レバテックキャリアはフリーター・ニートでも使える?断られた時の原因と対処法

10 Views

レバテックキャリアはフリーター・ニートでも使えるのかアイキャッチ画像
本記事では、レバテックキャリアはフリーター・ニートでも使えるのか、について解説しています。また、断られた時にチェックするべき原因やその対処法、断られた時に使いたいサービスも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

レバテックキャリアはフリーター・ニートでも使える?

悩む女性

結論から言うと、レバテックキャリアは、フリーター・ニートでも登録、利用自体は可能です。

しかし、フリーター・ニートの人が全員歓迎されるのかと言うとそうではありません。

基本的にレバテックキャリアは経験者を前提としているからです。

本記事では、レバテックキャリアで歓迎されやすい人、断られた時の原因や対処法を解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

レバテックキャリアで歓迎されやすいフリーター・ニートの特徴

願うスーツの女性

レバテックキャリアで歓迎されやすいフリーター・ニートの特徴は、大きく分けると下の3つになります。

・個人開発程度のスキルがある
・資格を保有している
・過去に正社員として働いたことがある

もちろん、これらを満たせば必ず歓迎されるというわけではありませんが、可能性は高くなります。

ここでは、上記3つについて詳しく解説していきますので、しっかり把握しましょう!

個人開発程度のスキルがある

レバテックキャリアで歓迎されやすいフリーター・ニートの特徴として、まずあげられるのが個人開発程度のスキルを持っている人です。

レバテックキャリアは基本的に経験者を前提としているため、少しでもスキルがあれば紹介を受けやすくなるでしょう。

しかし、プログラミング言語が少しだけわかる程度(変数や宣言方法などの基礎レベル)では、断られる可能性がかなり高くなります。

そのため、個人開発レベルに近いスキルを持っていれば、歓迎される可能性も高くなるでしょう。

資格を保有している

業務につながる資格を捕虫している場合は、フリーター・ニートでもレバテックキャリアで歓迎されやすいでしょう。

しかし、資格ならなんでもいい訳ではなく、最低でも即戦力と取られるような資格がベストです。

ITの国家資格例

・ITパスポート
・情報セキュリティマネジメント
・基本情報技術者
・応用情報技術者
・ITストラテジスト
・システムアーキテクト
・プロジェクトマネージャ試験
・ネットワークスペシャリスト
・データベーススペシャリスト
・エンベデッドシステムスペシャリスト
・ITサービスマネージャ
・システム監査技術者
・情報処理安全確保支援士

ITパスポートなどは国家資格の中でも基本・初心者レベルになっていますので、ITパスポートだけでは断られる可能性が高くなります。

したがって、上記例の中であれば基本情報技術者以上などを持っていると、比較的歓迎されやすいでしょう。

過去に正社員として働いたことがある

過去に正社員として働いたことがある人もレバテックキャリアで歓迎されやすいフリーター・ニートの特徴です。

なぜなら、中途採用は即戦力を求めていることがほとんどなため、正社員歴があれば相応のスキルや経験があると取られやすいからです。

レバテックキャリアはIT・WEBエンジニア特化のエージェントなので、同業界で正社員歴があれば歓迎される可能性も高いでしょう。

レバテックキャリアに断られやすいフリーター・ニートの特徴

泣くスーツの男性

つづいて、レバテックキャリアで断られやすいフリーター・ニートの特徴を解説します。

断られやすい特徴は、大きく分けると以下の2つです。

・完全に未経験の場合
・年齢に見合ったスキルがない

もし断られた場合はフリーター・ニートだから、となるのではなく、これらに当てはまっていないかをチェックしましょう、

完全に未経験の場合

レバテックキャリアに断られやすいフリーター・ニートの特徴ですが、完全未経験から挑戦する場合はその確率も高くなるでしょう。

理由として、レバテックキャリアはある程度の経験者を前提としているからです。

もちろん、完全未経験の求人が全くないかと言えばそうではありません。

ですが、完全未経験となると求人数の母数自体も少なくなってしまい、紹介できる可能性も限りなく低くなってしまいますので、結果として断られてしまうことにつながります。

年齢に見合ったスキルがない

年齢に見合ったスキルがないフリーター・ニートの人はレバテックキャリアで断られやすいと言えます。

年齢別の求められるスキル例

年齢別の求められるスキル例画像

前述した通り、レバテックキャリアは経験者を前提としているため、年齢が高くなるとそれ相応のスキルも求められがちです。

また、上記画像はあくまでも求められるスキルの基本例となっており、IT業界となるとこれにあわせて深い専門知識も求められます。

しかし、フリーター・ニートの人は、どうしても高いビジネススキルを習得する機会が少なく、企業の求める希望人物像にマッチしづらいため、断られてしまう可能性も高くなるでしょう。

レバテックキャリアでフリーター・ニートが断られた時の対処法

スマホを使う男性

では、フリーター・ニートの人がレバテックキャリアで断られてしまった場合、どのような対処法を取れば良いのでしょうか。

資格やスキルを磨くのも手段としてありますが、結果が出るまでに時間がかかってしまうデメリットがあります。

そのため、一番手っ取り早く転職をしたいなら他の転職サービスを利用することをオススメします。

ここでは、フリーター・ニートに特化した転職サービスであるハタラクティブネットビジョンアカデミー就職ShopDYM就職の4つを紹介しますので、フリーター・ニートをいますぐ脱却したいと考えている人は、いますぐ登録・申込みをして見ましょう!

また、こちらのページ「正社員になりたいフリーターにおすすめの転職エージェント4選とその理由!」でもフリーター・ニートの人にオススメのサービスを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

オススメサービス① ハタラクティブ

ハタラクティブの紹介画像

ハタラクティブは、20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職支援サービス(転職エージェント)です。

高卒や専門卒の登録者も多く、ハタラクティブを利用した人の3人に2人が正社員経験がない未経験!内定率も80.4%とかなり優れている転職エージェントになっています。

正社員歴が浅い人も安心して利用でき、断られた時以外にもワークポートと併用をオススメしたいサービスです。

詳細はこちらのページ「フリーター、高卒の転職ならハタラクティブ」で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

↓利用無料・簡単登録!↓

正社員歴が浅いなら ハタラクティブ!

オススメサービス② ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーの紹介画像

ネットビジョンアカデミーは、経歴・学歴に関係なく、約20万円相当の講義を無料で受けつつ転職サポートもしてくれるITスクールです。

特徴は、CCNA(Cisco Certified Network Associate)と呼ばれる、世界最大のネットワーク機器企業であるシスコシステムズが実施している、エンジニアスキルの認定資格試験のサポートを受けながら就職・転職支援までのすべてを無料で受けられること。

入校時点で18歳から31歳であることなど一部条件はありますが、今もなお成長を続けるIT業界に携わりたい、と考えているフリーター・ニートの人に特にオススメです。

また、上京支援と呼ばれる、提携シェアハウスに入居できるサポートもあるので、転職にかかる費用を最小限に抑えられるのも嬉しいポイントです。

詳細はこちらのページ「ネットビジョンアカデミーの評判は?ニートでも利用は可能?」で紹介しているので、ぜひご覧ください。

↓基本利用無料・簡単登録!↓

経歴・学歴不問の ネットビジョンアカデミー!

オススメサービス③ 就職Shop

就職Shopの紹介画像

就職Shopは、20代のフリーターなどに強みを持つ転職支援サービス(転職エージェント)です。

登録者層は20代が90%を占めており、主に若者向けのサービスになっています。

学歴・職歴・社会人経験不問の求人が大半を占めており、就職Shopを通して就職決定した人の7割は正社員経験1年未満

高卒・中卒・フリーターなどから入社した人も多いため、正社員歴が浅い人も安心して利用できること間違いなしです。

また、書類選考なしで面談可能なので、経歴や経験に囚われず、スピード感のある転職活動が行えるでしょう。

詳細はこちらのページ「職歴・経験不問の転職なら就職Shop」で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

↓利用無料・簡単登録!↓

職歴・経験に不安があるなら 就職Shop!

オススメサービス④ DYM就職

DYM就職の紹介画像

DYM就職は、株式会社DYMが運営している、フリーターなどに強みを持つ転職支援サービス(転職エージェント)です。

未経験歓迎求人が多く就職率も96%と高い点が特徴であり、扱っている求人は正社員のみなので、経歴が浅い人でも十分正社員を狙えるサービスになっています。

また、こちらも基本的には書類選考なしで面接が可能なので、効率よく転職活動ができるでしょう。

詳しくはこちらのページ「フリーターなどの転職に強いDYM就職」で紹介しているので、ぜひご覧ください。

↓利用無料・簡単登録!↓

未経験からの転職なら DYM就職!

レバテックキャリアはフリーター・ニートでも使えるかまとめ

下を指差すスーツの男性

ここまで、レバテックキャリアはフリーター・ニートでも使えるのか、歓迎される人の特徴などを解説してきましたが、いかがでしょうか。

最後に、今一度レバテックキャリアで歓迎されやすい人、断られやすい人を振り返りましょう。

歓迎されやすいフリーター・ニートの特徴
・個人開発程度のスキルがある
・資格を保有している
・過去に正社員として働いたことがある

断られやすいフリーター・ニートの特徴
・完全に未経験の場合
・年齢に見合ったスキルがない

レバテックキャリアは経験者を前提としている以上、未経験者やフリーター・ニートの人など、どうしても高いビジネススキルを得づらい人は断られることもありがちです。

もちろん、一定のスキルや資格を持っている人などは断られづらいものの、すぐに転職したい人には時間や費用など難しいこともありますよね。

今回ご紹介したハタラクティブネットビジョンアカデミー就職ShopDYM就職の4つは、フリーター・ニート特化のサービスになっています。

レバテックキャリア に断られた場合でも素早いリカバリーが可能なので、、気になったものがあればこの機会を逃さず、今すぐ登録・申込みをして見ましょう!

もし他サービスが気になった人は、以下ページでも詳しく紹介しているのでぜひチェックしてみましょう!

レバテックキャリアに断られた時に使いたい
フリーター・ニート向けサービス
ハタラクティブ
・内定率80.4%
・高卒や専門卒の登録者も多い
・利用者の3人に2人が正社員未経験
ネットビジョンアカデミー
・約20万円相当の講座が無料
・資格サポートを受けながら転職支援サポートも受けられる
・上京支援で転職費用を最小限に抑えられる
就職Shop
・高卒・中卒などから入社多数
・書類選考なしで面談可能
・学歴、経歴不問の求人が多め
DYM就職
・未経験歓迎求人が多く、就職率も96%
・書類選考なしで面談可能
・扱っている求人は正社員のみ
CLABELには、自分にマッチした転職サービスを絞り込み検索できる機能を搭載!気になるサービスがあればそのまま登録も可能なので、ぜひお試しください!
あなたに最適な転職サービスを検索!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら