外資系企業への転職ならマイケル・ペイジ!英語力はどれくらい必要?

12 Views

外資系企業への転職に強い「マイケル・ペイジ」に関する紹介記事です。マイケル・ペイジの概要、サービスの特長や強み、求人のある業界・職種、マイケル・ペイジをおすすめする人などについて解説しています。マイケル・ペイジについて詳しく知りたい方、外資系・日系グローバル企業への転職に強い求人情報サイトを探している方は参考にしてください。

マイケル・ペイジとは

ベンチに座って会話をする男女

マイケル・ペイジとは、外資系・日系グローバル企業の転職支援や求人案件の紹介を行っているサービスです。

1976年にイギリスのロンドンで創業し、現在は世界36カ国において、141支店を構えています。

スピーディーかつ丁寧なコンサルティング、そして幅広いネットワークが自慢であり、グローバルに活躍出来る高収入の求人を多数用意しています。

運営会社マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社
住所東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル6F
利用料金無料
公開求人数4150件(2021年2月12日時点)
雇用形態正社員/契約社員/派遣社員
年収帯300万円〜2500万円
主な業種ビジネスサービス/エネルギー・資源/金融/消費財/ヘルスケア・製薬/製造業/保険/レジャー・旅行・観光/メディア・エージェンシー/NPO/不動産/公共機関/小売/IT・通信/輸送・流通
主な職種営業/OA事務/秘書/受付/通訳・翻訳/経理/法務/人事/マーケティング・広報/コンサルタント/WEBエンジニア/ネットワークエンジニア/テクニカルサポート/SE など
累計転職支援実績7,000人以上
RI Asia Awards Japan で「最優秀IT&テクノロジー人材会社」「最優秀経理&財務人材会社」に選ばれるなど、多方面から高く評価されている転職サービスです。
ベル

マイケル・ペイジの特長(強み)

チェックポイント
☞ 外資系企業の求人が中心!
☞ 転職活動で役立つデータを得られる!
☞ 紹介予定派遣の求人も多数!

外資系企業の求人が中心

マイケル・ペイジは外資系企業の求人を中心に扱っている転職サービスなので、「海外で働きたい」「英語を使った仕事がしたい」と思っている方に特におすすめです。

世界中にクライアント企業を持っており、日本でもブランドが確立されている企業から、日本進出を予定する新興のベンチャー企業まで、幅広いタイプの外資系企業の求人があります。

外資系企業と聞くと、ネイティブレベルの高度な英語力がないと採用されないと思われるかもしれませんが、マイケル・ペイジには、TOEIC650点程度の初級レベルでも応募可能な求人も少なからず用意されています。

転職活動で役立つデータを得られる

マイケル・ペイジは、求職者が十分な情報に基づいて適切な判断ができるよう、財務・IT・営業といった各職種の採用トレンドと平均年収のデータを毎年まとめており、マイケル・ペイジに登録すると無料で閲覧できます。

豊富なデータが掲載されているので、需要の高い役職や求められているスキルを分析したり、企業と適切な年収交渉を行うのに役立つでしょう。

高収入の求人が多い

マイケル・ペイジには比較的高収入の求人が多く、ビズリーチやキャリアカーバーなどのハイキャリア向け転職エージェントを利用している人にもおすすめのサービスです。

具体的には、年収700万円〜800万円くらいの求人が中心となっており、高いものだと年収2500万円以上の求人も少なからずあります。

紹介予定派遣の求人も多数

マイケル・ペイジでは、紹介予定派遣の案件も数多く取り扱っています。

紹介予定派遣とは、一定期間派遣を行い、期間終了後に労働者と企業の双方合意の基で、正式な雇用契約を結ぶことができるという形態です。

紹介予定派遣を利用すると、事前に業務や社風に対する適正をじっくりと見極められるので、採用後のミスマッチを回避できるというメリットがあります。

「まずは実際に仕事をして、自分に合うかどうかを見極めてから、正式に社員として働きたい」といった人におすすめだと言えます。

もちろん正社員登用が確約されているわけではないのですが、マイケル・ペイジでは、最初の段階で丁寧なコンサルティングを行い、その方に合う会社を紹介しているので、正社員への切り替え実績は業界トップクラスなのです。

クラ
外資系企業で働きたいと思っている人は、とりあえず一度相談してみて損はなさそうですね。

マイケル・ペイジで求められる英語力

歩く男女

マイケル・ペイジが中心に扱っている求人は外資系企業です。外資系企業では一般的な企業よりも高い英語力が求められるのは当然ですし、高度な英語力がないと入社出来ないと考えるのが一般的かもしれません。

しかし、外資系企業にも色んなタイプがあり、拠点オフィスや高いポストには外国人がいても、社員の大半は日本人というケースもあります。このような場合には社員同士の日常会話は日本語で行われるので、普段から高い英語力を求められることはあまりないでしょう。また、主に製造ラインなどで働く社員に関しても同様です。

もちろん本社や海外各都市の支店などで働いている外国人とコミュニケーションをとるために最低限の英語力は必要ですが、マイケル・ペイジでは上記のような外資系企業も扱っているため、ネイティブレベルの英語力がないと求人を紹介してもらえないといったことはありません。

流暢ではなくても専門用語を使って外国人の社員と意思疎通でき、且つTOEICであれば650点前後の英語力が最低限あれば、英語力が低いことを理由に求人紹介を断られるということはないでしょう。

TOEIC650点くらいであれば、英語が苦手な人でも、短期間の勉強で十分に到達可能ですね!
ベル

マイケル・ペイジがおすすめなのはこんな人

丸をするスーツの男性

ここまでの内容をまとめると、マイケル・ペイジがおすすめなのは、次のような人たちです。

  1. 外資系企業や日系グローバル企業で働きたい人
  2. 流暢ではなくても、外国人と仕事上の専門的な会話が問題なく出来る人
  3. 年収700万円以上の高収入を狙っている人
  4. 紹介予定派遣を利用したい人

マイケル・ペイジは大手からベンチャーまで数多くの外資系企業をクライアントとして抱えており、年収700〜800万円の高収入の求人が多いのが魅力です。

そのため、英語力などを含めて求められるレベルは高く、場合によっては求人を全く紹介してもらえないこともあるでしょう。

ですが、カウンセリング自体は誰でも無料で可能なので、「外資系企業に入社してグローバルに活躍したい」といった想いを持った人は、是非一度マイケル・ペイジに相談されてみては如何でしょうか。

また、大手の外資系企業や高収入の求人を希望している人は、ビズリーチやキャリアカーバーなどにも登録しておくのがおすすめです。以下では、キャリアカーバーの概要を紹介します。

クラ
結果的に求人を紹介してもらうことは出来なくても、カウンセリングを通じて自分自身の市場価値を客観的に知れるというメリットは大きいですね。

ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト「キャリアカーバー」

CAREER CARVER

キャリアカーバーの基本情報

求人数6,000件
対応地域全国
利用者30代~50代
コンサルタント
20丸の画像.png
求人の質
20丸の画像.png
おすすめ度
星の画像.png

キャリアカーバーのおすすめポイント

チェックポイント
☞ 年収600万円以上から登録が可能、正真正銘のハイクラス転職サービス!
☞ 年収2000万円の社長候補求人もあり!
☞ ヘッドハンターが求職者に合った求人を提案!

キャリアカーバーの口コミ・レビュー

男性のシルエット
新卒で入社した会社に15年勤め部長職に昇進しましたが、さらに上の椅子が埋まっており当分は昇進が見えないことに嫌気が刺し、転職を決意しました。
私が目指していたポジションは執行役員だったものの、1社しか経験したことのない私を役員として受け入れる企業があるのか心配だったものの、ヘッドハンターがいくつかベンチャーの求人を紹介してくれました。
今ではCOOとして経営に深く携わっており、なんとか30代のうちに経営層として従事するという目標を達成しました。責任は重大ですが、今の会社をこれからどう大きくしていけるだろうと日々考えることが楽しく感じております。

キャリアカーバーの総評

CAREER CARVER

キャリアカーバーはエグゼクティブクラスの求人も多数持っており、既にキャリアを積んできた方にはさらに次のキャリアに導いてくれる転職サービスです。登録する際年収600万円以上でないといけなく、ハイクラス限定を徹底しています。

年収800万円以上の求人が数千とあり、ヘッドハンターが候補者に合った求人を紹介してくれます。求人の種類としても中間管理職から代表ポジションまで網羅しており、選択肢が多くなることは間違いないでしょう。さらなる高みを目指したいハイクラス層の方にはおすすめです。

キャリアカーバーで転職する

転職エージェントや転職サイトの記事一覧

転職サービスの個別記事

一般的な転職エージェント

研修型の転職エージェント

一般的な転職サイト

IT業界専門の転職エージェント・サイト

おすすめの転職サービスまとめ

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら