リクルートエージェントは高卒でも使える?断られた時の原因と対処法は?

9 Views

リクルートエージェントのアイキャッチ画像
本記事では、高卒でもリクルートエージェントは使えるのか、断られた場合の対処法や断られる人の特徴などを詳しく解説しています。また、高卒の人向けの転職サービスも掲載していますので、断られた人はこの機会を逃さず登録・申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントは高卒でも使える

上機嫌なスーツの男性

まず、リクルートエージェントは高卒でも問題なく使えるのは間違いありません。

理由として、中途採用では学歴よりも職歴や実務経験が重要視される傾向にあるため、中途なら高卒だったとしても大きなデメリットになりにくいことが挙げられます。

もちろん、なかには大卒が応募条件になっているため応募自体ができない場合など、少なからず存在します。

ですが、リクルートエージェントは中堅・中小企業の求人を多く扱っているため、しっかりと自分の現状を見定めた上で、能力以上の企業を希望しなければ問題なく求人紹介を受けられるでしょう。

リクルートエージェントに断られる高卒の特徴

ダメ出しをするスーツの男性

正社員歴がとにかく短い

中途採用は、即戦力となる人材を求めることがほとんどなので、正社員歴が1年など短ければ短いほど、能力を測る指針がないため断られる可能性が高くなります。

正社員は、派遣社員やアルバイトなどと比べて責任や対応業務の範囲なども全く違ってくるので、もし派遣社員で一流になっても正社員としての能力が測りづらく、敬遠されることも少なくありません。

そのため、もし求人紹介などを断られた場合は、まずアピールできる程度の正社員歴があるかどうか、あまりにも短すぎないかなどを確認するべきです。

専門知識が全くない

高卒が中途採用で転職する場合、ほとんどのケースで専門知識やスキルなどを重要視されます。

例えば皆さんがIT業界で働く面接官だとすると、以下の2人どちらを採用したいと考えるでしょうか?

Aさん
高卒 25歳
Bさん
高卒 25歳
IT業界に
興味がある程度
IT業界に興味があり
独学で資格を取った
正社員歴4年正社員歴4年
Word Excel
Powerpointが使える
2つのプログラミング
言語がわかる

ほとんどの人は、Bさんを採用したいと考えたのではないでしょうか。

なぜなら、同じ4年の正社員歴があってもスキルや知識の差でBさんの方が優れており、「即戦力」として頑張ってくれそうと感じるからです。

このように、学歴をカバーできる程度の専門知識やスキルがなければ、リクルートエージェントに登録しても紹介できる企業がなく、断られる可能性も高いでしょう。

高卒がリクルートエージェントに断られた時の対処法

困る女性

1.高卒特化のエージェントサービスを使う

資格を取る時間もなく、今すぐ転職をしたいと考えているなら、高卒をカバーしている転職エージェントを利用するのが一番の近道です。

エージェントサービスのなかには、高卒やニート、フリーターをメインとしてサポートしているものもありますので、効率的に転職活動ができること間違いなしです。

ここでは、数多く存在する転職エージェントのなかから、特に高卒の人にオススメなハタラクティブ就職Shopの2つをピックアップしていますので、興味があれば今すぐ登録・申込みをしてみましょう。

高卒特化のサービス① ハタラクティブ

ハタラクティブの紹介画像

ハタラクティブは、20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職支援サービス(転職エージェント)です。

高卒や専門卒の登録者も多く、ハタラクティブを利用した人の3人に2人が正社員経験がない未経験!内定率も80.4%とかなり優れている転職エージェントになっています。

そのため、高卒で正社員歴が浅い人も安心して利用できること間違いなしです。

詳細はこちらのページ「フリーター、高卒の転職ならハタラクティブ」で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

↓利用無料・簡単登録!↓

学歴に自信がないならハタラクティブ

高卒特化のサービス② 就職Shop

就職Shopの紹介画像

就職Shopは、20代のフリーターなどに強みを持つ転職支援サービス(転職エージェント)です。

登録者層は20代が90%を占めており、主に若者向けのサービスになっています。

学歴・職歴・社会人経験不問の求人が大半を占めており、就職Shopを通して就職決定した人の7割は正社員経験1年未満

高卒・中卒・フリーターなどから入社した人も多いため、高卒で正社員歴が浅い人も安心して利用できること間違いなしです。

また、書類選考なしで面談可能なので、経歴や経験に囚われず、スピード感のある転職活動が行えるでしょう。

詳細はこちらのページ「職歴・経験不問の転職なら就職Shop」で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

↓利用無料・簡単登録!↓

職歴・経験に不安があるなら 就職Shop!

2.現環境でキャリアを積む

もし、正社員歴が短いと感じたら、すぐには辞めずに今の環境でアピールできるほど正社員歴を伸ばすべきです。

「自分は即戦力になる」とアピールできるほど正社員歴が長ければ、能力を見定める「ものさし」として働き、その分学歴をカバーできます。

また、長く働くことでさまざまな経験もできますし、リーダーを任されたり部下ができれば、マネジメントの経験も積めますので、焦らずに現環境でじっくり働くのも一つの手でしょう。

3.業務に直結する資格をとる

もし早い段階で転職をしたいと考えているなら、TOEICや国家資格など、希望する業務に直結できる資格を取るのも有効的です。

例えば、パソコンが得意でとにかくIT業界で働きたい!と考えているなら、企業の事業内容などに合わせて

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • システム監査技術者
  • などの資格を取っておくことで、興味があるだけでなく「即戦力」になれることをアピールでき、採用された際にもスムーズに業務対応ができるので、アピール材料が足りないと感じている人は資格を取ることをオススメします。

    高卒がリクルートエージェントを使う場合まとめ

    高卒の人はリクルートエージェントを使えるのか、もし断られた時の対処法やその特徴などを解説してきましたが、いかがでしょうか?

    ここまでの内容を簡単にまとめましたので、振り返ってみましょう。

    断られる人の特徴
    ・正社員歴がとにかく短い
    ・専門知識が全くない

    対処法
    1.高卒特化のエージェントサービスを使う
    2.現環境でキャリアを積む
    3.業務に直結する資格をとる

    高卒の人がリクルートエージェントに断られた時、「どうせ高卒だから」と考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

    しかし、転職サービスを活用する上で最も重要なことは、自分の弱みなどをしっかりとカバー・サポートしてくれるサービスかどうかです。

    それを間違えたまま転職活動してしまったら、いつまでたっても転職はできず、無駄な時間を過ごすことにもつながります。

    今回紹介したハタラクティブ就職Shop2つは高卒特化のサービスになっているので、学歴をカバーしつつも納得できる転職活動が可能になることでしょう。

    登録も数分で済み、利用料無料でサポートが受けられるので、学歴で悩んでいる人はぜひ登録をしてみてはいかがでしょうか。

    高卒特化の転職サービス
    ハタラクティブの紹介画像

    ハタラクティブ
    ・内定率80.4%
    ・高卒や専門卒の登録者も多い
    ・利用者の3人に2人が正社員未経験
    就職Shopの紹介画像

    就職Shop
    ・高卒・中卒などから入社多数
    ・書類選考なしで面談可能
    ・学歴、経歴不問の求人が多め
    CLABELには、自分に合った転職サービスを絞り込んで検索できる機能を搭載しています。下のボタンを押すだけなので、一度お試しください!
    あなたに最適な転職サービスを検索!

    関連記事

    人気記事

    CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
    詳しくはこちら