マイナビキャリレーションの面接は落ちることがある?その理由と落ちた時の対処法を解説!

24 Views

マイナビキャリレーションの面接は落ちることがある?アイキャッチ画像
本記事では、マイナビキャリレーションの面接に落ちた時の理由を主に解説しています。また、落ちた時の対処法も解説しているので、ぜひ本記事を参考にしてください。

マイナビキャリレーションの面接は落ちる?

悩むスーツの男性

結論から言うと、マイナビキャリレーションの面接は落ちることもあります。

なぜなら、マイナビキャリレーションが採用している働き方が「無期雇用派遣」といった、雇用期間に制限がないものだからです。

そのため、長期的な戦力となるかどうかがポイントとなり、その分一次選考(面接)なども突破しにくくなってしまいます。

本記事では、面接で落ちてしまう人の特徴などをお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

マイナビキャリレーションの面接で落ちた時の理由

下を指すスーツの男性
マイナビキャリレーションの
面接で落ちた時の理由
・転職の意志が弱いと取られがちな場合
・30代以上の場合
・スキルや資質が原因の場合
・コミュニケーション力が原因の場合

マイナビキャリレーションの面接で落ちた時は、上記4つに当てはまっていないかを確認しましょう。

どれも要因としてありがちなものなので、適切な対処をするためにも、ぜひ参考にしてください。

転職の意志が弱いと取られがちな場合

マイナビキャリレーションの面接で落ちた時、まずチェックするべきは転職意志が弱いのでは、と判断されていないかどうかです。

就業中や特別な理由を除いて、「今はちょっと」「できれば再来年くらい」などと明らかに意志が弱い場合、「今は転職したくないんだな」となりますよね。

もちろん、前向きだからといって、絶対に面接を通過する訳ではありません。

しかし、どの質問にも曖昧な返事をしてしまうなど、意志が弱いと判断されてしまう行動をとってしまうと、結果面接で落ちてしまう可能性も十分あり得ますので、注意が必要です。

30代以上の場合

30代以上の場合も、マイナビキャリレーションの面接で落ちやすいと言えるでしょう。

マイナビキャリレーションの利用者層は、2020年4月10日時点で96.3%が20代であり、30代の登録者は2.5%となっています。

そのため、企業の採用ターゲット層も20代をメインとしてしまいがちなため、結果30代だと選考も突破しづらくなってしまうでしょう。

条件や希望が多すぎる場合

条件や希望が多すぎる場合、マイナビキャリレーションの面接で落ちやすいと言えます。

例えば、月収50万円以上、駅から徒歩5分、11時〜17時勤務、土日休み、データ入力のみ、などであれば求人も稀ですよね。

このように、条件や希望があまりにも多く、条件に合う求人を紹介できないと判断された場合は、面接でも落ちやすくなってしまうので気をつけましょう。

コミュニケーション力が原因の場合

マイナビキャリレーションの面接で落ちた時は、コミュニケーション力に原因がなかったかを振り返りましょう。

面接は、自分の人柄や印象、スキルをチェックするための場です。

そのため、「は?」「意味わかんない」など、ビジネスの場にふさわしくない言葉遣いをしてしまうと、”適切なコミュニケーションが出来ていない”と落ちてしまうこともあります。

また、「事務職を希望した理由は?」「朝ごはんが美味しいから」など、質問の意図とは違う返答をしてしまうのも、コミュニケーション力が不足しているのでは、と取られてしまいがちなので、注意しましょう。

マイナビキャリレーションの面接で落ちた時の対処法

理解するスーツの男性
マイナビキャリレーションの
面接で落ちた時の対処法
・条件や希望を広く設定する
・資格を取ったりスキルを磨く
・他サービスを検討する

マイナビキャリレーションの面接で落ちた時の対処法は、大きく上記3つに分けられます。

迅速にリカバリーをするためにも、しっかりと把握しましょう!

条件や希望を広く設定する

条件や希望を広く設定することは、マイナビキャリレーションの面接で落ちた時に有効な対処法だと言えます。

しかし、ここで注意したいのは絞り込む数。

優先順位をつけ、可能なら1つ、最大でも2つ程度に設定しておきましょう。

そうすることで、自分が本当に希望していることや転職で大事にしている”軸”がわかりますし、間口も広がります。

したがって、出来るだけ条件は厳選し、可能性を広げておきましょう。

資格を取ったりスキルを磨く

資格を取ったりスキルを磨くことも、マイナビキャリレーションの面接で落ちた時に有効な対処法です。

なぜなら、資格を取ることで「どうしても働きたい!」といったアピール材料にもなりますし、合格までのスケジューリング能力もプラスに働くからです。

また、タイピング能力などのスキルを磨くことも入社後のバロメーター代わりになりますので、自分の付加価値を高めるためにも、資格を取ったりスキルを磨いておきましょう。

他サービスを検討する

マイナビキャリレーションの面接に落ちた場合、一番手軽で有効的な対処法は、他のエージェントサービスを使うことです。

資格を取ることやスキルを磨くのも有効的ですが、どうしても時間がかかってしまいますよね。

しかし、他サービスを使えば素早いリカバリーが可能になりますし、自分の弱みをカバーしつつ転職活動が可能になります。

ここでは、doda、パソナキャリア、DYM就職の3つを紹介しますので、ぜひこの機会に登録をしてみましょう。

マイナビキャリレーションの面接で落ちた時はコレ!① doda

dodaの紹介画像

dodaは、国内最大級の求人情報数を誇る転職サイトです。

dodaのエージェントサービスなら電話・メール・LINEなどで連絡が取れるので、マイナビキャリレーションの面接に落ちた後でも、迅速なリカバリーができるでしょう。

また、パートナーエージェントサービスと呼ばれる、400社以上の転職エージェントからスカウトメールが届くサービスもあるので、自分にあったエージェントサービスを検討・面談することが可能です。

サービスの詳細についてはこちらのページ「dodaのエージェントサービスには登録すべき?」で解説しているので、ぜひチェックしてみましょう。

↓利用無料・簡単登録!↓

手軽に利用するなら doda!

マイナビキャリレーションの面接で落ちた時はコレ!② パソナキャリア

パソナキャリアの紹介画像

パソナキャリアは16,000社もの求人情報を扱っており、オリコン顧客満足度(R)調査で転職エージェント2年連続第1位と非常に優秀なエージェントサービスです。

また、カウンセラーのコンサルティング力を向上するため、企業の採用担当者を招いて勉強会を開催する、複数の人材紹介会社が参加するコンテストに出る、などの取り組みを行なっています。

非常に丁寧なカウンセリングが受けられ、土曜日もカウンセリングなどをしてくれるので、マイナビキャリレーションに落ちた人は、ぜひ検討するべき転職エージェントサービスです。

詳細が知りたい人は「パソナキャリアの評判や特長について徹底解説!」のページでサービスについて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

↓利用無料・簡単登録!↓

顧客満足度で選ぶなら パソナキャリア!

マイナビキャリレーションの面接で落ちた時はコレ!③ DYM就職

DYM就職の紹介画像

DYM就職は、株式会社DYMが運営している、フリーターなどに強みを持つ転職支援サービス(転職エージェント)です。

未経験歓迎求人が多く就職率も96%と高い点が特徴であり、扱っている求人は正社員のみなので、経歴が浅い人でも十分正社員を狙えるサービスになっています。

また、基本的には書類選考なしで面接が可能なので、マイナビキャリレーションの面接で落ちてしまった場合でも、スピード感のある転職活動が可能になるでしょう。

詳しくはこちらのページ「フリーターなどの転職に強いDYM就職」で紹介しているので、ぜひご覧ください。

↓利用無料・簡単登録!↓

未経験からの転職なら DYM就職!

マイナビキャリレーションの面接で落ちた時の理由まとめ

指をさす女性

これまで、マイナビキャリレーション面接で落ちた時の理由などを解説してきましたが、いかがでしょうか?

マイナビキャリレーションには、研修制度など有用なサービスがありますが、どれも面接を通過しなければ受けられません。

本記事と合わせて、選考のコツなどをチェックしつつ、後悔しないように対策をしていきましょう!

マイナビキャリレーションの面接に
落ちた時に使いたいサービス
doda
・国内最大級の求人情報数
・パートナーエージェントサービスで手軽にエージェントサービスを検討・面談可能
パソナキャリア
・2年連続顧客満足度第1位
・カウンセリング力向上の取り組みをしており、丁寧なカウンセリングが受けられる
DYM就職
・未経験歓迎求人が多く、就職率も96%
・書類選考なしで面談可能
・扱っている求人は正社員のみ
CLABELには、転職サービスを絞り込み検索できる機能を搭載しています。興味があるサービスを見つけたらそのまま登録も可能なので、ぜひお試しください!
あなたに最適な転職サービスを検索!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら