ネットビジョンアカデミーの入校面談で評価される履歴書の書き方!基本的なポイントをチェックしよう

6 Views

ネットビジョンアカデミーの入校面談に合格するための履歴書の書き方について解説した記事です。履歴書の「保有資格欄」「自己PR欄」「志望動機欄」の書き方のポイントを解説していますので、ネットビジョンアカデミーへの入校を考えている方は参考にしてみてください。

ネットビジョンアカデミーの入校面談では履歴書をチェックされる

話す男性

ネットビジョンアカデミーの入校面談では、履歴書と職務経歴書の提出のもと、スキルや経歴などに関するヒアリングを行われます。

それによって合否が決定するため、提出書類はしっかりとしたものに仕上げなければいけません。

エンジニア未経験者の履歴書で特に重点的にチェックされやすいのは、

  • IT関連の資格を持っているかという「保有資格」
  • これまでの経歴がITエンジニアとしても活かせるかという「自己PR」
  • なぜITエンジニアなりたいのかという「志望動機」

ですので、これら3つについて書き方のポイントをチェックしていきましょう。

ネットビジョンアカデミーで評価される履歴書のポイント

保有資格の書き方のポイント

即戦力としてアピールできる資格を取得する

IT業務に繋がる資格を保有している場合は、エンジニア未経験者でもネットビジョンアカデミーで歓迎されやすいでしょう。

しかし、IT系の資格なら何でも良い訳ではなく、即戦力となる人材だと見なされるような資格でなければいけません。

IT系の国家資格例
・ITパスポート
・基本情報技術者
・応用情報技術者
・情報セキュリティマネジメント
・ITストラテジスト
・システムアーキテクト
・プロジェクトマネージャ
・ネットワークスペシャリスト
・データベーススペシャリスト
・エンベデッドシステムスペシャリスト
・ITサービスマネージャ
・システム監査技術者
・情報処理安全確保支援士

例えば、ITの国家資格としては上記のような資格がありますが、ITパスポートなどは国家資格の中でも基本・初心者レベルになっていますので、その程度のレベルでは履歴書に書いてもあまり評価されない可能性が高いです。

したがって、上記例の中であれば、基本情報技術者以上の資格を持っていると、ネットビジョンアカデミーの入校面談も通りやすいでしょう。

上位の資格のみを記載する

等級がある資格試験、あるいは類似の資格試験に複数合格している場合は、履歴書には上位の資格名のみを書けば問題ありません。

例えば、基本情報技術者と応用情報技術者に合格している場合は、応用情報技術者のみを記載すれば十分です。

「取得」と「合格」の違い

「取得」とは、免許証や免許状が交付され、それがなければ業務を行えない、といった資格に使います。例えば、医師や看護師、薬剤師、運転免許などです。また、TOEICなどの点数系の資格も「取得」と書きます。

それ以外の英検や数検、簿記などの一般的な資格試験に合格した場合は、「合格」と記述しますので、履歴書を書く上で間違えないようにしましょう。

自己PRの書き方のポイント

自信満々のスーツの男性

ネットビジョンアカデミーの入校面談に合格するためには、

    * 前職での経験と実績
  • 身につけたスキルがどのようにエンジニアでも活かせるのか

を履歴書の自己PR欄に重点的に盛り込むと良いでしょう。

書き方の例

私は、徹底的なヒアリングとお客様の立場に立った提案により、顧客満足度を高めることができます。前職において、クラウド会計システム導入を検討している中小企業を顧客とした営業チームリーダーを務めた際には、この力を生かして、満足度前年比150%を達成することができました。ただ単に商材を売り込むだけでなく、会計システムの仕組みや運用方法を、資料を用いながら分かりやすく説明することに力を入れていました。また、フィードバックやヒアリングを徹底して行うことで、お客様の不安や疑問をなくすことに成功しました。このヒアリング力や提案力は、これからネットワークエンジニアとして働く際にも、実際にお客様から頂いた様々な意見を取り入れながら、使いやすいネットワークシステムを作っていく上で生かされると考えています。

自己PRといっても、ただ自分の強みや長所を主張しても説得力がありませんので、エピソードの中に数字や他人からの評価などの客観的情報を入れて説得力を高めましょう。

この例文のように「満足度前年比150%」など比較対象を明確にすると、どれほどの評価に値する成果なのかということが分かりやすいです。

志望動機の書き方

書く男性

ネットビジョンアカデミーの入校面談に合格するためには、

  • なぜネットワークエンジニアになりたいのか
  • 今現在努力していること

を履歴書の志望動機欄に重点的に盛り込むと良いでしょう。

書き方の例

私がネットワークエンジニアを志望する理由は、多くの企業において、ネットワークシステムは必要不可欠であり、企業経営の根幹を支えることができると思うからです。前職において、社内のネットワークシステムが故障してしまい、業務が全くできなくなってしまったことがありました。復旧には2日程度の時間がかかると言われていましたが、ネットワークシステムを管理していた会社のエンジニアたちは、徹夜で復旧作業に取り組んで下さったらしく、翌日からすぐに問題なく業務を再開することができました。それが私がネットワークエンジニアに憧れを抱いたきっかけです。私も企業の根幹を支えられるようなネットワークエンジニアになるために、現在は平日3時間、休日は6時間、独学でCCNA資格の勉強を行っています。

未経験からのネットワークエンジニア志望の場合、必ず今現在努力していることを伝えるようにしましょう。

ただ単にネットワークエンジニアへの憧れだけを伝えても、アピールにはなりにくいです。

ネットビジョンアカデミーに提出する履歴書の書き方まとめ

プレゼンするスーツの女性

以上、「ネットビジョンアカデミーの入校面談で評価される履歴書の書き方!基本的なポイントをチェックしよう」でした。

ネットビジョンアカデミーの入校面談に合格するためには、

  • 「保有資格」でIT系の資格を持っていることをアピール
  • 「自己PR」で前職の経験をネットワークエンジニアとしても活かせることをアピール
  • 「志望動機」で今現在努力していることをアピール

するように心がけると良いでしょう。

入校面談において、あなたの自己PRや志望動機を効果的に伝えることができたら、とても良い印象を与えられます。

みなさんも今回紹介したポイントを意識して、より良い履歴書を仕上げられるようにしましょう。

↓【無料】とりあえず相談してみる!↓

ITエンジニアを始めるならネットビジョンアカデミー

あなたに最適な転職サービスを検索!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら