リクルートエージェントに断られたら?原因と対処法について

13 Views

リクルートエージェントのアイキャッチ画像
本記事では、リクルートエージェントに断られた場合の原因とその対処法について紹介しています。どんな人が断られる傾向にあるのか、断られた場合はどうすればいいのかなどに加えて、断られた人向けのサービスも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェントは断わる場合アリ

驚くスーツの男性

「勇気を出してリクルートエージェントに登録したけど、求人紹介を断られた」「次はどうしたらいいのか」と悩んでいる人もいるでしょう。

リクルートエージェントは大手転職サービスではありますが、場合によっては求人紹介してくれない事もありますし、紹介を受けられない場合は他の転職サービスを探すなども視野に入れる必要があります。

ここでは、リクルートエージェントに断られる原因やその対処法、断られた場合にオススメの転職サービスを紹介していますので、参考にしてください。

リクルートエージェントに断られる原因

不満げなスーツの女性

リクルートエージェントに断られたとき、求人紹介を受けられないのかについてですが、次の条件に当てはまる人は紹介などのサポートを受けられない可能性があります。

1.年齢に見合った経験がない
2.ニートやフリーター、無職
3.転職回数があまりにも多い
4.在職期間が短い

詳しくは各項目ごとにまとめていますので、自分がどれに当てはまっていたのかをしっかり把握し、次へ繋げましょう。

1.年齢に見合った経験がない

リクルートエージェントに断られた人の特徴として、まず挙げられるのは年齢と経験が見合っていない事です。

リクルートエージェントの年齢別登録者層はどの年代層も満遍なくとなっていますが、企業が20代に求める条件と、40代に求める条件が同じかといえばそうではありません。

年代別スキル参考画像

画像はあくまでも一例ですが、基本的に20代はやる気や主体性などのポテンシャルを、30代はリーダー性やマネジメントスキルなどの能力性、40代ではマネジメントスキルや専門知識などのプロフェッショナル性を重要視します。

Aさん(40代)
  • Wordができる
  • 意見を言った事はある
  • 2人1組で仕事をしたことがある
  • 例えば、上記Aさんのような人が「転職をしたい」とリクルートエージェントを利用しても、企業が求めるスキルがほぼゼロなので、エージェントも紹介やサポートを断らざるを得なくなります。

    そのため、断られた時は年齢に応じた経験・経歴を満たせていなかった可能性も考慮するべきでしょう。

    2.ニートやフリーター、無職

    リクルートエージェントで断られた人の特徴には、登録段階でニートやフリーター、無職の人も当てはまります。

    中途採用となると、比較的早い段階で力になってほしい人材を募集しているケースがほとんどのため、企業のターゲット層も経験や経歴がある人をメインとしていることが多めです。

    したがって、ニートやフリーターなどほとんど経歴を持たない人が登録しても、経歴・経験面で紹介できる求人がないため、断られやすいといえます。

    3.転職回数があまりにも多い

    転職回数が多すぎるのも、リクルートエージェントを利用する上で大きなデメリットになりやすいでしょう。

    1つの企業で長く勤めていた人がキャリアチェンジなどで転職する場合と、やりたいことが定まっておらず就職しては辞め、を繰り返している人では企業が抱くイメージも異なります。

    したがって、転職理由がスキルアップなどのポジティブなものだったとしても、回数が多い人は要注意です。

    4.在職期間が短い

    在職期間が短い人も、転職回数が多すぎる人と同様に断られてしまう場合があります。

    入社してすぐにパワハラなどのトラブルに巻き込まれ、やむなく退職してしまった場合などの特殊なケースを除いて、数ヶ月単位の期間であれば、「すぐに辞めてしまうのでは?」「問題に直面しても解決能力がないのでは?」と良いイメージを持たれないのが通常です。

    そのため、入っては辞めを繰り返している人辞めグセがついてしまっている人は断られる可能性が高いでしょう。

    リクルートエージェントに断られた時の対処法

    指し棒を持つ女性

    リクルートエージェントに断られた場合の対処法は、他サービスを利用することが一番の近道です。

    断られてしまった場合、待っていればサポートを受けられる可能性もあるのでは?と考えている人もいるかもしれません。

    しかし、リクルートエージェントのサポート提供期間は基本的に3ヶ月間となっていることもあり、期間内に受けられる可能性は限りなく低いでしょう。

    また、待っているだけでは時間の無駄になりますので、手っ取り早く転職活動をしたい人は、他サービスを利用するのが一番早く、確実です。

    ここでは、DYM就職就職Shopの2サービスを紹介していますが、CLABELでは「正社員になりたいフリーターが就活で使うべき転職エージェント4選とその理由!」といった、フリーターの人向けの記事もありますので、ぜひ一度ご覧ください。

    フリーターの転職ならDYM就職

    DYM就職の紹介画像

    DYM就職は、株式会社DYMが運営している、フリーターなどに強みを持つ転職支援サービス(転職エージェント)です。

    特徴は未経験歓迎求人が多く、就職率も96%と高い点!また、扱っている求人は正社員のみなので、経歴が浅い人でも十分正社員を狙えるサービスになっています。

    また、基本的には書類選考なしで面接が可能なので、リクルートエージェントに断られた場合でも素早いリカバリーが可能になるでしょう。

    詳しくはこちらのページ「フリーターなどの転職に強いDYM就職」で紹介しているので、ぜひご覧ください。

    ↓利用無料・簡単登録!↓

    フリーターの転職なら DYM就職

    職歴・経験に自信が無いなら就職Shop

    就職Shopの紹介画像

    就職Shopは、20代のフリーターなどに強みを持つ転職支援サービス(転職エージェント)です。

    登録者層は20代が90%を占めるなど、主に若者向けのサービスになっています。

    学歴・職歴・社会人経験不問の求人が大半を占めており、就職Shopを通して就職決定した人の7割は正社員経験1年未満

    高卒・中卒・フリーターなどから入社した人も多いので、経歴が浅い人も安心して利用できること間違いなしです。

    また、こちらも書類選考なしで面談可能なので、経歴や経験に囚われず、スピード感のある転職活動が行えるでしょう。

    詳細はこちらのページ「職歴・経験不問の転職なら就職Shop」で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

    ↓利用無料・簡単登録!↓

    職歴・経験に不安があるなら 就職Shop!

    リクルートエージェントに断られた場合まとめ

    指をさす女性

    リクルートエージェントで断られる原因や、その対処法について解説してきましたが、いかがでしょうか?

    ここまでの内容を簡単にまとめましたので、振り返ってみましょう。

    断られる原因
    ・年齢に見合った経験がない
    ・ニートやフリーター、無職
    ・転職回数があまりにも多い
    ・在職期間が短い

    対処法
    DYM就職や、就職Shopなど他サービスを使う
    ・待つのは時間の無駄になるため避ける

    現在、転職エージェントは数多くあり、その分得意とする分野なども異なります。

    そのため、リクルートエージェントで断られたからといって他サービスでも同じく断られるのかというと、そうではありません。

    断られた原因、求人紹介を受けられない理由をしっかりと把握し、その理由に応じて転職サービスを使い分けることも重要です。

    そうすることで、自分の弱みをしっかりとカバーしてくれ、後悔しない転職活動が可能になるでしょう。

    また、DYM就職就職Shop以外にも、CLABELでは「正社員になりたいフリーターが就活で使うべき転職エージェント4選とその理由!」といった、フリーターの人向けの記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

    CLABELには、自分にマッチした転職サービスを絞り込んで検索できる機能を搭載しています。下のボタンを押すだけなので、ぜひ一度お試しください!
    あなたに最適な転職サービスを検索!

    関連記事

    人気記事

    CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
    詳しくはこちら