ネットビジョンアカデミーでは違約金が発生するって本当?違約金の発生条件や金額は?

5 Views

ネットビジョンアカデミーの違約金について解説した記事です。ネットビジョンアカデミーの違約金の発生条件や金額などを掲載していますので、ネットビジョンアカデミーへの登録を検討されている方は、是非参考にしてみてください。

ネットビジョンアカデミーでは違約金が発生するって本当?

驚くスーツの女性

ネットビジョンアカデミーは無料で利用できるスクール型転職エージェントですが、一般的なエージェントと違って、場合によっては違約金が発生することがあります

ですので、違約金があることを知らずに、安易に登録をしてしまうと大変です。

ネットビジョンアカデミーの利用を検討されている方は、どんな時に違約金が発生するのか、違約金はいくらかかるのか、などをしっかりとチェックするようにしましょう。

ネットビジョンアカデミーで違約金が発生する条件は?

悩むスーツの男性

ネットビジョンあるの無料コースは、就職先の企業から支援金をもらうことで、無料で講義や転職サポートを行うことが可能になっています。

そのため、以下のように、紹介先に就職されない場合は、違約金が発生してしまうのです。

紹介先以外の企業に転職した場合

ネットビジョンアカデミーに登録をすると、必ずネットビジョンアカデミーが紹介した企業の中から転職先を決めなければいけません。

そのため、紹介された企業に納得がいかず、ネットビジョンアカデミーの紹介先以外の企業に転職した場合は、違約金が発生してしまいます。

紹介先企業に就職する前に途中で辞めてしまった場合

転職活動を続けていくと、「なかなか良い企業が見つからないので、一旦就活をストップしたい」「やっぱり今の企業で働き続けたい」と思い直すこともあるかもしれません。

ただ、このような理由で転職先が決まる前に途中で辞めてしまった場合でも、イコール紹介先に就職されないということなので、違約金が発生してしまう点に注意が必要です。

指定の入社日で入社できない場合

無料コースの入校条件としては、「1か月の受講期間中の90%以上の講義に参加可能であること、および、資格取得後に紹介先企業へ就職し、指定の入社日で入社可能であること」と書かれています。

つまり、入社日はネットビジョンアカデミーが指定を行っており、「入社準備などで忙しいので、すぐには入社できない」などと、指定された入社日以外を希望した場合でも、違約金が発生する可能性が高いでしょう。

紹介先企業を1か月以内に離職された場合

入社後、「実際に入社してみると、思っていたよりはブラックな環境だったので、すぐに退職したい」と思われることもあるかもしれません。

ですが、そのようにして紹介先企業を1か月以内に離職された場合でも、違約金が発生してしまう点に注意が必要です。

ネットビジョンアカデミーの違約金の金額は?

お金
ネットビジョンアカデミーの違約金

22万円(税込み)

ネットビジョンアカデミーの違約金は、税込みで22万円となっています。

違約金と聞くとマイナスに思われるかもしれませんが、22万円もする講義を無料で受講でき、紹介先企業に就職できなかった場合のみ、本来払うべき受講料が発生する」と考えると、利用しやすいかもしれません。

ネットビジョンアカデミーの違約金に関するまとめ

プレゼンするスーツの女性

以上、「ネットビジョンアカデミーでは違約金が発生するって本当?違約金の発生条件や金額は?」でした。

ネットビジョンアカデミーでは、以下のことを行った場合に、税込み22万円の違約金が発生してしまいます。

  • 紹介先以外の企業に転職した場合
  • 紹介先企業に就職する前に途中で辞めてしまった場合
  • 指定の入社日で入社できない場合
  • 紹介先企業を1か月以内に離職された場合

これらの条件だけを見ると「やっぱり辞めておこうかな......」と思われるかもしれませんが、途中退校や早期退職のNGについては転職活動を成功させる上で大切なことです。

途中退校は時間の浪費に繋がってしまいますし、早期退職も職歴に穴ができてしまうなど自分の可能性を狭めてしまいますので、本気でネットワークエンジニアとして転職を考えている人であればあまり気にすることはないでしょう。

更に、「紹介先に就職されない場合は、違約金が発生する」ということは、言い換えれば「入校が許可されれば、必ず求人を紹介してもらえる」ということです。

多くの転職エージェントでは、場合によっては求人紹介を断られることもあるので、確実に転職先を決めたい方にはおすすめでしょう。

あなたに最適な転職サービスを検索!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら