30代の未経験者でもワークポートは使える?歓迎される人の特徴は?

13 Views

ワークポートのアイキャッチ画像
本記事では、30代未経験でもワークポートは使えるのかについて解説しています。また、30代未経験でもワークポートで歓迎されやすい人、断られやすい人の特徴や、断られた時に使いたいサービスも紹介!気になったものがあれば、いますぐ登録・申込みをしてみましょう!

ワークポートは30代の未経験者でも使える?

プレゼンするスーツの女性

結論から言うと、30代の未経験者でも十分使えます

しかし、全ての30代未経験者が歓迎されるかと言えばそうではありません。

通常、30代を超えての転職は厳しくなりますし、加えて未経験者であればなおさら難しくなってきます。

ここでは、30代の未経験者の中でも比較的歓迎されやすい人の特徴、万が一断られた場合の対処法について解説しているので、ぜひ参考にしてください。

30代の未経験者でもワークポートで歓迎される人

やる気がある女性

では、ワークポートで歓迎されやすい30代の未経験者とはどんな人なのでしょうか。

大きく分けると、下の2つが挙げられます。

・趣味程度でもスキルを磨いている
・有用な資格を持っている

当たり前では?と思いがちですが、30代かつ未経験者での転職は基本をしっかりと抑える事こそ成功への近道です。

ここでは、この2つについて詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

趣味程度でもスキルを磨いている

30代の未経験者でも、ワークポートで比較的歓迎されやすい人の特徴でまず挙げられるのは、趣味・独学でスキルを磨いている人です。

例えば、以下の2人が応募してきたとしましょう。

応募者例

Aさん
・飲食業経験者
・プログラマーを希望
・Excelで四則計算式が組める程度

Bさん
・営業経験者
・プログラマーを希望
・Pythonで簡単なプログラムを組んだことがある

このように、趣味や独学レベルでも希望業種・職種に繋がるようなスキルがあれば、完全未経験者よりも早い段階で仕事ができそうかな?と感じますよね。

これは企業側も同様で、複数の未経験者が応募してきた場合、少しでも早く戦力になりそうな人材を採用しようとします。

そのため、趣味・独学レベルでもスキルを磨いておくと採用されやすくなり、ワークポートでも歓迎されやすくなるでしょう。

有用な資格を持っている

ワークポートで歓迎されやすい30代の未経験者の特徴として、有用な資格を保有していることも挙げられます。

中途採用は即戦力を期待されている以上、どうしても完全未経験では応募できる求人自体が少なくなり、また、30代からの転職は応募できる求人数も少なくなるので、なおさらその数は減ってしまいます。

しかし、業務に関連のある資格を保有していれば、能力を測るものさしとして働きますし、下記画像のように自分がもつ市場価値に資格分がプラスされます。

資格保有のアドバンテージ例

資格説明画像

そのため、IT系の中でもセキュリティ系を目指すなら情報セキュリティマネジメント、ネットワークエンジニアを目指すならネットワークスペシャリストなどを保有していると、歓迎はもちろん、採用される確率もグッと高まるでしょう。

しかし、注意するべきはIT系を目指しているのに薬剤師の資格をとるなど、自分が希望する業界・業種とあまり関連のない資格をとってしまう事です。

あくまでも有利に働くのは、希望する業界・業種と関連のある資格なので、時間を浪費しない為にもしっかりと情報収集をした上で資格を取りましょう。

ワークポートで断られやすい30代の未経験者の特徴

断るスーツの女性

つづいて、ワークポートで断られやすい30代の未経験者の特徴ですが、大きく分けると以下の3つになります。

・正社員歴がない
・年齢に合ったスキルを持っていない
・転職回数が多すぎる

これらも基本的なものではありますが、詳細を把握している人は案外少ないのではないでしょうか。

ここでは、この3つについて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

正社員歴がない

ワークポートで断られやすい30代未経験者の特徴として、正社員歴がないことが挙げられます。

派遣社員やアルバイトでもリーダーなどの経験することは可能ですが、正社員とは責任能力などの点で大きく異なり、業務遂行範囲もかなり変わってきます。

そのため、30代で正社員歴がない場合では応募できる求人も少なくなってしまい、ワークポートで断られてしまう可能性も高くなるでしょう。

年齢に合ったスキルを持っていない

ワークポートで断られやすい30代の未経験者の特徴として次に挙げられるのが、年齢に合ったスキルを保有していない場合です。

前述した通り、基本的に中途採用は即戦力を求めているため、年齢に伴うスキルも保有している前提で募集しているケースがほとんどです。

求められるスキル例(年齢別)

年齢別スキル画像

上記画像は一例ですが、通常30代となるとマネジメントスキルやリーダーとして部下を引っ張るスキルを重視する傾向にあります。

したがって、持っていない場合は未経験をカバーしづらいため採用もされづらく、ワークポートでも断られやすいでしょう。

転職回数が多すぎる

転職回数が多すぎるのも、ワークポートで断られやすい30代未経験者の特徴です。

基本的に転職回数が1〜2回であれば特に問題はありませんが、3回以上となると企業側もネガティブイメージを抱きやすくなります。

もちろん、希望する業界などでも変わってはくるものの、多すぎる場合は未経験も相まって「定着しづらいのでは」と取られがちです。

そのため、転職回数が全てではないものの、3回以上転職をしている人はワークポートでもカバーしきれず、結果断られてしまう可能性があります。

30代の未経験者がワークポートで断られた時の対処法

指を差す男性

オススメしない対処法

ワークポートで再挑戦する

もし30代未経験者がワークポートで断られた場合、あまりオススメしないのはワークポートで再挑戦をすることです。

20代とは違って30代は転職も厳しくなり、時間が進むにつれてその度合いも増していきます。

現環境でキャリアを積んでワークポートで再挑戦となると、時間もかかりますし応募できる求人も比例して減少してしまうので、再挑戦はなるべく避けるべきでしょう。

自分1人で転職活動を進める

30代未経験者がワークポートで断られた時、1人で転職活動を進めるのもあまりオススメできません。

前述した通り30代ではあまり時間がなく、また、1人で転職活動を続けようとするとかなりの労力と時間がかかります。

エージェントの使用有無の違い

※上記画像は一例です。

また、情報収集や応募、日程調整などさまざまな事を自分だけでこなす必要があるので、未経験をカバーできる資格をとったり、独学の時間も減ってしまうことにもつながります。

したがって、1人ではなく転職エージェントを利用し、活動の大枠はエージェントに任せつつ、空いた時間を効率的に活用するべきでしょう。

オススメの対処法

30代の未経験者がワークポートで断られた場合にオススメしたいのが、他サービスを利用する事です。

エージェントサービスであれば、自分に合う求人探しや応募、交渉などを請け負ってくれますし、求人紹介などを受けつつスキル磨きも並行してできるので、時間がない中でも効率的に転職活動ができるでしょう。

ここでは、30代の人が未経験分野に挑戦しやすいdodaパソナキャリアDYM就職の3つを紹介しますので、少しでも気になるものがあれば、いますぐ登録・申込みましょう。

オススメサービス① doda

dodaの紹介画像

dodaは、国内最大級の求人情報数を誇る転職サイトです。

dodaのエージェントサービスなら電話・メール・LINEなどで連絡が取れるので、手軽に利用できるのも大きなメリットです。

また、パートナーエージェントサービスと呼ばれる、400社以上の転職エージェントからスカウトメールが届くサービスもあるので、自分にあったエージェントサービスを検討・面談することが可能です。

サービスの詳細についてはこちらのページ「dodaのエージェントサービスには登録すべき?」で解説しているので、ぜひチェックしてみましょう。

↓利用無料・簡単登録!↓

手軽に利用するなら doda!

オススメサービス② パソナキャリア

パソナキャリアの紹介画像

パソナキャリアは16,000社もの求人情報を扱っており、オリコン顧客満足度(R)調査で転職エージェント2年連続第1位と非常に優秀なエージェントサービスです。

また、カウンセラーのコンサルティング力を向上するため、企業の採用担当者を招いて勉強会を開催する、複数の人材紹介会社が参加するコンテストに出る、などの取り組みを行なっています。

非常に丁寧なカウンセリングが受けられ、土曜日もカウンセリングなどをしてくれるので、ワークポートに断られた人はぜひ検討するべき転職エージェントサービスです。

詳細が知りたい人は「パソナキャリアの評判や特長について徹底解説!」のページでサービスについて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

↓利用無料・簡単登録!↓

顧客満足度で選ぶなら パソナキャリア!

オススメサービス③ DYM就職

DYM就職の紹介画像

DYM就職は、株式会社DYMが運営している、フリーターなどに強みを持つ転職支援サービス(転職エージェント)です。

未経験歓迎求人が多く就職率も96%と高い点が特徴であり、扱っている求人は正社員のみなので、経歴が浅い人でも十分正社員を狙えるサービスになっています。

また、基本的には書類選考なしで面接が可能なので、効率よく転職活動ができるでしょう。

詳しくはこちらのページ「フリーターなどの転職に強いDYM就職」で紹介しているので、ぜひご覧ください。

↓利用無料・簡単登録!↓

未経験からの転職なら DYM就職!

30代の未経験者でもワークポートは使えるかまとめ

上を指すスーツの男性

ここまで、30代の未経験者でもワークポートは使えるのか、歓迎されやすい人や断られやすい人の特徴や対処法を解説してきましたが、いかがでしょうか?

もう一度、歓迎されやすい人、断られやすい人の特徴と断られた際の対処法を振り返りましょう。

ワークポートで歓迎されやすい30代の未経験者の特徴
・趣味程度でもスキルを磨いている
・有用な資格を持っている

ワークポートで断られやすい30代の未経験者の特徴
・正社員歴がない
・年齢に合ったスキルを持っていない
・転職回数が多すぎる

基本的にワークポートは30代未経験者でも十分使えますが、人によっては断られてしまった、なんてこともあるでしょう。

そんな時は30代だから、未経験だから、と後ろ向きに考えるのではなく、●●が足りなかったからではないかと切り替えることで、今後にも繋がりやすくなります。

また、場合によってはワークポートが合わなかっただけかもしれないので、自分を責めすぎるのもNGです。

加えて、今回紹介したdodaパソナキャリアDYM就職の3つは、30代の人でも未経験分野に挑戦しやすいサービスになっているので、この機会に登録・申込みをしてみてはいかがでしょうか。

ワークポートで30代未経験者が
断られた時に併用したいサービス
doda
・国内最大級の求人情報数
・パートナーエージェントサービスで手軽にエージェントサービスを検討・面談可能
パソナキャリア
・2年連続顧客満足度第1位
・カウンセリング力向上の取り組みをしており、丁寧なカウンセリングが受けられる
DYM就職
・未経験歓迎求人が多く、就職率も96%
・書類選考なしで面談可能
・扱っている求人は正社員のみ
CLABELには、転職サービスを絞り込み検索できる機能を搭載しています。興味があるサービスを見つけたらそのまま登録も可能なので、ぜひお試しください!
あなたに最適な転職サービスを検索!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら