【転職攻略】転職ってどれくらいかかるの?入社までの費用事情とは?

最終更新日: 2020/01/17 12:00
kuchikomi974_TP_V.jpg

転職活動には意外にもお金がかかります。転職を考えている人の中には、転職活動にどれくらいの貯金が必要なのか分からなくて、踏み出せていない人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな人のために、転職活動にかかる費用を徹底的に紹介していきたいと思います。

転職活動に必要な費用

dd67a2502c58a8e6cef39cf088714efb_t.jpeg

はじめに、転職するにあたって必要になってくる費用の種類と金額を紹介していきます。転職活動に必要な費用としては主に以下の3つが挙げられます。

  1. 生活費
  2. 交通費
  3. 雑費

では以下で、3つの費用をくわしく見て行きましょう。

生活費

生活費

約16万円/月

在職中に転職活動をする場合は必要ありませんが、離職中に転職する場合は生活費を準備しておく必要があります。「家計調査」(総務省統計局)によると、2018年の一人暮らしの生活費の平均は16万203円でした。

交通費

交通費

約2~3万/月

転職活動には、説明会や、セミナー、そして数回の面接などがあるため、かなり交通費がかかります。また、遠方の企業に就職することを考えている場合は、新幹線や飛行機を使う必要が出てくるため、さらに交通費がかかることもあるので注意が必要です。

雑費

雑費

約10万円

履歴書代、職務経歴書代、送料、転職スーツ代、転職本、セミナーの聴講料など、雑費が含む費用は多岐に渡ります。そのため、個人個人で雑費は変わってきますが、10万円程度を雑費代として用意しておけば、問題ないでしょう。

在職中と離職中の転職費用

7a89a6c8059ccf1fdc0618b2c6ce2816_t.jpeg

転職活動に必要な費用が、在職中に転職活動を行うのか、離職中に転職活動を行うのかによって大きく異なってきます。そのため、今回は在職中の転職と離職中の転職に分けて、大体の必要な費用を紹介していきたと思います。

また、一般的な転職期間が3ヶ月〜6ヶ月なので、3ヶ月と6ヶ月の転職費用の目安を紹介します。

在職中の転職費用

3ヶ月6ヶ月
約20万円約30万円

在職中の場合はこれまで通りの収入がありますので、生活費について考える必要はありません。純粋に必要となるのは、転職活動のために必要な交通費と雑費のみです。内訳としては、月々約3万円の交通費と、雑費10万円です。

離職中の転職費用

3ヶ月6ヶ月
約70万円約125万円

退職後の転職は収入がないため、生活費も準備する必要があるため、かなりの費用が必要になってきます。内訳は月々の生活費が約16万円、交通費が月々2万~3万円、雑費10万円と言った感じです。

事前に転職費用を打算しておこう

a6de0525a4db7e0b0e04a283b89b86bf_t.jpeg

いかがだったでしょうか?転職活動をするのには意外とお金がかかります。今回紹介した転職費用は、あくまでも目安なので、人によって大きく異なる場合があるので注意してください。

多めにお金を用意してしまった場合は問題ありませんが、転職活動中に活動資金が底を尽きてしまったら大変です。そうならないためにも、自分でかかりそうな費用を打算しておくことが絶対的に必要でしょう!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら