20代の転職ならキャリトレ!ヘッドハンターや企業からスカウトが届く?

41 Views

ここでは、20代の転職に強い「キャリトレ」をご紹介!ヘッドハンターとは一体?自分にもスカウトが届くの?そんな疑問をわかりやすく解説します。キャリトレでできること、他のサービスと違うところなどはもちろん、使わないと損な人もご紹介!チャレンジする20代の皆さんは、ぜひこの記事を参考にしてください。

キャリトレとは

指をさす女性
運営会社株式会社ビズリーチ
求人種類企業からの求人/ヘッドハンターからの求人/スカウトなど
媒体WEB/アプリ
登録者層20代(73%)
※2017年8月から2018年7月の新規登録会員が対象

キャリトレは「株式会社ビズリーチ」が運営している、20代の転職にスポットを当てた転職サイトです。

特徴は、レコメンド機能を通じて自分の興味や希望に合った求人を紹介してくれるということ!忙しい毎日を過ごす20代の皆さんにピッタリなサービスとなっています。

しかし、キャリトレは求人情報の掲載のみとなっているので、基本的には1人で求人の応募や書類作成、面接対策などを進めなければいけないという点には注意が必要です。

そのため「誰かにサポートしてもらいながら転職活動を進めたい」と考えている人は登録後にギャップを感じるかもしれませんが、自分に合ったペースでどんどんチャレンジしたい!と考えている人にはピッタリのサービスといえそうです!

転職エージェントと違ってサポートがほぼない反面、自分のペースで進められるのは大きいですね。

キャリトレをオススメする5つの理由

チェックポイント
☞ 採用への道のりが豊富!
☞ キャリトレなら「興味」が「採用」に直結!
☞ レコメンド機能があるから見逃さない!
☞ ヘッドハンターや企業からのスカウトが届く!
☞ スキマ時間で転職活動が可能!

採用への道のりが豊富

キャリトレでは企業やヘッドハンターからの求人を始め、スカウトなど採用までの道のりが豊富!通常の求人サイトと同様に自分から応募をしつつ、スカウトがきたらそっちを優先、なんていいとこ取りも可能。

自分から求人を探すだけだった従来のスタイルにプラスして、相手からのアクションもあるから倍以上の効率で転職活動を進めることができます。

しかし、スカウトはあくまでも企業などが興味を持った時だけ。「いつまでたってもスカウトがこない」などのように、待ちの姿勢ではチャンスを逃してしまうので過度の期待は禁物です。

キャリトレなら「興味」が「採用」に直結

キャリトレで特筆するべきは、「興味がある」機能!どのサイトでも見かける機能ですが、キャリトレならそれが「採用」への最短ルートになっちゃいます!

転職活動では、「自分にマッチしているかどうか」が重要。もし入社しても自分に合わなければ、また転職をし直すなんてことにもなりかねません。

しかしキャリトレなら、ネットサーフィンのように「この企業気になるな」と思ったら「興味がある」をタップするだけで、その情報が企業などに伝わるんです!

企業があなたの情報を見て「興味がある」「マッチしているな」と感じたら、企業からスカウトが届き直接やりとりも可能。何気なくタップした「興味」が「採用」に繋がります。

レコメンド機能があるから見逃さない

キャリトレでは、自分の経歴はもちろん「興味」などから求人をオススメしてくれます。せっかく転職にチャレンジするなら自分にマッチした企業に入社したいですよね。

ですが、「昨日見た求人がもう締め切りに......」「求人が多く自分に合ったものを見つけるのが大変」なんて悩みや失敗も経験したことあるのでは?

レコメンド機能を活用すれば自分の経歴や興味を分析してくれるから、よりマッチした求人がレコメンドされるため、チャンスを逃しません!

ヘッドハンターや企業からのスカウトが届く

キャリトレは、自分が求人に応募する方法の他にヘッドハンター(エージェント)や企業からスカウトが届くこともあります。

キャリトレでのヘッドハンターとはいわゆる転職エージェントのようなもの。求人に対して「興味がある」をすることで、あなたの情報や経歴を見た企業やヘッドハンターが「ぜひ話したい」と感じたらスカウト!

また、スカウトは「面談や面接が確約」されたものなので、周りの応募者より数歩リードした状態からスタートでき、転職活動がより優位になること間違いなしです。

スキマ時間で転職活動が可能

キャリトレはたった1タップで企業に自分をアピールできるから、少しの時間で転職活動が始められます。忙しい毎日を送っていると、疲れて転職活動まで手が回らない、なんてことにもなりがち。

しかしキャリトレなら、スマホから「興味がある」をタップするだけで企業に自分をアピールできるため、「疲れているけど転職活動をしなきゃ......」とPCを立ち上げる必要がありません。

今まで以上に効率的で、質の高い転職活動が可能です!

キャリトレを利用する上で注意したいこと

女性秘書

30代〜の利用には不向き

キャリトレは20代の転職と銘打っているとおり、20代の登録が70%以上。もちろん30代〜でも登録などをすることは可能ですが、企業の採用も20代がメインとなってしまい、採用されづらい可能性があります。

そうすると、せっかく捻出した時間や労力が無駄になってしまいますので、30代以上の人は別サービスを検討する必要がありそうです。

そんな人のために、CLABELでは30代以上の人にこそみて欲しい転職サイトを数多くご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

  • 30代から50代の転職はJACリクルートメント!
  • 40代や50代の転職ならFROM40!
  • ワークポートはどんな転職エージェント?
  • ハイクラス向けの転職サイトならビズリーチ!
  • 全ての作業を自分でこなす必要がある

    キャリトレは求人情報を掲載しているサイトです。そのため、書類作成や求人への応募、企業とのやりとりも自分一人でこなす必要があります。

    転職エージェントのように書類作成へのアドバイスが欲しい、面接の応対練習をしたいなど、つきっきりでのサポートを求めている方には不向きといえるでしょう。

    キャリトレを使わないと絶対損!な人3選

    プレゼンするスーツの女性

    キャリトレで簡単に転職活動ができるとわかってもまだ迷っている人もいるはず。そんなあなたに向けて、ここでは特に使って欲しい人をご紹介します。

  • スキマ時間で転職活動をしたい人
  • 自分のペースでどんどん進んでいきたい人
  • より自分にマッチした企業に入りたい人
  • これ以外にも、毎日なんとなくスマホを触っている時間が多い人は、その時間が未来に繋がると考えると迷わず利用するべきです。

    もちろん、チャレンジしたいと考えている20代の皆さんにもオススメなサービスとなっています。

    キャリトレを使って新しい転職活動を始めよう

    笑顔のスーツの男性

    キャリトレは20代をメインとする転職サイト。転職エージェントとは違い、自分でどんどん転職活動をしたい!といった人向けのサービスとなっています。

    ほぼサポート無しで転職活動を進めなければならないデメリットもあるものの、忙しい毎日を送る中でちょっとした時間があればすぐに転職活動ができ、理想のキャリアを掴み取ることだって可能です。

    キャリトレで、スキマ時間からできる転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

    CLABELでは、以下に表示されている記事以外にも転職コンテンツが盛りだくさん!また、絞り込み検索で自分に合った転職サービスを探せる機能も搭載しているので、スキマ時間でチェックしてみてください!
    あなたに最適な転職サービスを検索!

    関連記事

    人気記事

    CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
    詳しくはこちら