅されています。

企業研究に割く時間があまりなかった場合は、とりあえず四季報の情報に目を通しておきましょう。

ブログ、TwitterなどのSNS

企業によってはFacebookやTwitter、instagramなどのSNSを通じて、社内の様子や採用の情報を発信しています。

また、企業の社長が経営理念や、社風、さらには今後の展望について発信していることがあるので確認しておきましょう。

口コミサイト

口コミサイトはその企業の元社員などが情報を提供していて、残業の多さや休日の取得状況など、現場の生の声を聞く事ができるので貴重な情報と言うことができます。

しかし、口コミサイトの情報はあくまで主観的な情報が含まれていることを忘れないでください。ですから、全ての情報を鵜呑みにするのではなく、参考程度に留めておきましょう。

以下の記事では口コミサイトについて紹介しているので、ぜひ参照してください。

指定されたURLは無効です。

転職エージェント

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーからHPや口コミサイトには載っていない、採用担当者の生の声を聴くことができます。

転職活動を始める際に、大手のエージェントにいくつか登録しておくと良いでしょう。

以下の記事で転職エージェントについて紹介しているので、ぜひ参照してください。

転職イベント

転職フェアなどのイベントで、希望の企業がブースを出していた場合、その企業の採用担当者から直接話を聞くことができます。

また、企業の採用担当者に知りたいと思ったことを直接聞けるので、より深い企業研究に結びつけることができるようになります。

転職の企業研究シートの作り方

上記で紹介した手段を用いて企業研究をしても、目を通しただけでは、すぐに忘れてしまい、意味が無くなってしまいます。せっかく研究した内容を、面接や履歴書の志望動機に活かせるように、企業ごとに一枚の紙にまとめるのがオススメです。

企業研究シートに最低限書くべき項目は以下の8つで、これらを後から見直して分かるように書いていきましょう。

  1. 企業名
  2. 企業の経営理念
  3. 事業領域、内容
  4. 業界での位置ずけ
  5. 競合他社との違い
  6. 現在の業績
  7. 将来性
  8. 社風

以下に、簡単な業界研究シートの例を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。自分で必要と感じた項目は書き足していきましょう。

企業研究シートの例

スクリーンショット2019-08-2818.52.52.jpg

しっかりと企業研究を行って転職を成功させよう

max16011542_TP_V.jpg

いかがだったでしょうか?就職だけでなく、転職においても企業研究の重要性は変わりません。企業研究をする際の情報源はたくさんあるため、情報を取捨選択する必要も出てきます。皆さんは、今回の記事で紹介した企業研究のやり方を参考にして、転職を成功させましょう!

転職活動の対策まとめ

履歴書

  1. 履歴書の書き方の基本
  2. 学歴・職歴欄の書き方
  3. 封筒の書き方
  4. 特技欄の書き方
  5. 自己PRの書き方
  6. 志望動機の書き方
  7. 証明写真の撮り方

面接

  1. 自己PRと志望動機の違いとポイント
  2. 志望動機の話し方
  3. 逆質問のポイント
  4. 退職理由のポイント
  5. 時事ネタのポイント
  6. 最終面接のポイント
  7. 緊張を解消するポイント
  8. 面接でよく聞かれる質問

筆記試験

  1. 筆記試験の種類と対策方法
  2. 作文の書き方
  3. 筆記試験で問われる一般常識

転職前準備

  1. 事前準備のやり方
  2. 転職活動を始める時期とスケジュール
  3. 企業研究のやり方
  4. 持っていると有利な資格
  5. ノートの使い方

入社前準備

  1. 入社準備のやり方
  2. 退社準備を始める時期
  3. 入社日の決め方
  4. 保険証切り替え手続きの方法
  5. 退職願・退職届の書き方
  6. 源泉徴収票が必要な理由
  7. 給料交渉のタイミングと方法
  8. 住民税の手続き
  9. 確定申告の手続き

情報収集

  1. オススメの転職サイト
  2. フリーターにオススメの転職エージェント
  3. オススメの転職エージェント

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら