JACリクルートメントを使った転職で年収アップしやすい人・しづらい人とは?

12 Views

JACリクルートメントを使った時年収アップしやすい人アイキャッチ画像
本記事では、JACリクルートメントで転職をする際に、年収アップしやすい人、しづらい人の特徴を解説しています。また、JACリクルートメントと併用することで年収アップが狙えるサービスも紹介しているので、ぜひ登録してみましょう!

JACリクルートメントで転職したら年収アップできるって本当?

不満げなスーツの男性

JACリクルートメントは経歴重視だから、経験を活かして年収をあげたい」など考えていませんか?

しかし、残念ながらJACリクルートメントで転職した全員が、年収アップするとは限りません。

本記事では、JACリクルートメントの強みとあわせて、年収アップできる人しづらい人の特徴を解説しますので、理想の転職をするためにもぜひ参考にしてください。

JACリクルートメントでの転職で年収アップしやすい人

褒めるスーツの女性

JACリクルートメントでの転職で年収アップしやすい人は、大きく以下3パターンに分けられます。

・年代以上のスキルを保有している人
・企業研究、自己分析ができている人
・英語力が一定以上の人

もちろん、全てを網羅していればそれに越したことはありませんが、どれか1つでも満たせていれば確率もグッと上がりますので、ぜひ参考にしてください。

年齢以上のスキルを保有している人

JACリクルートメントでの転職で年収アップしやすい人の特徴は、年齢以上のスキルを保有している人だと言えます。

年代別の求められるスキル例

年代別のスキル画像

例えば、30代ならリーダー経験やマネジメントスキルにプラスしてより深い専門知識などがそれに該当するでしょう。

このように、求められるスキルにプラスアルファのスキルや能力があれば、比較的年収アップにもつながりやすくなります。

企業研究、自己分析ができている人

企業研究、自己分析ができている人は、JACリクルートメントで転職する際、年収アップしやすいと言えるでしょう。

自己分析と言っても性格などを掘り下げるのではなく、自分のスキルや実績などをしっかりと棚卸しして、市場価値を見定めることが重要です。

そうすることで、この能力なら同業種の中でも年収水準が高い企業へチャレンジできる、など応用も可能になります。

また、客観的な情報があればそれ自体がアピール材料にもなることもメリットです。

企業研究で得たニーズと照らし合わせつつ、自分の価値や有用性をしっかりと伝えることができ、年収アップにもつながりやすいでしょう。

英語力が一定以上の人

英語力が一定以上あれば、JACリクルートメントで転職をした際、年収がアップする確率も高くなるでしょう。

なぜなら、JACリクルートメントはグローバル・外資系の転職に強く、英語力があれば紹介される求人種類もかなり広くなるからです。

しかし、英語力があればいいかというと、そうではありません。年収アップを目指したいなら、最低でもTOEIC700点は必要です。

したがって、TOEIC700点以上、可能なら800点以上あれば、求人の母数も増え、年収アップの可能性も比例して高くなるでしょう。

JACリクルートメントでの転職で年収アップしづらい人

不満げなスーツの女性

JACリクルートメントを使った転職で年収アップしづらい人は、大きく分けると以下2パターンになります。

・年代に見合ったスキルしかない人
・条件や希望に凝りすぎている人

もしこれらに当てはまっていたら、年収アップも難しくなってしまいますので、しっかりチェックしましょう!

年代に見合ったスキルしかない人

JACリクルートメントで転職する際、年代に見合ったスキルしか持っていない人は年収アップがしづらいでしょう。

前述した年代別のスキルは、あくまでも年代ごとの持っているべきスキルで、基本的なものです。

また、基本スキルを持っているだけでは付加価値になりづらく、自分が持つ価値も上昇しにくくなってしまいます。

そのため、それらにプラスした実績や知識などがないと、アドバンテージを取ることができず、年収アップも叶わない可能性が高くなります。

条件や希望に凝りすぎている人

条件や希望に凝っている場合、JACリクルートメントで転職する際に年収が上がりづらい可能性があります。

例えば、自分は自動車メーカーの営業をしてきたから、自動車メーカーしか転職したくない、などです。

しかし、メーカーでも自動車や食品などさまざまありますし、他メーカーでも営業の知識や経験を活かせる場面も多いですし、年収水準が高い場合もあります。

したがって、この職種じゃないと、のように凝りすぎてしまうと、せっかくのチャンスを逃してしまうことにもつながり、年収アップもしづらくなるでしょう。

年収を上げたいならJACリクルートメント以外も使う!

プレゼンするスーツの女性

年収アップを目指すならJACリクルートメント以外にもサービスを使いましょう。

そうすることで可能性も広がりますし、万が一年収アップが見込めない場合でも次のアクションがしやすくなります。

ここでは、リクルートダイレクトスカウト(旧CAREERCARVER)ロバート・ウォルターズパソナキャリアの3つをご紹介しますので、気になったものがあれば登録・申込みをしてみましょう。

JACリクルートメントと併用することで年収アップが狙えるサービス

年収アップが狙えるJACリクルートメント以外のサービス① リクルートダイレクトスカウト(旧CAREERCARVER)

リクルートダイレクトスカウト(旧CAREERCARVER)は、ハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向け転職エージェントです。

ヘッドハンターの得意業界・実績などのプロフィールを見た上で、自分からヘッドハンターを指名出来るため、「合わなかった」を防ぎつつ、余計な手間やストレスを削減できます。

加えて、年収800〜2000万円の求人が多数あり、ヘッドハンターから自分にマッチした求人を紹介してくれるのも嬉しいポイントです。

求人の種類も中間管理職から代表ポジションまで幅広くあるので、JACリクルートメントとあわせて使えば選択肢が多くなり、年収アップの可能性も高くなるサービスになっています。

リクルートダイレクトスカウト(旧CAREERCARVER)

年収アップが狙えるJACリクルートメント以外のサービス② ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズの紹介画像

ロバート・ウォルターズは、外資系企業や日系グローバル企業に特化した転職支援を行っているエージェントです。

求人は全て年収500万円以上となっており、世界有数のグローバル企業はもちろん、ベンチャー企業や中小企業など幅広く取り扱っているので、JACリクルートメントと併用すれば年収アップの確率も高まります。

また、志望している企業や業種に合わせて面接対策などをしてくれるので、無駄なく転職活動を進められるでしょう。

詳しくはこちらのページ「外資系企業に強いロバート・ウォルターズ!」でも紹介しているので、気になった人はぜひご覧ください。

↓利用無料・簡単登録!↓

外資系なら ロバート・ウォルターズ!

年収アップが狙えるJACリクルートメント以外のサービス③ パソナキャリア

パソナキャリアの紹介画像

パソナキャリアは16,000社もの求人情報を扱っており、オリコン顧客満足度(R)調査で転職エージェント2年連続第1位と非常に優秀なエージェントサービスです。

また、カウンセラーのコンサルティング力を向上するため、企業の採用担当者を招いて勉強会を開催する、複数の人材紹介会社が参加するコンテストに出る、などの取り組みを行なっています。

加えて、土曜日もカウンセリングなどをしてくれるので、平日い時間が取れない人でも安心です。

高いコンサルティング力をベースに、非常に丁寧なカウンセリングが受けられるので、年収をアップしたい人はJACリクルートメントと併用するべきでしょう。

詳細が知りたい人は「パソナキャリアの評判や特長について徹底解説!」のページでサービスについて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

↓利用無料・簡単登録!↓

顧客満足度で選ぶなら パソナキャリア!

JACリクルートメントでの転職で年収アップしやすい・しづらい人まとめ

指し棒を持つ女性

これまで、JACリクルートメントを使って転職した際、年収がアップしやすい人の特徴などを解説してきましたが、いかがでしょうか?

今一度、年収がアップしやすい人、しづらい人を振り返ってみましょう。

JACリクルートメントを使って転職した時
年収アップしやすい人
▼年齢以上のスキルを保有している人
・30代ならリーダー経験に+αの知識をつけるなどで、自分の市場価値を高める

▼企業研究、自己分析ができている人
・性格などを掘り下げる訳ではない
・自分のスキルや実績などを棚卸し、客観的にみる
・客観的な情報はアピールに有効

▼英語力が一定以上の人
・JACリクルートメントは外資系などに強い
・最低でもTOEIC700点、可能なら800点を目指す
JACリクルートメントを使って転職した時
年収アップしづらい人
▼年代に見合ったスキルしかない人
・30代に求められるマネジメントスキルなどは、あくまでも基本的なもの
・基本スキルを持っていても、付加価値になりづらい

▼条件や希望に凝りすぎている人
・自分が属する業種、業界には経験を活かせる場面が多い
・この職種「だけ」のように条件に凝りすぎると、チャンスを逃す可能性がある

JACリクルートメントで転職する際、できれば年収アップを目指したいですよね。

しかし、全ての利用者が年収アップする訳ではなく、アップするためのポイントがいくつかあるので、しっかり押さえておきましょう。

また、今回紹介したリクルートダイレクトスカウト(旧CAREERCARVER)ロバート・ウォルターズパソナキャリアの3つは、ACリクルートメントと併用することで年収アップが狙えるサービスになっています。

理想の転職をするためにも、この機会を逃さず登録・申込みをしてみてはいかがでしょうか。







CLABELには、自分にマッチした転職サービスを絞り込み検索できる機能を搭載!気になるサービスがあればそのまま登録も可能なので、ぜひお試しください!

あなたに最適な転職サービスを検索!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら