【最短1分】ビズリーチを退会・解約する方法は?注意点も解説!

35 Views

ビズリーチを安全に退会・解約する方法のアイキャッチ画像
本記事では、ビズリーチを退会・解約する際の方法・注意点を解説しています。また、退会・解約した後に使いたいサービスもまとめていますので、しっかり把握して悔いのない転職活動を進めましょう!

ビズリーチを退会・解約する方法は?

ビズリーチを退会・解約する方法の見出し画像
1.「設定ページ」へアクセス
2.「退会ページはこちら」クリック
3.「退会してすべてのデータを消去する」クリック
4.必要事項を記入、完了

※リンクをクリックで該当ページへ移動します。

ビズリーチを退会する方法は、上記の通りたったの4STEPだけで完了します。

ログイン後ページへ移動するだけで簡単に退会・解約できるので、他サービスのようにメールを送る必要がないのは嬉しいポイントです。

しかし、退会・解約する前に注意するべきポイントがありますので、それらを読んでから行うようにしましょう。

ビズリーチを退会・解約する際の注意点

ダメ出しをするスーツの男性

ビズリーチを退会する前に注意しなければいけないことは、大きく分けると以下の4つになります。

・登録情報の復元ができなくなる
・有料オプションは返金されない
・再入会できない可能性がある
・使う可能性があるなら「休止」する

これらを含む注意事項はしっかり把握しておかないと、退会・解約後で後悔してしまうことにも繋がりますので、しっかりと把握しましょう。

登録情報の復元ができなくなる

ビズリーチを退会・解約した場合は以下の情報が削除されます。

・保存した希望条件
・職務経歴書
・応募の履歴
・全メッセージ履歴

そのため、もし退会後にビズリーチをもう一度使いたいと思っても、同じ情報を再利用することはできず、再登録が必要になります。

また、メッセージなどやりとりが途中のまま退会してしまうと、退会後はログインもできず、メッセージ履歴も全て消去されてしまうため、注意が必要です。

有料オプションは返金されない

ビズリーチを退会・解約する上で最も注意するべきは、有料プランであるプレミアムステージの期間が残っていても返金がされない点です。

また、プレミアムステージの自動更新がONになっていると、利用期間が更新され、自動で利用料金が発生してしまいます。

したがって、退会を考えている人は期間はもちろん、自動更新がOFFになっているかなども確認しましょう。

再入会できない可能性がある

ビズリーチを退会・解約した後、もう一度入会したい場合に入会審査を通過できない可能性があります。

これは退会・解約をしたから審査が厳しくなる、ではなく、再入会は新規登録扱いになるため、通常通り審査を受ける必要があることが理由です。

そのため、利用当時は審査に通っていた人も再入会時には状況が変わり、審査に通らずといったこともあり得ますので、十分注意しましょう。

使う可能性があるなら「休止」する

ビズリーチを退会・解約した後、万が一使う可能性が少しでもあるなら「休止」をオススメします。

「休止」といっても面倒な手続きは必要なく、下記の2つを実施するだけです。

・職務経歴書の非表示
・メール配信の停止

これなら情報を消すことなくスカウトの停止やメールの配信停止が可能なので、少しでも利用する可能性があるなら、一旦休止するのも一つの手でしょう。

ビズリーチを退会・解約した後は

指をさす女性

ビズリーチを退会・解約したい理由は転職活動の成功や良い求人がなかった、サービスが合わないなど人それぞれですよね。

それが、転職活動の成功や現環境でキャリアアップの目処がついた、などのポジティブな理由であれば問題はありません。

しかし、良い求人がなかった、サービスが合わなかったことが理由であれば、次のサービスを探すのも手間ですし、どのサービスが合っているのか悩んでしまうでしょう。

ここでは、ビズリーチを退会した後に使いたい転職エージェントとして、リクルートダイレクトスカウト(旧CAREERCARVER)JACリクルートメントパソナキャリアの3つをご紹介しますので、気になったものがあれば登録・申込みをしてみましょう。

オススメサービス① リクルートダイレクトスカウト(旧CAREERCARVER)

リクルートダイレクトスカウト(旧CAREERCARVER)は、ハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向け転職エージェントです。

ヘッドハンターの得意業界・実績などのプロフィールを見た上で、自分からヘッドハンターを指名出来るため、「合わなかった」を防ぎつつ、余計な手間やストレスを削減できます。

加えて、年収800〜2000万円の求人が多数あり、ヘッドハンターから自分にマッチした求人を紹介してくれるのも嬉しいポイントです。

求人の種類も中間管理職から代表ポジションまで幅広くあるので、選択肢が多くなること間違いなしなサービスになっています。

ハイクラスの転職はリクルートダイレクトスカウト(旧CAREERCARVER)

オススメサービス② JACリクルートメント

JACリクルートメントの紹介画像

JACリクルートメントは、30代から50代の転職に強みを持つ転職エージェントです。

業界出身のコンサルタントも在籍しているため、自分の価値をしっかり見定めた上でサポートしてくれます。

また、休業日を除き、原則24時間以内の対応をしてくれるので、とにかく効率的に転職活動を進めたい人にはうってつけのサービスになっています。

詳しくはこちらのページ「30代から50代の転職はJACリクルートメント!」でも紹介しているので、気になった人はぜひご覧ください。

30代からの転職は JACリクルートメント!

オススメサービス③ パソナキャリア

パソナキャリアの紹介画像

パソナキャリアは16,000社もの求人情報を扱っており、オリコン顧客満足度(R)調査で転職エージェント2年連続第1位と非常に優秀なエージェントサービスです。

また、カウンセラーのコンサルティング力を向上するため、企業の採用担当者を招いて勉強会を開催する、複数の人材紹介会社が参加するコンテストに出る、などの取り組みを行なっています。

非常に丁寧なカウンセリングが受けられ、土曜日もカウンセリングなどをしてくれるので、ビズリーチで満足できなかった人はぜひ検討するべき転職エージェントサービスです。

詳細が知りたい人は「パソナキャリアの評判や特長について徹底解説!」のページでサービスについて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

↓利用無料・簡単登録!↓

顧客満足度で選ぶなら パソナキャリア!

ビズリーチを退会・解約する方法まとめ

笑顔のスーツの男性

これまで、ビズリーチを退会・解約する方法とその注意点を解説してきましたが、いかがでしょうか?

ここで、もう一度ビズリーチを退会・解約する方法とその注意点を振り返ってみましょう。

ビズリーチを退会する方法
1.「設定ページ」へアクセス
2.「退会ページはこちら」クリック
3.「退会してすべてのデータを消去する」クリック
4.必要事項を記入、完了

ビズリーチを退会・解約する際の注意点
・登録情報の復元ができなくなる
・有料オプションは返金されない
・再入会できない可能性がある
・使う可能性があるなら「休止」する

ビズリーチを退会・解約する手順はたったの4STEPで完了しますし、メールなどで連絡する必要もありません。

しかし、プレミアムステージの残期間分の返金はされないなど、注意しなければならない点も多くありますので、退会・解約する際は注意事項をしっかり把握しましょう。

今回紹介したリクルートダイレクトスカウト(旧CAREERCARVER)JACリクルートメントパソナキャリアの3つは、ビズリーチが合わなかった人でも満足できること間違いなしなサービスになっているので、気になるものがあればぜひ登録・申込みをしましょう!

ビズリーチを退会・解約した後に
使いたいサービス
JACリクルートメント
・30代から50代の転職に強い
・業界出身のコンサルタントも在籍
・休業日を除き、原則24時間以内の対応
パソナキャリア
・2年連続顧客満足度第1位
・カウンセリング力向上の取り組みをしており、丁寧なカウンセリングが受けられる
・土曜日もカウンセリング可能
CLABELには、自分にマッチした転職サービスを絞り込み検索できる機能を搭載!興味があるサービスがあればそのまま登録も可能なので、ぜひお試しください!
あなたに最適な転職サービスを検索!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら