エンワールド・ジャパンの評判や求人は?派遣もある?

8 Views

エンワールド・ジャパンのアイキャッチ画像
本記事では、外資・グローバル企業に強みを持つ転職支援サービス(転職エージェント)「エンワールド・ジャパン」を解説します。入社後1年間のフォローを受けられたり、派遣・契約社員に特化したサービスがあるなど、手厚いサポートが充実の転職エージェントです。転職を迷っている人もこの記事を参考に、まずは登録から転職活動を始めてみましょう!

エンワールド・ジャパンとは?

指を差す男性

エンワールド・ジャパンは「エンワールド・ジャパン株式会社」が運営する、外資・グローバル企業に強みをもつ転職支援サービス(転職エージェント)です。

入社後1年間のアフターフォローを受けられたり、スペシャリスト・管理職に特化した派遣や契約社員求人の紹介を受けられるなど、手厚いサポートが魅力的なサービスになっています。

また、自分のペースに合ったスピード感でサポートしてくれるので、少ない負担で後悔しない転職活動が可能になるでしょう。

運営会社エンワールド・ジャパン株式会社
求人職種経理・財務、銀行・金融・保険、建設・インフラ、コンサルティング、消費財・日用品・サービス・小売・広告、教育、経営・経営管理 ・役員クラス以上・エグゼクティブ、エネルギー・資源、ホスピタリティ&旅行、人事・総務・エグゼクティブアシスタント、法務・知財・コンプライアンス、ライフサイエンス(医療機器・製薬・化学・ヘルスケア・農業・畜産)、製造業(電気・電子・機械・自動車・化学・その他)、不動産、サプライチェーン・購買・物流、テクノロジー・デジタル・通信
雇用形態正社員、派遣、契約
勤務地全国+海外

↓利用無料・簡単登録!↓

外資系の転職なら エンワールド・ジャパン!

エンワールド・ジャパンの求人は?

エンワールド・ジャパンの求人見出し画像

エンワールド・ジャパンを利用する前に、どの求人割合が高いのか気になる人もいるでしょう。

ここでは、WEB上に掲載されている公開求人をもとに、職種・雇用形態別の割合を算出・まとめていますので、ぜひ参考にしてください。

職種別求人割合

エンワールド・ジャパンの職種別求人割合グラフ
順位職種割合
1位テクノロジー・デジタル・通信23.1%
2位ライフサイエンス(医療機器・製薬・化学・ヘルスケア・農業・畜産)22.5%
3位経理・財務10.3%

※2021年4月14日現在の情報です。
※1つの求人に対して複数条件が設定されている場合、重複してカウントされる場合がございます。

まず職種別の割合ですが、1位を飾ったのはテクノロジー・デジタル・通信で23.1%となりました。

次いで、ライフサイエンス(医療機器・製薬・化学・ヘルスケア・農業・畜産)が22.5%と、1位・2位はTOP3のなかでも20%を超える結果に。

加えて、この結果にコンサルタントから紹介を受けられる非公開求人もプラスされますので、安定した求人数から仕事探しができるでしょう

雇用形態別求人割合

エンワールド・ジャパンの雇用形態別求人割合グラフ
順位雇用形態割合
1位正社員90.4%
2位派遣7.0%
3位契約2.5%

※2021年4月14日現在の情報です。
※1つの求人に対して複数条件が設定されている場合、重複してカウントされる場合がございます。

つづいて雇用形態別の割合ですが、圧倒的な差をつけてTOPに輝いたのは正社員で90.4%!

外資・グローバル企業で腰を据えて働きたい、中・長期的な目線でキャリアプランを構築・実現したいと考えている人にはピッタリだといえるでしょう。

また、派遣は7%と正社員と比べると少なく感じてしまいますが、エンワールド・ジャパンには「コントラクト・プロフェッショナルズサービス」と呼ばれるものがあり、スペシャリストや管理職に特化した、派遣や契約社員求人の紹介を受けられます。

そのため、自分のスタイルに合わせて柔軟な働き方をしたいと考えている人も、満足にサポートを受けられることでしょう。

エンワールド・ジャパンの特徴3選!

3本指のスーツの男性
☞ 派遣・契約特化のサービスがある!
☞ 業界・職種専門のプロがサポート!
☞ 入社後1年間のフォローを受けられる!

派遣・契約特化のサービスがある

エンワールド・ジャパンには、「コントラクト・プロフェッショナルズサービス」と呼ばれる、スペシャリスト・管理職に特化した派遣や契約社員求人の紹介が受けられるサービスがあります。

だから、今までに培ったキャリアやスキルを最大限に活かしつつ、雇用形態に縛られないワーススタイルが可能になるんです。

加えて、派遣や契約社員は期間が定められているから、ブランクがある人でもスムーズに復帰・活躍ができることでしょう。

業界・職種専門のプロがサポート

エンワールド・ジャパンに登録すると、業界・職種に精通しているコンサルタントから手厚いサポートを受けられます。

いくら自分のスキルが有用なものであっても、コンサルタントがその価値を把握できなければミスマッチな求人紹介が増え、専門性を活かした転職活動は叶いません。

しかし、エンワールド・ジャパンでは業界・職種に精通したコンサルタントが在籍しているから、自分の市場価値をしっかりと見定め、そのレベルに合ったサポートが受けられるでしょう。

入社後1年間のフォローを受けられる

エンワールド・ジャパンでは入社後でも安心して働けるように、入社後1年間アンケート形式のフォローをしてくれます。

新しい環境に移り、忙しい毎日を送る中で定期的な面談をする時間がない人もいるでしょう。ですが、アンケートであれば空いた時間で回答ができるので、負担も少なく済みます。

また、アンケートの状況に応じて、コンサルタントや入社後活躍支援チームから連絡が来るので、少ない負担で大きな安心を得ることが可能です。

↓利用無料・簡単登録!↓

外資系の転職なら エンワールド・ジャパン!

エンワールド・ジャパンの評判・口コミ

エンワールド・ジャパンの評判、口コミ見出し画像

エンワールド・ジャパンのメリットやコンサルタントの対応を、利用した人はどのように感じているのでしょうか。

ここでは、実際に利用した人の声をまとめていますので、参考にしつつ、登録後の「思っていたのと違った」を防ぎましょう。

女性のシルエット
活動中には、多忙になった時期もありましたが、こちらの状況を尊重してくれた上で適切なタイミングでアドバイスをいただき、誠実な印象を持ちました。コンサルタントの方とは頻繁に対話をしながら進めることができたので心強く、落ち着いた気持ちで活動を進められました。要望に対し、手を尽くしていただき嬉しかったです。

出典:エンワールド・ジャパン公式HP

男性のシルエット
担当コンサルタントの方は、常にキャリア目標を達成するために推薦やアドバイスをしてくれました。また、コンサルタントとしてだけではなく、話をするにも良い友達のような存在です。私は担当コンサルタントを次の挑戦を求めている候補者に推薦したいと思っています。

出典:エンワールド・ジャパン公式HP

女性のシルエット
情報提供から実際の転職に至るまで、非常に丁寧にサポート頂きました。特に良かったと感じる点は、自分のスピード感に合わせて頂いたこと、そして、次のステップとしてではなく、キャリア全体を考えた際に、転職先が適切かどうかアドバイスを頂けた点です。転職活動の進捗に応じて、適切な情報提供を頂けたため、よりスムーズに安心して転職活動を進めることができたと感じています。

出典:エンワールド・ジャパン公式HP

実際に利用した人の声を見ると、無理にサポートを進めず自分に合わせてくれることや、中・長期的な目線でサポートをしてくれることがわかります。

他サービスでは、コンサルタントの熱意が強すぎるあまり、自分のペースが乱れてしまうこともしばしば。

しかし、エンワールド・ジャパンなら自分の状況を考慮し、それに応じたスピード感でサポートをしてくれるので、負担の少ない活動が可能になります。

また、内定・入社をゴールとせず、自分が理想とするキャリアプランに即したアドバイスを受けられるので、中・長期的な観点から指針を得ることもできそうです。

エンワールド・ジャパンはこんな人にオススメ

スマホを使う女性

ここまで、エンワールド・ジャパンの評判や求人を解説してきましたが、それらを踏まえると、利用を強くオススメする人・利用しないともったいない人は以下だといえます。

  • 入社後フォローで安心して働きたい人
  • ミスマッチの少ない求人紹介を受けたい人
  • ライフスタイルに合った働き方をしたい人
  • エンワールド・ジャパンは外資・グローバル企業に強い、転職支援サービス(転職エージェント)となっています。

    業界・職種に精通したコンサルタントからサポートを受けられたり、入社後の1年間フォローなど、手厚いサポートが魅力のサービスです。

    利用は無料ですし登録も簡単にできるので、まずは登録から、新しい環境へチャレンジする第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

    ↓利用無料・簡単登録!↓

    外資系の転職なら エンワールド・ジャパン!

    CLABELには、自分にマッチした転職サービスを絞り込み検索できる機能を搭載しています。下のボタンを押すだけで可能なので、ぜひお試しください!
    あなたに最適な転職サービスを検索!

    関連記事

    人気記事

    CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
    詳しくはこちら