マイナビキャリレーションの最終選考で不採用になる人の特徴は?不採用の時の対処法も解説!

24 Views

マイナビキャリレーションの最終選考で不採用になる人の特徴は?アイキャッチ画像
本記事では、マイナビキャリレーションの最終選考で不採用になりがちな人の特徴と対処法を解説しています。次に繋げるためにも、しっかりと原因などを把握しましょう!

マイナビキャリレーションの最終選考は不採用になりやすい?

悩むスーツの男性

マイナビキャリレーションで実施される最終選考は他のサービスと違い実践型のため、ポイントを押さえておかなければ不採用の確率も上がります。

ですが、面接とは違い実践型となると、なぜ不採用になったのか、の原因を深掘りしづらく、対処も取りにくいですよね。

本記事では、マイナビキャリレーションの最終選考で不採用になりやすい人の特徴や対処法などを解説しているので、次に繋げるためにもぜひ参考にしてください。

マイナビキャリレーションの最終選考で不採用になりやすい人

落ち込む男性
マイナビキャリレーションの最終選考で
不採用になりやすい人の特徴
・協調性が不足している人
・積極性が不足している人
・考え抜く力が不足している人
・失敗を改善に繋げられなかった人

マイナビキャリレーションの最終選考で、不採用になりやすい人の特徴は大きく4つに分けられます。

どれも欠かせないものなので、どれが当てはまっているかをしっかりと把握しておきましょう。

協調性が不足している人

マイナビキャリレーションの最終選考では、協調性が不足している人は不採用になりやすいと言えます。

最終選考は実際の職場を模した形式で進んでいきますが、特殊な仕事を除いて、”誰か”と協力しなければ仕事はできません

そのため、自分の意見を絶対に曲げない場合や相手の言うことを聞かずに独走してしまった場合は、「協調性が不足している」と判断され、不採用になる可能性も高くなるでしょう。

積極性が不足している人

積極性が不足していると判断されてしまった場合も、マイナビキャリレーションの最終選考で不採用になりがちです。

例えば、「どうせ選考だし」と何もしない人がいれば、その分仕事も停滞しますし、「やる気がないのでは」と感じてしまいますよね。

このように、選考ではあるものの、出された指示に対し率先して取り組む姿勢がなければ、最終選考は突破しづらいでしょう。

考える力が不足している人

マイナビキャリレーションの最終選考で不採用になりがちな人の特徴は、考える力が不足している人だと言えるでしょう。

なぜなら、すぐに聞いてしまう場合「自分で考えていないのかな」「結局自分がするなら任せづらいな」と取られてしまいがちだからです。

もちろん、人に聞くことは悪いことではありません。

しかし、なんでもすぐに人に聞いてしまう人は、「もしかすると配属先でやっていけないかも」と判断され、結果不採用になる可能性も増すでしょう。

失敗を改善に繋げられない人

マイナビキャリレーションの最終選考で不採用になりがちな人の特徴最後は、失敗を改善に繋げられない人です。

選考のコツでも解説していますが、失敗をそのままにせず、次に活かすためにはどうすればいいかを把握すれば、失敗はいい判断材料になります。

しかし、失敗したことをそのままにしてしまったり、「どうせ誰かが対処してくれる」と誰にも言わなければ、実際に働く際にトラブル拡散の原因にもなりかねません。

したがって、失敗を失敗と認め、前向きに対処する姿勢が見られなければ、「配属先でトラブルを起こしかねない」と不採用になってしまうでしょう。

マイナビキャリレーションの最終選考で不採用になった時の対処法

理解するスーツの男性

マイナビキャリレーションの最終選考が不採用だった場合、「すぐに積極性は身につかないし」と、次どうするべきか悩みますよね。

そんな時は、素直に転職エージェントの力を借りましょう

転職エージェントなら自分に何が足りないのか、その弱みを成長できる企業はどこかを、プロの目線からアドバイスしてくれます。

ここでは、CLABEL編集部厳選のdoda、パソナキャリア、DYM就職の3つを紹介しますので、ぜひこの機会に登録をしてみましょう!

マイナビキャリレーションで不採用になった時に使うべきサービス

マイナビキャリレーションで不採用になったらコレ!① doda

dodaの紹介画像

dodaは、国内最大級の求人情報数を誇る転職サイトです。

dodaのエージェントサービスなら電話・メール・LINEなどで連絡が取れるので、マイナビキャリレーションの最終選考で不採用になった後でも、迅速なリカバリーが可能です。

また、パートナーエージェントサービスと呼ばれる、400社以上の転職エージェントからスカウトメールが届くサービスもあるので、自分にあったエージェントサービスを検討・面談することが可能です。

サービスの詳細についてはこちらのページ「dodaのエージェントサービスには登録すべき?」で解説しているので、ぜひチェックしてみましょう。

↓利用無料・簡単登録!↓

手軽に利用するなら doda!

マイナビキャリレーションで不採用になったらコレ!② パソナキャリア

パソナキャリアの紹介画像

パソナキャリアは16,000社もの求人情報を扱っており、オリコン顧客満足度(R)調査で転職エージェント2年連続第1位と非常に優秀なエージェントサービスです。

また、カウンセラーのコンサルティング力を向上するため、企業の採用担当者を招いて勉強会を開催する、複数の人材紹介会社が参加するコンテストに出る、などの取り組みを行なっています。

非常に丁寧なカウンセリングが受けられるので、マイナビキャリレーションの最終選考で不採用になってしまった人は、ぜひ登録するべき転職エージェントサービスです。

詳細が知りたい人は「パソナキャリアの評判や特長について徹底解説!」のページでサービスについて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

↓利用無料・簡単登録!↓

顧客満足度で選ぶなら パソナキャリア!

マイナビキャリレーションで不採用になったらコレ!③ DYM就職

DYM就職の紹介画像

DYM就職は、株式会社DYMが運営している、フリーターなどに強みを持つ転職支援サービス(転職エージェント)です。

未経験歓迎求人が多く就職率も96%と高い点が特徴であり、扱っている求人は正社員のみなので、経歴が浅い人でも十分正社員を狙えるサービスになっています。

また、基本的には書類選考なしで面接が可能なので、マイナビキャリレーションの最終選考で不採用になった時でも、負担も少なく次へ挑戦できるでしょう。

詳しくはこちらのページ「フリーターなどの転職に強いDYM就職」で紹介しているので、ぜひご覧ください。

↓利用無料・簡単登録!↓

未経験からの転職なら DYM就職!

マイナビキャリレーションの最終選考で不採用になりがちな人まとめ

指し棒を持つ女性

これまで、マイナビキャリレーションの最終選考で不採用になりやすい人の特徴などを解説してきましたが、いかがでしょうか?

頑張って一次面接(選考)などを通過しても、最終選考で不採用になってしまったら「どうしよう」と悩みますよね。

しかし、そんな時でも原因は必ずありますので、しっかりと理由や原因を深掘りして、次へ繋げましょう。

マイナビキャリレーションの最終選考で
不採用になった時に使いたいサービス
doda
・国内最大級の求人情報数
・パートナーエージェントサービスで手軽にエージェントサービスを検討・面談可能
パソナキャリア
・2年連続顧客満足度第1位
・カウンセリング力向上の取り組みをしており、丁寧なカウンセリングが受けられる
DYM就職
・未経験歓迎求人が多く、就職率も96%
・書類選考なしで面談可能
・扱っている求人は正社員のみ
CLABELには、転職サービスを絞り込み検索できる機能を搭載しています。興味があるサービスを見つけたらそのまま登録も可能なので、ぜひお試しください!
あなたに最適な転職サービスを検索!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら