フリーターから正社員になれない人の特徴とその解決方法とは?20代なら余裕だし、30代でもまだ間に合う!

30 Views

20代も後半になり、付き合っている異性から「そろそろ結婚したいから正社員で働いて欲しい」と言われているフリーターの方は少なくありません。

また、結婚相談所やマッチングアプリに登録してみたものの、雇用条件が原因で活動がうまく行かずに、フリーターを卒業しようと考えているものの、正社員で雇用されずに悩んでいる方は多いのではありませんか。

この記事では、フリーターから正社員になれない人の特徴と、フリーターから正社員になる方法を筆者の体験を元に掲載しています。

フリーターから正社員に転職したいけれどうまくいかずに悩んでいる人は参考にしてみてください。

フリーターから正社員になれない人の特徴

フリーターから正社員になりたいけれどなれない人の特徴として、

  • そもそも転職活動をはじめない
  • 求人に応募しない
  • 面接に行かない

という、「学歴」や「職歴」以前の問題を抱えている人が多くいます。

実際、フリーターから正社員への転職は様々な企業で募集していますが、正社員での仕事を募集しているに応募する方法を知らなかったり、転職エージェントの利用方法を知らなかったりする人がほとんどです。

逆に言えば、行動さえすればフリーターからでも正社員になれますし、行動するだけでフリーターから正社員を目指すライバルの中では相当有意に立てる事を覚えておくと良いでしょう。

周りの方は、褒めてあげてください。みなさんが思っているよりも、本人にとっては行動する事自体が難しい事だし、勇気の必要な事です。

そもそも転職活動をはじめない

筆者もこの経験があるのですが、フリーターから正社員になりたいと思っても転職活動をする気力が沸かずに、そもそも転職活動を始めないというのが、フリーターから正社員になれない人の特徴です。

履歴書を書いたりとか、求人情報を探したりとか、面接を受けに行ったりとか、そもそもその辺が面倒なんですよね。

求人に応募しない

転職活動を始めないを乗り越えて転職サイトに登録をしたり、転職エージェントに登録しても、転職エージェントとの面談に行かなかったり、転職サイトの求人に応募しない人も多く存在します。

活動を始めるときはテンションでなんとかできるものの、一度落ち着くとまた面倒になってしまうのですよね。

面接に行かない

なんとか求人に応募したり、転職エージェントと相談して履歴書を用意したものの、当日になって面接に行かない人もいます。それこそ、1~2社程度の面接で落ちてしまい、心が折れてしまう人もいるでしょう。

フリーターから正社員になれない人はぜ転職活動をしないのか

フリーターから正社員になれない人はなぜ転職活動の面接までに、心が折れてしまうのでしょうか。それは、

  • プライドが高すぎる
  • 自己肯定感が低すぎる

の両極端な自己評価によるものだと考えます。

プライドが高すぎる

筆者が支援した30歳フリーターで「正社員になりたい」と言いながらも具体的な就職活動していなかった方の中には、フリーターを続ける間に肥大化したプライドをどうにかできない人が多くいたのが印象的でした。

あなた or あなたの友人でフリーターから正社員になりたいと言ってる人が例えば「正社員って言っても飲食でしょ?社畜じゃん」など、

  1. 飲食系や軽貨物ドライバーなど、特定の職業を馬鹿にする
  2. 自分がバイトする職場の正社員を馬鹿にする
  3. 社畜という言葉を頻繁に口にする

このどれかに当てはまったら注意しましょう。そもそも職に貴賎はありません。少なくとも他者を見下すようなプライドを持った人間を採用したい職場など存在しないので、フリーターから正社員になりたいのであれば、高すぎる無駄なプライドを捨てましょう。

自己肯定感が低すぎる

プライドが高すぎる人の逆で、自己肯定感が低すぎる人も転職活動の途中で心が折れてしまうケースがあります。

「どうせ学歴も無いフリーターを雇ってくれる場所なんてない」「ブラック企業にしか相手にされないだろう」「自分なんて正社員になっても給料はそんなに上がらない」

そんな悩みから、面接に行かなくなってしまう事もフリーターから正社員になれない人の特徴です。

フリーターから正社員になる方法

フリーターから正社員になる方法は大きく分けて3つ(正確には4つ以上あるのですが、成功率の高い方法を掲載します)。

  1. 転職エージェントを利用する
  2. バイトから正社員登用を目指す
  3. スキルアップしてから正社員就職を目指す

です。

これらは転職サイトを個人で利用しながら正社員を目指すよりも就職率が上がるに違いません。

「フリーターから正社員になりたい」という強い思いを持っている人は、是非利用してみてください。

フリーターでも使える転職エージェントを利用する

フリーターにこそおすすめしたい転職エージェント3選の記事でも紹介しましたが、フリーターが正社員を目指すのであれば、転職エージェントを利用するのが最もおすすめです。

キャリアカウンセリングや履歴書の添削などを含む、転職活動の面倒ごとを無料で引き受けてくれます

転職支援のプロが担当について全力であなたの転職活動を支援してくれます。

転職エージェント名特徴
第二新卒AGENTneo
第二新卒エージェントneo
・学歴別に有利な就職情報を探せる
・プロの就活アドバイザーと話せる
・職歴がアルバイトだけでも大丈夫
転職エージェント転職Shop
就職Shop
・学歴・職歴・社会人経験不問求人多数
・書類選考なしで面接可能
・20代の利用者が9割
若手転職エージェントキャリアスタート
キャリアスタート
・転職成功BOOKプレゼント
・同世代転職者の仲間ができる「転職交流会」を毎月開催
・新生活サポートで名刺入れやネクタイなどのプレゼント
・引っ越しや生活のことまで相談できる転居サポート

この3社から1社だけを選ぶよりも、3社全てに登録し担当者とまずは会ってからどのエージェントがあなたにマッチしているかを選ぶと、より良い転職活動ができるはずです。

バイトから正社員登用を目指す

バイトから正社員登用を目指すのも、フリーターから正社員になる方法としては良い選択です。ITベンチャーなどでは、バイトから募集して正社員になれるようにトレーニングしてくれる場所もあります。

スキルアップしてから正社員就職を目指す

DMM MARKETING CAMP

それこそ、未経験は募集していないような職種につきたいのであれば「未経験でも転職できる!Webマーケター養成スクール DMM MARKETING CAMP」のように、転職市場で高い価値を持つ技術スクールを利用して自身の転職活動における市場価値を高めてから正社員就職を目指すのも一つの手です。

WEBマーケターの転職市場における需要は年々高まっており、マケキャン利用者の3人に2人は年収がアップしています。

フリーターから正社員になれない人の周りにいる人がどうすべきか

フリーターから正社員になれない人の周りにいる家族やパートナーの方は、当事者が求人に応募したら褒めてください。当事者が面接に行って帰ってきたら、結果がどうであろうと褒めてください。

長年フリーターを続けた人間が正社員になろうとして行動することは、非常に難易度が高く、行動したという事実だけで、同様のステージにいるライバルよりも先を進んでいます。

フリーターを続けていた人間が「フリーターから正社員になろう」と考えるきっかけの多くは、家族や恋人との今後を考えてのことです。

なので、周りの方の精神的サポートはフリーターから正社員への転職活動に大きな影響を与えるでしょう。

20代なら専用の転職エージェントが多数存在しますし、30代未経験でも正社員を募集している求人は存在します。

転職活動の対策まとめ

履歴書

  1. 履歴書の書き方の基本
  2. 学歴・職歴欄の書き方
  3. 封筒の書き方
  4. 特技欄の書き方
  5. 自己PRの書き方
  6. 志望動機の書き方
  7. 証明写真の撮り方

面接

  1. 自己PRと志望動機の違いとポイント
  2. 志望動機の話し方
  3. 逆質問のポイント
  4. 退職理由のポイント
  5. 時事ネタのポイント
  6. 最終面接のポイント
  7. 緊張を解消するポイント
  8. 面接でよく聞かれる質問

筆記試験

  1. 筆記試験の種類と対策方法
  2. 作文の書き方
  3. 筆記試験で問われる一般常識

転職前準備

  1. 事前準備のやり方
  2. 転職活動を始める時期とスケジュール
  3. 企業研究のやり方
  4. 持っていると有利な資格
  5. ノートの使い方

入社前準備

  1. 入社準備のやり方
  2. 退社準備を始める時期
  3. 入社日の決め方
  4. 保険証切り替え手続きの方法
  5. 退職願・退職届の書き方
  6. 源泉徴収票が必要な理由
  7. 給料交渉のタイミングと方法
  8. 住民税の手続き
  9. 確定申告の手続き

情報収集

  1. オススメの転職サイト
  2. フリーターにオススメの転職エージェント
  3. オススメの転職エージェント

フリーターから正社員になる

  1. フリーターから正社員になれない人の特徴とその解決方法

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら