マスメディアンの求人を年収別に紹介!高年収の求人を紹介してもらうためにやるべきことも紹介

5 Views

マスメディアンの求人を年収別に紹介した記事です。高年収の求人を紹介してもらうためにやるべきことも紹介していますので、マスメディアンへの登録を検討している方は参考にしてみてください。

マスメディアンの年収別求人数

お金
年収帯求人数
300万〜349万円12 件
350万〜399万円68 件
400万〜449万円123 件
450万〜499万円270 件
500万〜549万円413 件
550万〜599万円198 件
600万〜649万円575 件
650万〜699万円156 件
700万〜799万円467 件
800万〜899万円371 件
900万〜999万円107 件
1,000万円以上246 件

※2021年7月21日時点で公開されている求人数から計算を行っています。
※1つの求人に複数の年収帯が設定されている場合、重複してカウントされています。

マスメディアンには、600万円以上の求人が1,922件も扱っており、全体の半数以上を占めています。

更に1,000万円以上の求人も246件あるので、マーケティング・クリエイティブ系の職種で高年収を狙っている方には非常におすすめだと言えるでしょう。

マスメディアンで高年収の求人を紹介してもらうためにやるべきこと

カメラを撮る女性

マネジメントの経験を積む

マスメディアンの高年収求人の多くは、部長や経営幹部など管理職クラスでの採用になっています。

ですので、例え個人としてどれだけ高いスキルや実績があろうと、マネジメントの経験が全くゼロだと、そうした管理職クラスへの転職は難しいでしょう。

もしマネジメントの経験が全くないならば、今勤めている会社で最低でも10人以上の部下のマネジメント経験を積んでから、マスメディアンを利用することをオススメします。

自分の実績を客観的にアピールできるようにしておく

マスメディアンで高年収求人を紹介してもらうには、自分の市場価値がその年収に見合っているということを、客観的にアピールできるようにしておくようにしましょう。

ただ単にやる気やポテンシャルだけをアピールしても、高年収求人を紹介してもらうのが難しいのは言うまでもありません。

自分の市場価値を客観的にアピールするためには、これまでの実績を数値として提示できるようにしておくことが大切です。

つまり、履歴書でも面談でも、「○円」「○人」「○%」といった具体的な数値を盛り込むようにしてください。

例えば、以下の例ようにアピールできると良いでしょう。

  • 「大手ファストフードチェーンにて、人事戦略を中心に施策を実施し、年間で30%の離職率低下を実現しました」
  • 「Webコンサルティング会社のディレクターとして、50人以上の部下のマネジメントを経験しながら、請負金額1,000万円規模の案件を複数担当してきました」

自分の志望業種・職種に必要なスキルを積んでおく

志望業種・職種に関しては、これまでの経歴を活かせる仕事に転職するのと、今までとは全く異なる分野に転職する場合とがあるでしょう。

特に後者の場合は、実務未経験での転職ということになりますので、自分の志望業種・職種に必要なスキルを一定以上積んでおくことが必要不可欠です。

例えば、未経験からWebデザイナーに転職したいのであれば、自分でWebサイトをデザイン・コーディングして、それらをポートフォリオとして提出して技量をアピールすることが求められます。

最初の面談の段階でポートフォリオを提出して、熱意ややる気を作品として示せるようにしておくと、マスメディアンでも高年収求人を紹介してもらいやすいでしょう。

マスメディアンの年収別求人数まとめ

まとめ/終わり/おわり/最後

以上、「マスメディアンの求人を年収別に紹介!高年収の求人を紹介してもらうためにやるべきことも紹介」でした。

マスメディアンには、2021年7月21日時点で、600万円以上の求人を1,922件も扱っており、全体の半数以上を占めています。

更に、1,000万円以上の求人も246件あるので、マーケティング・クリエイティブ系の職種で高年収を狙っている方には非常におすすめだと言えるでしょう。

また、マスメディアンで高年収の求人を紹介してもらうためには、次の3点を意識してみてください。

  • マネジメントの経験を積む
  • 自分の実績を客観的にアピールできるようにしておく
  • 自分の志望業種・職種に必要なスキルを積む

こうしたことを実践していくことで、年収1,000万以上を狙うことも十分に可能ですので、自分の市場価値に自信のあるマーケティング・クリエイティブ職志望者は是非相談に行ってみることをおすすめします。

あなたに最適な転職サービスを検索!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら