マイナビキャリレーションの選考のコツは?各選考で意識することを解説

16 Views

マイナビキャリレーションの選考のコツのアイキャッチ画像
本記事では、マイナビキャリレーションの選考に受かるためのコツを解説しています。マイナビキャリレーションでは各選考ごとに意識するポイントが違うので、しっかりと理解して後悔のないようにしましょう!

マイナビキャリレーションの選考は何をする?

考える・迷うスーツの女性

マイナビキャリレーションの選考には、一次選考をはじめ、二次選考・最終選考の計3つがあります。

一次選考は面談形式の比較的カジュアルなものですが、その後は一気に難しくなりますので、しっかりとした対策が必要です。

本記事では、選考に受かりやすくするコツをお伝えしますので、しっかりと把握して後悔のない転職をしましょう!

マイナビキャリレーションの選考のコツ

書類を見る女性
マイナビキャリレーションの選考で
受かりやすくするコツ
▼一次選考
・転職の理由をはっきりさせる
・なぜ事務職なのかに絞ってアピールする

▼二次選考
・スキル、経歴を掘り下げて伝える
・条件や希望を広く設定する

▼最終選考
・チームを意識する
・失敗をチャンスと捉える

マイナビキャリレーションの選考では、各選考で意識するポイントが異なります。

ここでは、各選考ごとに詳しくお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

一次選考は理由や志望動機を意識する

一次選考に受かりやすくするコツ
・転職の理由をはっきりさせる
・なぜ事務職なのかをアピールする

マイナビキャリレーションの選考では、はじめにキャリアアドバイザーとの一次選考から始まります。

面談形式で進むので、あまり気負いすぎるのもNGですが、抑えるところはしっかりと押さえておきましょう。

転職の理由をはっきりさせる

転職理由をはっきりさせておけば、マイナビキャリレーションの選考も通過しやすくなるでしょう。

もし、転職理由が曖昧であれば、「事務職である理由がないし、すぐに辞めそうかも」と取られてしまう可能性も高くなってしまいます。

そのため、転職の理由や、自分のスキルは事務職でどう生かせるのか、転職先で何を成し遂げたいのかを説明できるようにしておきましょう。

なぜ事務職なのかをアピールする

また、なぜ事務職なのかに絞ってアピールすることも、マイナビキャリレーションの選考に受かりやすくするコツです。

なぜなら、「楽な仕事がしたかったから」「なんとなく事務職に憧れていたから」などの理由を挙げても、「別の職種でもいいのでは」となってしまいがちだからです。

そのため、「前職では●●を経験した、だから〜」のように、前職と関連づけるようにして事務職を希望する理由を伝えましょう。

二次選考はスキルなどの深掘りを意識する

二次選考に受かりやすくするコツ
・スキルや経歴を掘り下げて伝える
・条件や希望を広く設定する

マイナビキャリレーションの選考の流れとして、一次選考に通過すれば、企業担当と面接をする二次選考に移ります。

これは一次選考とは異なり、より仕事に直結した選考になるので、転職理由などをはっきりとと答えられるようにしておきましょう。

スキル、経歴を掘り下げて伝える

マイナビキャリレーションの選考を通過したいなら、スキル、経歴を掘り下げて伝えるべきです。

Aさん
「前職のコールセンターでは、主にデータ入力やマニュアル作成をしていました」

Bさん
「前職のコールセンターでは、主に社内のシステムへ応答率などのデータ入力を担当し、それを元に応答率向上のためのマニュアル作成を担当していました」

上記例のように、具体的な仕事内容などを掘り下げて伝えることで能力のバロメーターにもなりますので、端的な説明は避けるようにしましょう。

また、可能であれば具体的な数値や実績なども織り交ぜて伝えると、よりベターです。

条件や希望を広く設定する

条件や希望を広く設定するのも、マイナビキャリレーションの選考に受かりやすくためのコツです。

転職をする時、自分の希望や条件に合った企業を探しがちですが、企業が求めているのは”任せたい仕事ができる”人材です。

そのため、事前に条件や希望の優先度をつけておくと、間口も広くなり、本当に転職をしたい理由もブレずに済むでしょう。

最終選考はチームプレーを意識する

最終選考に受かりやすくするコツ
・チームを意識する
・失敗をチャンスと捉える

マイナビキャリレーションの選考では、最後に最終選考と呼ばれる実践研修が行われます。

ここでは、チームで動く能力や研修に対する姿勢が問われますので、慌てないようにしっかりと準備しましょう。

チームを意識する

チームを意識することで、マイナビキャリレーションの選考も通過しやすくなります。

1人で仕事をこなし続けるのも重要ですが、事務職は他メンバーのサポートや来客対応など、業務範囲は多岐に渡ります。

そのため、周りの進捗などに目を向けつつ、コミュニケーションを取りながら作業を進める姿勢を見せれば、選考通過の確率もグッと高まるでしょう。

失敗をチャンスと捉える

失敗をチャンスと捉えることも、マイナビキャリレーションの選考を通過する上で重要なポイントです。

どうしても、失敗してしまうと落ち込んでしまい、残っている仕事も手をつけられなくなってしまいますよね。

しかし、そんな時でもしっかりと報連相を心がけ、素早いリカバリーに努めれば、「切り替えが早く頼りになる」とポジティブな印象を与えることができます。

したがって、万が一失敗してしまった時は、連携力などを発揮できるチャンスだと考え、前向きな姿勢を見せるようにしましょう。

マイナビキャリレーションの選考のコツまとめ

プレゼンするスーツの女性

最後に、もう一度マイナビキャリレーションの選考を通過しやすくするコツを振り返ってみましょう。

マイナビキャリレーションの選考で
受かりやすくするコツ
▼一次選考
・転職の理由をはっきりさせる
・なぜ事務職なのかに絞ってアピールする

▼二次選考
・スキル、経歴を掘り下げて伝える
・条件や希望を広く設定する

▼最終選考
・チームを意識する
・失敗をチャンスと捉える

マイナビキャリレーションの一次選考は面談形式ですが、その後はいきなり難しくなってしまいます。

しかし、抑えるべきポイントをしっかりと理解していれば、通過する確率も高くなりますので、しっかりと把握しておきましょう!

CLABEL編集部オススメ!
マイナビキャリレーションと併用したいサービス
就職Shop
・高卒・中卒などから入社多数
・書類選考なしで面談可能
・学歴、経歴不問の求人が多め
DYM就職
・未経験歓迎求人が多く、就職率も96%
・書類選考なしで面談可能
・扱っている求人は正社員のみ
doda
・国内最大級の求人情報数
・パートナーエージェントサービスで手軽にエージェントサービスを検討・面談可能
CLABELには、転職サービスを絞り込み検索できる機能を搭載しています。興味があるサービスを見つけたらそのまま登録も可能なので、ぜひお試しください!
あなたに最適な転職サービスを検索!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら