【最新版】看護師におすすめ転職エージェント3社を比較紹介!

219 Views

「看護師の転職ってどうしたらいいの?」「そもそも、看護師用のサービスってあるの?」と悩んではいませんか?

確かに、看護師は深い専門知識が求められますし、転職しようにもどうすればいいか迷ってしまいますよね。

そんな人のために、本記事では看護師の人にオススメの転職エージェントを3社紹介します。

もし転職エージェントの仕組みがわからない人でも、この記事を読んだ後には、しっかりと活用できる人になっていますので、ぜひお役立てください!

看護師にオススメの転職エージェント!

【調査対象】看護師向け転職エージェント3社
【調査日時】2021/05/25
【集計方法】公式HPに掲載のデータを元に集計
【調査内容】求人数総計/施設数/求人の多い地域 等

各サービスの比較一覧

看護師にオススメの転職エージェント比較画像
サービス名求人数施設数
看護のお仕事118,701件5種
医療ワーカー57,686件6種
MCナースネット15,181件15種

※2021年5月25日現在の情報をもとに制作しているため、それぞれのエージェント公式発表のデータと異なる場合があります。

ここでは、看護師の転職に特にオススメな「看護のお仕事」「医療ワーカー」「MCナースネット」の3社を紹介しています。

では、実際に各サービスについて見てみましょう!

最多求人数:看護のお仕事

看護のお仕事の紹介画像

看護のお仕事の求人数・特徴

求人数公開求人数:118,701件
強い地域東京、神奈川、大阪、愛知、福岡
施設数5種
特徴・求人数はトップクラス
・累計利用者数40万人以上
・職場訪問した情報を元に求人を紹介
メリット・電話、LINEでどこでも相談が可能
・職場の内情を知ることができる
・入社後フォローも受けられる

看護のお仕事の評判・特徴

CLABEL編集部より一言

CLABEL
編集部
看護のお仕事は、「レバレジーズメディカルケア株式会社」が運営している、看護師専門の転職エージェント。求人数は118,701件とトップクラス!また、実際に職場を訪問した情報を元にサポートしてくれるので、転職後の「なんか違うかも」が防げます。看護師なら登録するべきサービスです!

↓利用無料・簡単登録!↓

看護のお仕事

応援看護師なら:医療ワーカー

医療ワーカーの紹介画像

医療ワーカーの求人数・特徴

求人数公開求人数:57,686件
強い地域東京、大阪、愛知、兵庫、神奈川
施設数6種
特徴・幅広い働き方ができる
・応援看護師の求人もある
・面接への同行もしてくれる
メリット・出張面談で遠方でも安心
・条件などの交渉も代行
・専任アドバイザーがサポート

医療ワーカーの詳細

CLABEL編集部より一言

CLABEL
編集部
医療ワーカーは、「株式会社トライトキャリア」が運営している、看護師専門の転職エージェントです。応援看護師など幅広い求人を保有しています。また、出張面談などもしているので、遠方に住んでいる人でも安心!看護師の転職なら登録して損はないでしょう。

↓利用無料・簡単登録!↓

医療ワーカー

施設数最多!:MCナースネット

MCナースネットの紹介画像

MCナースネットの求人数・特徴

求人数公開求人数:15,181件
強い地域大阪、東京、愛知、神奈川、千葉県
施設数15種
特徴・ツアーナースなどの求人多数
・転職はもちろん、派遣や単発も対応
・面接に同行してくれるサービスあり
メリット・転職活動中に単発で働ける
・面接をはじめ、転居などの相談も可
・正社員から派遣まで幅広く選べる

MCナースネットの詳細

CLABEL編集部より一言

CLABEL
編集部
MCナースネットは「株式会社 メディカル・コンシェルジュ」が運営している、看護師特化の派遣・転職エージェントサービスです。施設数は病院やツアーナースなど15種類!また、単発求人もあるので、転職活動のつなぎとしても使えます。看護師で転職を考えているなら、ぜひ登録をオススメします!

↓利用無料・簡単登録!↓

MCナースネット

転職エージェント選びのポイントは?

転職エージェントを選ぶ時は、キャリアアドバイザーは優秀か、自分と合っているかの2点を軸に選びましょう。

基本的に、キャリアアドバイザーとの相性は、会って話さないとわかりませんよね。

また、いくら自分と合っていてもズレたアドバイスばかりだと、利用した意味がありません。

優秀なキャリアアドバイザーの見極めポイント
1.真剣に相談にのってくれるかどうか
2.自分の希望職種などに精通しているか
3.自分に合った求人を紹介してくれるか
4.求人紹介の際に理由を教えてくれるか

そのため、「この人なら信頼できる」と感じるかに加えて、上記ポイントをクリアしているかどうかをチェックしましょう。

転職エージェントの活用方法って?

転職エージェントでは、基本的に以下の流れでサポートが進んでいきます。

転職エージェントの流れ画像

これらを踏まえて、本章では1〜4ステップにおけるポイントを解説していきますので、しっかりと把握しましょう!

ステップ1.登録

登録のポイント
転職エージェントを複数登録しよう
1.転職エージェントによって求人が異なるため
2.キャリアアドバイザーを見極めるため

転職エージェントは、大きく総合型と特化型の2種類に分かれます。

総合型・特化型転職エージェントの比較画像

そのため、最低でも総合型に2つ、特化型に1つの合計3つに登録をしましょう。

理由1.転職エージェントによって求人が違う

転職エージェントは、各社それぞれ契約先の企業も異なります。

もちろん、一部は被っていることもありますが、A社しか持っていない求人、といったものも出てきます。

保有求人の説明画像

これらは、通常”非公開求人”などと呼ばれ、一般的に出回っている求人と違い、その転職エージェントでなければ紹介を受けられません。

したがって、複数登録することで”非公開求人”を色々と吟味でき、その分チャンスも増えます。

理由2.キャリアアドバイザーを見極めるため

転職エージェントを選ぶ際はキャリアアドバイザーの質が重要になってきます。

キャリアアドバイザーは全員が全員、同じ考えではありません。

キャリアアドバイザーの説明画像

したがって、本当に自分にあった指針・アドバイスかどうかを比較するためにも複数登録が必須になってきます。

そうすることで、知識量なども比較検討できるので、納得できる転職活動がしやすくなります。

ステップ2.面談・求人紹介

面談・求人紹介のポイント
・嘘はつかず、心を開く
・求人紹介の理由を聞く

転職エージェントでもっとも重要なのが、”面談・求人紹介”です。

ここで失敗してしまえば、今後の転職活動に大きく影響がありますし、後悔だけが残る転職になってしまいます。

ここでは、押さえておきたいポイントとして、上記2つをお伝えします。

嘘はつかず、心を開く

転職エージェントで一番してはいけないのは、嘘をついてしまうこと。

もし嘘をついてしまったら信用もなくなり、サポートの継続を拒否される場合もあります。

したがって、転職エージェントを使うなら嘘はつかず、できるだけ心を開いてキャリアアドバイザーを信用することが大事です。

そうすると、キャリアアドバイザー側もなるべく理解しようと歩み寄ってくれますし、その分的確なサポートを受けやすくなリます。

求人紹介の理由を聞く

転職エージェントで求人紹介をされた際は、なぜこの求人を紹介したのかの理由を聞きましょう。

求人紹介の理由の説明画像

それによって、キャリアアドバイザーの理解度も測れますし、自分も納得して応募ができます。

もちろん、理由を聞いた上で「ちょっと違うな」と思ったら、その理由とともに応募を断ることも可能です。

ステップ3.応募・各種選考

応募・各種選考のポイント
・面接時のフィードバックを聞く
・聞き忘れたことはキャリアアドバイザーに伝える

続いて”応募・各種選考”です。

このステップでは、キャリアアドバイザーをうまく使えるかどうかで、大きく結果が変わるといっても過言ではありません。

ここでは上記2つをお伝えしますので、転職エージェントならではの利用方法がありますので、しっかりと理解しましょう!

面接時のフィードバックを聞く

転職エージェントでは、面接後に企業担当者からフィードバックをもらえることがあります。

そのため、可能であれば、面接時のフィードバックを聞いておくことを忘れないようにしましょう。

できれば、面接後すぐに、担当のキャリアアドバイザーへ電話での確認がベストです。

そうすることで、企業側から見た自分の良い点、悪い点が把握でき、万が一面接に落ちても次に活かすことができます。

聞き忘れたことは担当者に伝える

もし、面接で聞き忘れたことや伝え忘れたことがあれば、担当のキャリアアドバイザーへ伝えましょう。

転職エージェントでは面接後にフォローアップとして、聞きそびれたことなどを企業側にヒアリングなどをしてくれます。

フォローアップ説明画像

また、面接を通して”絶対にここで働きたい!”と思った場合は、その志望度合いの変化や熱意を伝えることも忘れずに。

キャリアアドバイザーが企業へフォローアップをする際、その熱意なども一緒に伝えてくれるので、伝えない場合と比べると有利になります。

ステップ4.内定

内定のポイント
・内定通知書と差異があれば確認
・オファー面談はキャリアアドバイザーを活用

最後は”内定”をもらった段階です。

内定をもらったあとでも、転職エージェントを利用する上で外せないポイントがあります。

内定通知書と差異があれば確認

転職エージェントでは、キャリアアドバイザー経由で採用通知書を受け取る場合があります。

その際、採用担当者の話や求人内容と食い違いがあった場合、疑問がある場合は、確認はキャリアアドバイザー経由で行いましょう。

内定通知書との差異の説明画像

例えば、給与欄の●●とはどういう意味か、といった内容でも全く問題ありません。

また、ほとんどの項目で疑問点がある、などの場合は面談で聞いた方が早いこともありますので、キャリアアドバイザーに面談をお願いすることも検討しましょう。

オファー面談はキャリアアドバイザーを活用

内定後によく実施されるオファー面談も、転職エージェントをうまく活用しましょう。

例えば、異動や残業など、聞きたいけどなかなか聞きづらいこともありますよね。

そんな時には、キャリアアドバイザーへその旨を伝えると、企業側へ確認をしてくれます。

また、オファー面談が実施されない場合で、どうしても不安な時はキャリアアドバイザーへオファー面談の調整依頼をしておくこともオススメです。

忙しい看護師こそ転職エージェントがオススメ!

看護師の仕事は人の命を預かる仕事であるがゆえに、昼夜問わず忙しく、転職したくても時間が取れない人もいるでしょう。

そんな時は、一人で悩まずに転職エージェントの利用がオススメです。

転職エージェントなら自分の負担も減りますし、一人よりも効率的に転職活動が行えます。

今回紹介したサービスは、どれも看護師の転職なら登録しておいて損はありませんので、この機会に”とりあえず”でも登録してみましょう!

看護師にオススメの転職エージェント

看護師の転職にオススメの転職エージェント
求人数最多看護のお仕事
・求人数はトップクラス
・累計利用者数40万人以上
・職場訪問した情報を元に求人を紹介
応援看護師ならこちら医療ワーカー
・幅広い働き方ができる
・応援看護師の求人もある
・面接への同行もしてくれる
最多施設数MCナースネット
・ツアーナースなどの求人多数
・転職はもちろん、派遣や単発も対応
・面接に同行してくれるサービスあり
CLABELには、自分にマッチした転職サービスを絞り込み検索できる機能を搭載!気になるサービスがあればそのまま登録も可能なので、ぜひお試しください!
あなたに最適な転職サービスを検索!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら