【最新版】ゲーム業界に強い転職エージェントまとめ!

476 Views

ゲーム業界に強い転職エージェントまとめアイキャッチ画像

e-Sportsやソーシャルゲームなどで日々賑わっているゲーム業界。

一度は「今の職場を辞めてゲーム業界で働いてみたいな」と思った人もいるのではないでしょうか。

しかし、転職サービスを検討しようにも数が多すぎて、何がいいのか、どれから手をつけていいかわかりづらいですよね。

ここでは、そんな人に向けてCLABEL編集部厳選の”ゲーム業界に強い転職エージェント”を、5社紹介しています。

ゲーム業界へ挑戦したいと考えている人、一度は諦めてしまった人も、本記事を参考にゲーム業界へチャレンジしてみましょう!

ゲーム業界に強い転職エージェントまとめ

【調査対象】ゲーム業界に強い転職エージェント5社
【調査日時】2021/06/14
【集計方法】公式HPに掲載のデータを元に集計
【調査内容】ゲーム関連の求人数/求人割合による傾向 等

各サービスの求人傾向一覧

各サービスの求人傾向一覧画像
サービス名ゲーム関連
求人
求人傾向
マイナビ
クリエイター
855件
(公)
クリエイター系
マイナビIT AGENT1,079件
(公+非)
クリエイター系
レバテック
キャリア
735件
(公)
プログラマー系
リクルート
エージェント
9,718件
(公+非)
プログラマー系
doda948件
(公)
万能型

※2021年6月14日現在の情報をもとに制作しているため、それぞれのエージェント公式発表のデータと異なる場合があります。
※(公)公開求人、(非)非公開求人、(公+非)公開求人+非公開求人

ここでは、ゲーム業界への転職にオススメな「マイナビクリエイター」「マイナビIT AGENT」「レバテックキャリア」「リクルートエージェント」「doda」の5社を紹介しています。

では、実際に各サービスについて見てみましょう!

ゲーム業界に強い転職エージェント

マイナビクリエイター|ゲーム業界ならコレ!

ゲーム業界に強い転職エージェントマイナビクリエイター

マイナビクリエイターの求人数・特徴

ゲーム関連
求人
(公)855件
求人傾向クリエイター系
特徴・ゲーム、Web業界特化
・ポートフォリオ作成サービスあり
業界出身アドバイザーが在籍
メリット・ポートフォリオの作成もサポート
・個別の面接対策もしてくれる
・スケジュールを全て代行管理

マイナビクリエイターの評判・特徴

CLABEL編集部より一言

CLABEL
編集部
マイナビクリエイターは「株式会社マイナビワークス」が運営している、Web・ゲーム・IT業界専門の転職エージェント。ポートフォリオの作成サポートもしてくれるので、ある程度の経験者であれば満足のいく転職ができるでしょう。ゲーム業界への転職ならまず登録しておきたいサービスです。

\利用無料・簡単登録!/

マイナビクリエイター

マイナビIT AGENT|期間無制限で手厚いサポート

ゲーム業界への転職ならマイナビIT AGENT

マイナビIT AGENTの求人数・特徴

ゲーム関連
求人
(公+非)1,079件
求人傾向クリエイター系
特徴・IT業界専門
各社の特徴を考慮したサポート
・期間無制限のサポート
メリット・模擬⾯接をしてくれる
・手厚いサポートが受けられる
・土曜日も面談をしてくれる

マイナビIT AGENTの評判・特徴

CLABEL編集部より一言

CLABEL
編集部
マイナビIT AGENTは「株式会社マイナビ」が運営する、IT・Web関連業界への就職・転職に強いエージェント。各社の特徴を考慮した上でサポートしてくれるので、ピンポイントなアドバイスが得られること間違いなしです!

\利用無料・簡単登録!/

マイナビIT AGENT

レバテックキャリア|最速1週間での内定も!

ゲーム業界への転職にオススメレバテックキャリア

レバテックキャリアの求人数・特徴

ゲーム関連
求人
(公)735件
求人傾向プログラマー系
特徴・ITエンジニア、デザイナー専門
現役エンジニア等の添削サポート有
・職種別の専門チーム制でサポート
メリット・初回の提案での内定率は約90%
・カウンセリングから内定までが早い
・企業の内情を把握できる

レバテックキャリアの評判・特徴

CLABEL編集部より一言

CLABEL
編集部
レバテックキャリアは「レバテック株式会社」が運営している、ITエンジニアやデザイナー専門の転職エージェント。経験者寄りのサービスではありますが、現役ITエンジニアなどからサポートを受けられるので、ゲーム業界にチャレンジしたい人はぜひ登録をオススメします。

\利用無料・簡単登録!/

レバテックキャリア

リクルートエージェント|豊富な求人数!

ゲーム業界に挑戦するならリクルートエージェント

リクルートエージェントの求人数・特徴

ゲーム関連
求人
(公+非)9,718件
求人傾向プログラマー系
特徴・トップクラスの求人数
・サポートが豊富
業界特化のアドバイザーが在籍
メリット・独自の業界や企業情報がわかる
・面接力向上セミナーが受けられる
・手厚いサポートが受けられる

リクルートエージェントの評判・特徴

CLABEL編集部より一言

CLABEL
編集部
リクルートエージェントは「株式会社リクルートキャリア」が運営している転職エージェントです。総合型ではありますが、求人数はTOPクラス!また、面接力向上セミナーなども実施しているため、効率的に知識を取り入れつつ、ゲーム業界への転職が可能になるでしょう。

\利用無料・簡単登録!/

リクルートエージェント

doda|土曜日もカウンセリングOK!

ゲーム業界への転職に強いdoda

dodaの求人数・特徴

ゲーム関連
求人
(公)948件
求人傾向バランス型
特徴・エージェントサービスを比較できる
退職の交渉もしてくれる
・応募企業との各種交渉も代行
メリット・職場の雰囲気、内情がわかる
・手厚いサポートが受けられる
・レジュメビルダーで書類作成も簡単

dodaの評判・特徴

CLABEL編集部より一言

CLABEL
編集部
dodaとは、「パーソルキャリア株式会社」が運営している転職サイトです。エージェントサービスでは豊富なサポートで手助けをしてくれるだけでなく、退職サポートも展開しています。また、企業が求める人物像など内情も教えてくれるため、ゲーム業界へ転職するなら保険として登録しておきたいサービスです。

\利用無料・簡単登録!/

doda

ゲーム業界への転職は難しい?

よく目にするのは、「ゲーム業界への転職は難しい」といった内容です。

もちろん、「ゲームへの情熱や理解」だけをアピールしても、その情熱を活かすスキルがあるのかを説明できなければ、転職は困難になります。

しかし、自分のスキルがその役職で何に役立つのかを転職エージェントと相談し、対策すればそこまで難しくはないと言えるでしょう。

ゲーム業界の主な役職

ゲーム業界の主な役職例
プログラマー
企画や仕様書などをもとにプログラミングを担当。サウンドクリエイターなどと連携しつつ業務を行うため、コミュニケーションスキルも求められる。

グラフィックデザイナー
ゲームのUIやアイテム、キャラクターなどのグラフィックを主に担当。発想力を求められるだけでなく、柔軟な対応も必要になる。

プランナー
ゲームのストーリーや、世界観などの基本設計を担当。この設計をもとに仕様書などを作成し、各役職へ指示出しをする。主にマーケティング能力が求められる。

ディレクター
ゲーム開発の指揮を担当。ゲーム開発の監督的な立ち位置になる。プランナー同様、ヒットするゲームを作るための企画力や、リーダー性が問われる。

シナリオライター
ゲームの物語を主に担当。世界観に合うアイテム説明や、キャラクターを魅力的に見せる台詞回しなど、発想力や構成力が問われる。

サウンドクリエイター
ゲームの顔となるBGMや効果音などを担当。プランナーなどとも協力する必要があるため、発想力や作曲能力はもちろんコミュニケーションスキルも求められる。

テスター(デバッガー)
完成したゲームが正しく動くかのチェックを担当。仕様書通りに動くか、どの操作でバグが発生するかをチェック、報告する。耐久力と正確性を求められる。

ゲーム業界での立ち位置、役職は大きく分けると上記の7つになります。

まずは、転職エージェントを使い倒すためにも、今自分が持っているスキルがどの役職で役立つのか、をしっかり把握しましょう。

ゲーム業界に転職するときの学習本

ゲーム業界に転職する時のオススメ参考書

Unityの教科書 Unity 2020完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座



Unityの教科書 Unity 2021完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座

ゲーム業界に転職するなら、まずは読んでおきたい本が、この「Unityの教科書 Unity 2021完全対応版」です。

この本では、ゲームを作るときに必ずと言って良いほど使われている「Unity」と、Unityでゲームを作る際に必須となる「C#」が解説されています。

また、イラストなども豊富かつ実画面も載っているため、Unityを触ったことがなくても問題なし!

ゲーム業界を目指すなら、まずは持っておきたい一冊です。

ゲームシナリオの書き方 第2版 基礎から学ぶキャラクター・構成・テキストの秘訣



ゲームシナリオの書き方 第2版 基礎から学ぶキャラクター・構成・テキストの秘訣

ゲームのシナリオライターを目指すなら、まずはこの「ゲームシナリオの書き方 第2版」から始めましょう。

この本は、2006年に出版されたものの新版となっており、内容もブラッシュアップされ実例なども今どきになっています。

また、文字だけでなく適度に図や具体例などを使いつつ解説がされているので、初めてライターを目指す人でも理解がしやすいでしょう。

Mayaベーシックス 3DCG基礎力育成ブック



Mayaベーシックス 3DCG基礎力育成ブック

ゲームのグラフィックデザイナーになりたいのなら、「Mayaベーシックス 3DCG基礎力育成ブック」は絶対に読んでおきましょう。

この本は、Mayaと呼ばれる3DCGソフトの使い方を、実際の画面付きで解説されています。

内容も、ツールの操作方法やカメラなど、基礎の基礎が載っているので、順を追いながら覚えることができるでしょう。

ゲーム業界への転職で求められる能力

協調性やコミュニケーション力

協調性やコミュニケーション力見出し画像
必要とされる主な役職
ゲーム関連職全般

協調性やコミュニケーション力は、ゲーム業界のどの役職にも欠かせません。

ゲーム作成はプランナーやディレクターの指示に沿って行うだけでなく、他部署との密な連携が必須です。

そのため、個人プレイはある程度求められるものの、業務を遂行する上では協調性が重要になります。

独創的な発想や売れるゲームを企画する力

独創的な発想や売れるゲームを企画する力見出し画像
必要とされる主な役職
グラフィックデザイナー、プランナー
ディレクター、シナリオライター
サウンドクリエイター

発想力は、ゲームを作成する際特に重要です。

現実世界にはない要素が求められるため、いかに陳腐にならず、かつ独創的な世界観を作り上げられるか、がヒットへの近道になります。

また、市場を理解して売れるゲームを作ることも条件になるため、プランナーなどには、面白さと収益性を兼ね備えたものを企画する能力も求められるでしょう。

ゲームの開発能力やIT分野での開発経験

ゲームの開発能力やIT分野での開発経験見出し画像
必要とされる主な役職
プログラマー

開発能力は、ゲームプログラマーになるために必須です。しかし、ここでいう開発能力は”ゲームの開発”だけではありません。

もちろん、ゲーム開発スキルがあれば即戦力になれることは事実です。

しかし、趣味レベルでもスマホアプリの開発経験などの経験があれば、それをゲーム作成に流用できます。

そのため、可能なら個人レベルでもゲーム開発スキルにプラスアルファでアプリ開発経験などもしておくと、より優位に活動を進められるでしょう。

転職エージェント選びのポイント!

転職エージェントを選ぶ時は、キャリアアドバイザーは優秀か、自分と合っているかの2点を軸に選びましょう。

基本的に、キャリアアドバイザーとの相性は会って話さないとわかりませんよね。

また、いくら自分と合っていてもズレたアドバイスばかりだと、利用した意味がありません。

優秀なキャリアアドバイザーの見極めポイント
1.真剣に相談にのってくれるかどうか
2.自分の希望職種などに精通しているか
3.自分に合った求人を紹介してくれるか
4.求人紹介の際に理由を教えてくれるか

そのため、「この人なら信頼できる」と感じるかに加えて、上記ポイントをクリアしているかどうかをチェックしましょう。

転職エージェントの活用方法とは?

転職エージェントでは、基本的に以下の流れでサポートが進んでいきます。

転職エージェントの流れ画像

これらを踏まえて、本章では1〜4ステップにおけるポイントを解説していきますので、しっかりと把握しましょう!

ステップ1.登録

登録のポイント
転職エージェントを複数登録しよう
1.転職エージェントによって求人が異なるため
2.キャリアアドバイザーを見極めるため

転職エージェントは、大きく総合型と特化型の2種類に分かれます。

総合型・特化型転職エージェントの比較画像

そのため、最低でも総合型に2つ、特化型に1つの合計3つに登録をしましょう。

理由1.転職エージェントによって求人が違う

転職エージェントは、各社それぞれ契約先の企業も異なります。

もちろん、一部は被っていることもありますが、A社しか持っていない求人、といったものも出てきます。

保有求人の説明画像

これらは、通常”非公開求人”などと呼ばれ、一般的に出回っている求人と違い、その転職エージェントでなければ紹介を受けられません。

したがって、複数登録することで”非公開求人”を色々と吟味でき、その分チャンスも増えます。

理由2.キャリアアドバイザーを見極めるため

転職エージェントを選ぶ際はキャリアアドバイザーの質が重要になってきます。

キャリアアドバイザーは全員が全員、同じ考えではありません。

キャリアアドバイザーの説明画像

したがって、本当に自分にあった指針・アドバイスかどうかを比較するためにも複数登録が必須になってきます。

そうすることで、知識量なども比較検討できるので、納得できる転職活動がしやすくなります。

ステップ2.面談・求人紹介

面談・求人紹介のポイント
・嘘はつかず、心を開く
・求人紹介の理由を聞く

転職エージェントでもっとも重要なのが、”面談・求人紹介”です。

ここで失敗してしまえば、今後の転職活動に大きく影響がありますし、後悔だけが残る転職になってしまいます。

ここでは、押さえておきたいポイントとして、上記2つをお伝えします。

嘘はつかず、心を開く

転職エージェントで一番してはいけないのは、嘘をついてしまうこと。

もし嘘をついてしまったら信用もなくなり、サポートの継続を拒否される場合もあります。

したがって、転職エージェントを使うなら嘘はつかず、できるだけ心を開いてキャリアアドバイザーを信用することが大事です。

そうすると、キャリアアドバイザー側もなるべく理解しようと歩み寄ってくれますし、その分的確なサポートを受けやすくなリます。

求人紹介の理由を聞く

転職エージェントで求人紹介をされた際は、なぜこの求人を紹介したのかの理由を聞きましょう。

求人紹介の理由の説明画像

それによって、キャリアアドバイザーの理解度も測れますし、自分も納得して応募ができます。

もちろん、理由を聞いた上で「ちょっと違うな」と思ったら、その理由とともに応募を断ることも可能です。

ステップ3.応募・各種選考

応募・各種選考のポイント
・面接時のフィードバックを聞く
・聞き忘れたことはキャリアアドバイザーに伝える

続いて”応募・各種選考”です。

このステップでは、キャリアアドバイザーをうまく使えるかどうかで、大きく結果が変わるといっても過言ではありません。

ここでは上記2つをお伝えしますので、転職エージェントならではの利用方法がありますので、しっかりと理解しましょう!

面接時のフィードバックを聞く

転職エージェントでは、面接後に企業担当者からフィードバックをもらえることがあります。

そのため、可能であれば、面接時のフィードバックを聞いておくことを忘れないようにしましょう。

できれば、面接後すぐに、担当のキャリアアドバイザーへ電話での確認がベストです。

そうすることで、企業側から見た自分の良い点、悪い点が把握でき、万が一面接に落ちても次に活かすことができます。

聞き忘れたことは担当者に伝える

もし、面接で聞き忘れたことや伝え忘れたことがあれば、担当のキャリアアドバイザーへ伝えましょう。

転職エージェントでは面接後にフォローアップとして、聞きそびれたことなどを企業側にヒアリングなどをしてくれます。

フォローアップ説明画像

また、面接を通して”絶対にここで働きたい!”と思った場合は、その志望度合いの変化や熱意を伝えることも忘れずに。

キャリアアドバイザーが企業へフォローアップをする際、その熱意なども一緒に伝えてくれるので、伝えない場合と比べると有利になります。

ステップ4.内定

内定のポイント
・内定通知書と差異があれば確認
・オファー面談はキャリアアドバイザーを活用

最後は”内定”をもらった段階です。

内定をもらったあとでも、転職エージェントを利用する上で外せないポイントがあります。

内定通知書と差異があれば確認

転職エージェントでは、キャリアアドバイザー経由で採用通知書を受け取る場合があります。

その際、採用担当者の話や求人内容と食い違いがあった場合、疑問がある場合は、確認はキャリアアドバイザー経由で行いましょう。

内定通知書との差異の説明画像

例えば、給与欄の●●とはどういう意味か、といった内容でも全く問題ありません。

また、ほとんどの項目で疑問点がある、などの場合は面談で聞いた方が早いこともありますので、キャリアアドバイザーに面談をお願いすることも検討しましょう。

オファー面談はキャリアアドバイザーを活用

内定後によく実施されるオファー面談も、転職エージェントをうまく活用しましょう。

例えば、異動や残業など、聞きたいけどなかなか聞きづらいこともありますよね。

そんな時には、キャリアアドバイザーへその旨を伝えると、企業側へ確認をしてくれます。

また、オファー面談が実施されない場合で、どうしても不安な時はキャリアアドバイザーへオファー面談の調整依頼をしておくこともオススメです。

ゲーム業界への転職には転職エージェントを使おう

昨今、ゲーム業界はソーシャルゲームなどの影響もあり、成長著しい分野になっています。

ですが、いざゲーム業界に転職したい!と思っていても、闇雲に活動していては難易度も上がり、その分成功確率も低くなるでしょう。

しかし、そんな時は転職エージェントを利用することで、プロの目線からサポートを受けつつ、効率的に夢に向かってチャレンジすることが可能になります。

今回紹介したサービスは、どれもゲーム業界へ転職をしたい人にオススメのエージェントなので、夢を叶えるためにもぜひ登録してみましょう。

ゲーム業界に強い転職エージェント

CLABEL編集部厳選!
ゲーム業界に強い転職エージェント
ゲーム業界に強い転職エージェントマイナビクリエイター
マイナビクリエイター
・ゲーム、Web業界特化
・ポートフォリオ作成サービスあり
ゲーム業界出身アドバイザーが在籍
ゲーム業界への転職ならマイナビIT AGENT
マイナビIT AGENT
・IT業界専門
各社の特徴を考慮したサポート
・期間無制限のサポート
ゲーム業界の転職にオススメレバテックキャリア
レバテックキャリア
・ITエンジニア、デザイナー専門
現役エンジニア等の添削サポート有
・職種別の専門チーム制でサポート
ゲーム業界に挑戦するならリクルートエージェント
リクルートエージェント
・トップクラスの求人数
・サポートが豊富
業界特化のアドバイザーが在籍
ゲーム業界への転職に強いdoda
doda
・エージェントサービスを比較できる
退職の交渉もしてくれる
・応募企業との各種交渉も代行
CLABELには、自分にマッチした転職サービスを絞り込み検索できる機能を搭載!気になるサービスがあればそのまま登録も可能なので、ぜひお試しください!
あなたに最適な転職サービスを検索!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら