保育士ワーカーのアドバイザーの特徴は?担当者を変更してもらう際の伝え方も解説

8 Views

本記事では、保育士ワーカーのアドバイザーの特徴や、担当者を変更してもらう方法、良い伝え方などを紹介しています。保育士ワーカーのアドバイザーならではの強みを知りたい方、保育士ワーカーで担当アドバイザーを変えてもらいたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

保育士ワーカーのアドバイザーの特徴

指をさす女性

アドバイザー全員が保育士の転職支援に精通している

保育士ワーカーのアドバイザーの特徴は、何と言っても全員が保育士の転職支援に精通しているという点です。中には、保育士免許を持っていたり、過去に保育士として働いていた経験があるアドバイザーも少なくありません。

自分の志望業種・職種の事情に精通してなければ、紹介求人にもミスマッチが発生するだけでなく、的外れなアドバイスによりせっかく時間を捻出して利用したのに失敗してしまうことにもなります。

しかし、保育士ワーカーなら、自分の市場価値を正しく把握した上でそれに応じた求人を紹介してくれたり、保育士としてのキャリアプランへのアドバイスをもらえるので、後悔のない転職活動を行えること間違いなしです。

アドバイザーが面接に同行してくれる

保育士ワーカーのアドバイザーは、本人の希望に応じて面接会場まで同行してくれます。

転職が初めての方はもちろん、転職に慣れている人でも、面接当日は緊張や焦りが生じることが多いですが、保育士ワーカーはアドバイザーが面接直前までフォローしてくれるので、孤独感を感じることなく面接へ挑むことができ、自分の良さを最大限アピールできるでしょう。

アドバイザーが入職後もフォローしてくれる

保育士ワーカーのアドバイザーには、転職中だけではなく入職後にも相談することができます。

「聞いていた条件と少し違った」「新しい環境に馴染めない」といった不安や悩みが生じた時でも専任のアドバイザーに相談可能なので、モヤモヤした気持ちを解消しつつ安心して仕事に打ち込めるでしょう。

保育士ワーカーで担当アドバイザーを変更してもらうことはできる?

不満げなスーツの女性

保育士ワーカーはユーザー満足度が比較的高い転職支援サービスですが、どんなに良いサービスでも担当者の良し悪しによって、満足度や転職結果は大きく変わってくるでしょう。

では、仮に担当アドバイザーとの相性が合わなかった場合は、担当者を変更してもらうことは可能なのでしょうか。

保育士ワーカーで担当アドバイザーを変更してもらうことは可能

結論を言うと、保育士ワーカーでは、担当アドバイザーの変更はいつでも可能となっています。

なので、担当者と合わない時は、保育士ワーカーを退会しようとする前に、まずは担当アドバイザーを変更してもらえるように頼んでみましょう。

変更してもらう際はフリーダイヤルや問い合わせフォームから連絡する

保育士ワーカーで担当アドバイザーを変更してもらうには、次の2つの方法があります。

では、次に変更の連絡をする際、どのように伝えれば良いか、具体例を見ていきましょう。

保育士ワーカーで担当アドバイザーを変更してもらう際の伝え方

スマホを見る女性

良い例

担当アドバイザーを変更してもらうとなると、心優しい方だと「今までのアドバイザーに不利益が生じてしまうのではないか」と思われるかもしれませんが、以下のように伝えることで、それほど後味が悪くならずに担当者を変更してもらうことができます。

平素より大変お世話になっております。現在保育士ワーカーにて転職支援をして頂いている久良ベルと申します。

担当アドバイザーの保育さまにはいつも大変親切にサポートして頂いておりますが、できるだけ多くの方の意見を取り入れつつ、早く内定を決めたいと思っておりますので、ぜひ他の方のアドバイスも頂戴したいと思い、ご連絡しました。

もしも可能であれば、現在志望している児童発達支援施設に詳しいアドバイザーの方と一度お話させて頂ければと思っております。

お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。

「できるだけ多くの方のアドバイスも頂戴したいので〜」と伝える

担当アドバイザーを変更してもらう際は、「できるだけ多くの方のアドバイスも頂戴したいので〜」と理由付けをすると、前のアドバイザーに対してそれほど後味が悪くならずに良いでしょう。

その際は、「現在志望している児童発達支援施設に詳しいアドバイザーの方」といったように、どのようなアドバイザーの方を希望するかも具体的に伝えておくことが大切です。

悪い例

どれだけ現在のアドバイザーに不満があろうとも、以下のように正直な気持ちをありのままに書いてしまうと、今までのアドバイザーに対して非常に心象の悪いままに終わってしまいます。

現在保育士ワーカーに登録している久良ベルと申します。

現在の担当アドバイザーは保育さんという方なのですが、正直自分と全く相性が合わないです。

こちらは児童発達支援施設の求人を希望していると言っているのに、全く関係のない求人をしつこく紹介してきます。

正直不快極まりないですね。なぜあなた方はあのような人をアドバイザーとして採用しているのでしょうか。

とにかくこれ以上あのアドバイザーと話す気は一切ありませんので、早急に担当者を変更してください。

よろしくお願いします。

担当アドバイザーの悪口は言わない

どうしても担当アドバイザーへの不満を伝えたい場合は、「〇〇ということがあったので、できれば△△のように改善して頂けると幸いでした」といったように、どう改善して欲しいのかも含めて丁重に伝えるようにしましょう。

上記のような問い合わせを送ってしまうと、最悪、「こんな文章を送ってくる人なんて、どこも内定をもらえないだろう」と思われ、求人紹介を断られる可能性もありますので気をつけてください。

保育士ワーカーのアドバイザーまとめ

まとめ/終わり/おわり/最後

以上、「保育士ワーカーのアドバイザーの特徴は?担当者を変更してもらう際の伝え方も解説」でした。

保育士ワーカーのアドバイザーの特徴としては、主に次の3点が挙げられます。

  • アドバイザー全員が保育士の転職支援に精通している
  • アドバイザーが面接に同行してくれる
  • アドバイザーが入職後もフォローしてくれる

また、保育士ワーカーではアドバイザーの変更はいつでも可能で、そのためには次の2つの方法があります。

そして、変更を申し出る際には、「できるだけ多くの方の意見を取り入れつつ、早く内定を決めたいと思っていますので、ぜひ他の方のアドバイスも頂戴したいと思いました」などと伝えると、相手方も気分良く変更してくれるでしょう。

また、担当者を変更してもらってもやはり合わない場合は、保育士ワーカーを退会して他サービスを利用した方が良いかもしれません。

保育士ワーカーの退会方法は以下の記事で詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。

あなたに最適な転職サービスを検索!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら