【2021年版】リクナビNEXTの良い評判・悪い評判は?口コミから解説!

93 Views

【リクナビNEXTがオススメな人】
自分の強みを知りたい人
recommend_strength
20代〜30代の人
recommend_men_20~30
女性
recommend_woman
自力で活動できる人
recommend_pace

リクナビNEXTは、「株式会社リクルート」が運営する、転職を検討している人なら一回は見かけたことがあるほど大手の転職サイトです。

本記事にたどり着いたということは、本当の使い勝手やデメリットなど、リアルな評判を求めているはず。

ですが、他のサイトを見ても良い意見、無難な意見しか載っておらず、「どれを信用したらいいんだろう」と感じてしまいますよね。

そこで本記事では、リクナビNEXTを実際に利用した人を対象に、独自アンケートを実施し本当に使うべきサービスなのかを解説します。

公式サイトでは見ることができないリアルなクチコミ、悪い評判も紹介しているのでぜひ参考にしてください。

\【無料】求人を覗いてみる!/

公式サイト

リクナビNEXTの総評

リクナビNEXTの総評

リクナビNEXTの総合評価

リクナビNEXTの総合評価
総合評価
求人量は51,135件とトップクラスではあるものの、募集要項と相違がある求人が見受けられたとの意見も。しかし、グッドポイント診断で自己分析が手軽に行えるのは大きなメリット。
求人の質「質の高い求人があった」との意見がある一方、地方の求人は少ないとの声も。
求人の量限定求人が多く、正社員求人多数。また、オススメ求人のメール配信が多いとの意見もあり。
使いやすさグッドポイント診断で自己分析が手軽に行えるのは大きい。また、アプリやパソコンで場所問わず転職活動ができたとの声も。

リクナビNEXTがオススメな人

オススメ/向いている/良い/いい
リクナビNEXTがオススメな人一覧
自分の強みを把握したい人
20代〜30代の人
転職を考えている女性
自力で活動できる人

※項目名をタップで移動します。

自分の強みを把握したい人

リクナビNEXTには”グッドポイント診断”と呼ばれる、自己分析ツールがあります。

診断を行うと、自分の5つの強みがわかり、かつその強みに合う求人を提案してくれるので、自分の強みを知りたい人にオススメです。

しかし、あくまでも機械的な分類になるので、プロの目線から自己分析したい人はリクルートエージェントパソナキャリアなどのエージェントサービスを併用しましょう。

20代〜30代の人

リクナビNEXTの利用者にアンケートを実施したところ、20代〜30代で90%を占める結果に。

そのため、採用ターゲット層を20代〜30代に絞っている企業が集まりやすいため、20代〜30代であれば満足に転職活動ができるでしょう。

また、保険も兼ねてマイナビエージェントなども併用するとベストです。

転職を考えている女性

リクナビNEXTの利用者アンケートによると、女性が56.7%と半数以上になりました。

ここからも、女性が利用しやすいサービスであり、かつ活躍できる企業選びがしやすいと言えるでしょう。

しかし、リクナビNEXTは女性特化のサービスではないため、WomanWillなどの特化型も併用することをオススメします。

自力で活動できる人

リクナビNEXTは転職エージェントとは異なり、基本的に全ての活動を1人で行う必要があります。

そのため、自分のペースでコツコツと活動できる人なら、リクナビNEXTのメリットを最大限活用し切れるでしょう。

しかし、面接練習がしたい人や時短で転職活動をしたい人は、dodaなどのエージェントサービスを使うようにしましょう。

\【無料】とりあえず相談してみる!/

公式サイト

リクナビNEXTの評判・口コミ

口コミ/評判/評価/レビュー
【調査対象】リクナビNEXT
【調査日時】2021/05/14〜05/28
【集計方法】アンケート依頼による独自調査
【調査内容】性別/年齢/学歴/年収/総合評価など

良い評判・口コミ

求人の量・質に関する口コミ・評判

30歳/男性
大卒/正社員
年収450万円
なによりリクナビNEXTの限定の求人の数が多かったことです。また、急募などの募集と正社員募集が多いことはすごく良かったと思います。また、匿名でスカウトが受けられるという点も求人との出会いを増やすので良いと思います。
38歳/男性
大卒/正社員
年収300万円
求人数の多さとスカウトメールの多さが非常に良かったです。地方都市でもなるべく希望の職種に就業するためには、求人数の多さが特に重要になると思います。レジュメをしっかりと作成し、企業側にアピールすることでスカウトメールも頻繁に届きます。

使いやすさに関する口コミ・評判

41歳/男性
大卒/正社員
年収450万円
アプリとパソコンの両方を利用しましたが、アプリだとスマホで手軽にいつでも、求人の検索やメッセージのやりとりをリアルタイムにできるのが大きなメリットでした。働きながらの転職活動でしたので、移動中などでも確認ができたところが良かったです。
31歳/女性
専門卒
正社員
年収450万円
求人数が多く、毎週多くの求人が増えていくのが良かったです。「気になる」でお気に入りする機能もあり、求人が締め切られてしまった後で再び求人募集があったとき、「求人が再開されました」とメールが来るのも良かったです。

悪い評判・口コミ

求人の量・質に関する口コミ・評判

26歳/男性
専門卒
正社員
年収450万円
地方に住んでいるので求人数が比較的少なく、こだわり条件で検索すると10社もないような感じでした。 住むところは変えたくなかったので、今の職場は若干妥協したようなところはありますが、前の職場よりは給料もいいので結果オーライです。
36歳/女性
大卒/正社員
年収190万円
募集企業側の要望が上手く伝わっていなかったり、くみ取れていなかったり、または「これを載せたら応募者は避けるだろう」と言う内容を上手く誤魔化そうとしたのか、実際面接に行ってみて「こんなこと書かれていなかった」「話が違う」と思うことは何度かありました。

使いやすさに関する口コミ・評判

23歳/女性
大卒/正社員
年収360万円
特にこれといって思い浮かばなかったが1つあげるとしたら、スカウト機能かな。自分が希望する企業に近い会社からアプローチがあったが、向こうからアプローチがあってもわたしの性格的に素直に喜べず怪しいなと判断し対応しなかったことがあった。これはリクナビNEXTが悪いというよりは個人的な性格の問題かと思いますが。。
35歳/男性
大卒/正社員
年収460万円
・1日に20件ほどメールが来る為、メールの確認に時間を取られてしまった点。また、メールで来る求人のほとんどは興味のない求人ばかりなので、ストレスになることも多かった点。
・エージェントではないので、全て自分一人でやらなければならない点。

リクナビNEXTの概要

リクナビNEXTの概要
リクナビNEXTの基本データ一覧
リクナビNEXTの基本データ
リクナビNEXTの求人
リクナビNEXTの年収増減データ
リクナビNEXTの利用者層
リクナビNEXT利用者の男女比

※項目名をタップで移動します。

リクナビNEXTの基本データ

公開求人数51,135件
非公開求人数非公開
主な対象年齢20〜30代
主な年収帯600万円以下
求人の多い
業界/職種
ITエンジニア
営業
建築・土木技術職

※2021年7月6日現在の情報です。

リクナビNEXTは、「株式会社リクルート」が運営している転職サイトです。

公開求人数は5万越えと、他の転職サイトと比べてもトップクラスの求人数。

また、グッドポイント診断などで自己分析も可能な、使い勝手のいいサービスになっています。

リクナビNEXTの求人

リクナビNEXTの求人数

※2021年7月2日現在の情報です。
※1つの求人に対して複数条件が設定されている場合、重複してカウントされる場合があります。

リクナビNEXTの求人は、システム開発やSEなどのITエンジニアが最も多く、22%との結果に。

そのため、IT業界で活躍をしたい、IT業界に進みたい!と考えている人は、求人に悩むことなく転職活動ができるでしょう。

リクナビNEXTの年収増減データ

リクナビNEXTの年収増減データ

リクナビNEXTの利用者にアンケートを実施したところ、2人に1人の割合で年収アップとなっています。

しかし、年収アップの平均額は20万円と少々心許ない結果に。

そのため、年収アップを希望する人は、ロバート・ウォルターズリクルートダイレクトスカウト(旧CAREERCARVER)なども併用するといいでしょう。

リクナビNEXTの利用者層

リクナビNEXTの利用者層

リクナビNEXTの利用者アンケートの結果、20代〜30代が90%とかなり高くなっているため、若手の転職に向いていると言えるでしょう。

反面、40〜50代の利用者などは少数のため、JACリクルートメントなど、ミドル向けサービスを使った方が効果的です。

リクナビNEXT利用者の男女比

リクナビNEXTの男女比

リクナビNEXT利用者のアンケートからは、女性の割合が56.7%とかなり高い数値になりました。

そのため、女性で転職を考えている人、新しい環境に挑戦したい女性は、登録しておいて損はないでしょう。

リクナビNEXTの強み、メリット

リクナビNEXTの強み、メリット
リクナビNEXTの強み・メリット
オファー機能で効率よく活動できる
グッドポイント診断で強みがわかる
トップクラスの求人数から仕事が探せる

※項目名をタップで移動します。

オファー機能で効率よく活動できる

リクナビNEXTのメリットその1は、オファー(スカウト)機能で効率よく活動できること。

現在、リクナビNEXTに登録すると、以下のオファーが受け取れます。

リクナビNEXTで受け取れるオファー
期待度低求人掲載企業からのオファー
期待度中転職エージェントからのオファー
期待度高転職エージェントが取り扱う求人企業からのオファー

もちろん、中には内定や採用と関係ないものもありますが、スカウト機能を活用すれば、効率よく転職活動ができるでしょう。

グッドポイント診断で強みがわかる

リクナビNEXTのメリットその2は、グッドポイント診断で強みがわかること。

質問に答えるだけで、親密性や現実思考など合計18種類の中から、5つの強みを診断してくれます。

また、診断結果は応募時に添付ができるので、自己PRなどの裏付け資料としても有効です。

トップクラスの求人数から仕事が探せる

リクナビNEXTのメリットその3は、トップクラスの求人数から仕事が探せることです。

2021年7月6日現在、Webから閲覧できる求人数は51,135件!

また、このほかにもスカウトで非公開求人と出会えることもありますので、豊富な求人の中から、自分に合った転職先を検討できるでしょう。

\【無料】求人を覗いてみる!/

公式サイト

リクナビNEXTの弱み、デメリット

特徴/評判/強み/口コミ/デメリット/わるい/悪い
リクナビNEXTの弱み、デメリット
活動を自分1人でする必要がある
内定、採用に関係ないオファーもある

※項目名をタップで移動します。

活動を自分1人でする必要がある

リクナビNEXTのデメリット1つ目は、活動を自分1人でする必要があること。

基本的に、リクナビNEXTは求人情報を掲載するサービスであり、転職エージェントのようなサポートはありません。

そのため、求人検索や応募、面接対策など、転職活動の全てを1人で行う必要があります。

内定、採用に関係ないオファーもある

リクナビNEXTのデメリット1つ目は、内定、採用に関係ないオファーもあること。

強み・メリットでも解説していますが、単に求人を知らせてくれるオファーも存在します。

また、お知らせオファーの数が比較的多いため、不要なメールが届く場合もあるでしょう。

リクナビNEXTと相性がいいサービス

リクナビNEXTと相性がいいサービス
相性がいいサービス一覧
doda|土曜日もカウンセリングOK!
パソナキャリア|3年連続顧客満足度第1位
リクルートエージェント|豊富な求人数!
マイナビエージェント|期間制限無しのサポート
DYM就職|保有求人は正社員だけ!

※項目名をタップで移動します。

doda|土曜日もカウンセリングOK!

dodaの紹介画像
doda
特徴・エージェントサービスを比較できる
退職の交渉もしてくれる
・応募企業との各種交渉も代行
メリット・職場の雰囲気、内情がわかる
・手厚いサポートが受けられる
・レジュメビルダーで書類作成も簡単
公式サイト
CLABEL
編集部
dodaとは、「パーソルキャリア株式会社」が運営している転職サイトです。エージェントサービスでは豊富なサポートで手助けをしてくれるだけでなく、退職サポートも展開しています。また、企業が求める人物像など内情も教えてくれるため、リクナビNEXTと一緒に登録しておきたいサービスです。

パソナキャリア|3年連続顧客満足度第1位

パソナキャリアの紹介画像
パソナキャリア
特徴業界トップクラスの顧客満足度
・転職後の年収アップ率が67%
・女性の転職特化の専門チームあり
メリット・土曜日もカウンセリングを受けられる
・模擬面接で面接対策も万全
・退職の交渉フォローを受けられる
公式サイト
CLABEL
編集部
パソナキャリアはオリコン顧客満足度(R)調査で、転職エージェント3年連続(2019〜2021年)第1位を受賞している優秀な転職エージェント。
女性の転職に特化したチームなどサポートも幅広く質の高いサポートが受けられ、転職後の年収アップ率も67.1%となっているので、リクナビNEXTと一緒に”とりあえず”でも登録しておくべきサービスです。

リクルートエージェント|豊富な求人数!

リクルートエージェントの紹介画像
リクルートエージェント
特徴・トップクラスの求人数
・サポートが豊富
業界特化のアドバイザーが在籍
メリット・独自の業界や企業情報がわかる
・面接力向上セミナーが受けられる
・手厚いサポートが受けられる
公式サイト
CLABEL
編集部
リクルートエージェントは「株式会社リクルートキャリア」が運営している転職エージェントです。総合型ではありますが、求人数はTOPクラス!また、面接力向上セミナーなども実施しているため、効率的に知識を取り入れつつ、質の高い転職サポートを受けられるでしょう。

マイナビエージェント|期間制限無しのサポート

マイナビエージェントの紹介画像
マイナビエージェント
特徴回数、期間制限無しのサポート
・いつでも相談できる体制
・大手やベンチャーなど求人が幅広い
メリット・柔軟なサポートが受けられる
・質の高い求人紹介をしてくれる
・模擬面接で効率的に対策できる
公式サイト
CLABEL
編集部
マイナビエージェントは、全国的に幅広い企業の求人を保有している、大手の転職エージェント。
利用回数や期間に制限なく書類添削や模擬面接などを行ってくれるので、納得いくまで対策が可能なサービスになっています。

DYM就職|保有求人は正社員だけ!

DYM就職の紹介画像
DYM就職
特徴未経験歓迎求人が多く就職率も96%
・原則書類選考なしで面接可能
・扱っている求人は正社員のみ
メリット・経験が浅くても正社員を目指せる
・書類選考が原則無い為内定までが早い
・面接の服装アドバイスも受けられる
公式サイト

CLABEL編集部から一言

CLABEL
編集部
DYM就職は、フリーターなどに強みを持つ転職エージェントです。
未経験歓迎求人が多く就職率も96%と高い点が特徴であり、扱っている求人は正社員のみなので、経歴が浅い人でも十分正社員を狙えるサービスになっています。
未経験歓迎求人が多く、基本的には書類選考なしで面接が可能なので、効率よく転職活動ができるでしょう。

リクナビNEXTのよくある質問

リクナビNEXTのよくある質問
リクナビNEXTのよくある質問一覧
Q1.ログインできない時はどうすればいい?
Q2.どこから退会するの?方法は?
Q3.「応募しませんか」って何?
Q4.「オファー」ってなに?種類は?
Q5.リクナビNEXTを使うと会社にバレる?
Q6.どんな使い方がオススメ?
Q7.リクルートエージェントの違いは?

※項目名をタップで移動します。

Q1.ログインできない時はどうすればいい?

A.まずは原因を調べましょう。

リクナビNEXTにログインできない場合、パスワードがわからない、IDがわからないなど原因があるはずです。

原因によって取るべき対策も異なってきますので、以下の記事を参考に原因にあった対処をしましょう。

Q2.どこから退会するの?方法は?

A.退会は各種設定ページから可能です。

しかし、リクナビNEXTの退会は簡単にできる反面、情報が全て消える、など注意すべき点もあります。

詳しい退会手順や注意点などは以下のページをご覧ください。

Q3.「応募しませんか」って何?

A.条件が一致した際に送られるお知らせです。

これは、気になるリストに追加した場合に届きますが、「どうせお知らせか」と無視してしまうのは禁物。

中には、企業から個別に送られるものもあるので、詳細は以下ページを参考にしてください。

Q4.「オファー」ってなに?種類は?

A.個別で送られるスカウトのようなものです。

オファーが来た場合は内定・選考に有利になる場合があります。

しかし、オファーには企業や転職エージェントなどの合計3種類あり、それぞれ期待度が異なります

どのオファーが内定・選考に有利なのかは、以下ページを参考にしてください。

Q5.リクナビNEXTを使うと会社にバレる?

A.場合によってはバレることがあります。

リクナビNEXTは求人掲載サービスなので、使い方によっては現在の会社にバレてしまうことも。

しかし、対策をすることでバレる可能性を下げることができます。

詳しくは以下記事をご覧ください。

Q6.どんな使い方がオススメ?

A.転職エージェントとの併用がオススメです。

リクナビNEXTは転職エージェントではないため、基本的に面接練習などのサポートがありません。

そのため、転職活動を全て自分でする必要があり、かつ、間違った自己分析をしてしまうと、訂正できないまま活動することになります。

したがって、リクナビNEXTを使うなら、転職エージェントの利用が必須レベルだと考えましょう。

その他にもコツがありますので、詳細は以下記事をご覧ください。

Q7.リクルートエージェントの違いは?

A.キャリアアドバイザーやサポートの有無です。

Q6の「オススメの使い方」でも記載した通り、リクナビNEXTには手厚いサポートがありません。

しかし、リクルートエージェントは”エージェントサービス”なので、求人紹介など活動の全てをアドバイザーと共に行えるメリットがあります。

それぞれの詳しい違いは、以下ページで解説しているので是非参考にしてください。

リクナビNEXTのまとめ

リクナビNEXTのまとめ

以上「【2021年版】リクナビNEXTの良い評判・悪い評判は?口コミから解説! 」でした。

リクナビNEXTは、基本的に一人で転職活動をする必要があるものの、トップクラスの求人数を誇る使い勝手のいいサービス。

しかし、希望勤務地によっては求人数が少なくなることもあるので、リクナビNEXTを使うなら他サービスと併用がオススメです。

最短1分で登録でき、自分の強みを診断できるツールも実装されているので、転職活動をするなら”とりあえず”でも登録しておきましょう。

\【無料】求人を覗いてみる!/

公式サイト

CLABEL編集部厳選!
リクナビNEXTと相性がいいサービス
doda
・エージェントサービスを比較できる・退職の交渉もしてくれる・応募企業との各種交渉も代行
パソナキャリア
業界トップクラスの顧客満足度・転職後の年収アップ率が67%・女性の転職特化の専門チームあり
リクルートエージェント
・トップクラスの求人数・サポートが豊富・業界特化のアドバイザーが在籍
マイナビエージェント
回数、期間制限無しのサポート・いつでも相談できる体制・大手やベンチャーなど求人が幅広い
DYM就職
未経験歓迎求人が多く就職率も96%・原則書類選考なしで面接可能・扱っている求人は正社員のみ
CLABELには、転職サービスを絞り込み検索できる機能を搭載しています。興味があるサービスを見つけたらそのまま登録も可能なので、ぜひお試しください!
あなたに最適な転職サービスを検索!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら