キャリアクロスでスカウトが届きやすくなる5つの方法とは?

37 Views

キャリアクロスでスカウトが届きやすくなる5つの方法とは?

キャリアクロスでスカウトが来ない
スカウト率を上げたい
とお考えですね。

皆さんはアピール方法に落とし穴があることをご存知ですか?

もしそれを知らないなら、いくらスカウトを待っても来ることはないでしょう。

本記事では、スカウト率を上げるコツや注意点はもちろん、見落としやすいポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

キャリアクロスでスカウトを届きやすくするコツ

キャリアクロスでスカウトを届きやすくするコツ
スカウトを届きやすくするコツ一覧
プロファイルを充実させる
プロファイルは英語併記を忘れない
具体的なデータを入れ込む
1ヶ月に1回は更新する

※項目名をタップで移動します。

プロファイルを充実させる

キャリアクロスでスカウトを届きやすくするコツその1は、プロファイルを充実させること。

その方法は、プロファイルを記載する際に、

  • 空白はないか
  • 任意項目も埋まっているか
  • 表現はわかりやすいか
  • 誤字脱字はないか
  • 上記4点を意識するだけです。

    中でも「表現はわかりやすいか」については、絶対に忘れてはいけません。

    我々が当たり前だと思っている「固有名詞」などは、他企業に通じない場合がほとんど。

    これを見落としていると、どんな能力があるのかがわかりづらくなるので、いくら優秀な人材でも担当者がスカウトを送ることはほぼありません。

    そのため、なるべく理解されやすいように専門用語などは避け、一般的な表現にとどめましょう。

    プロファイルは英語併記を忘れない

    キャリアクロスでスカウトを届きやすくするコツその2は、プロファイルを書くときに英語併記を忘れないこと。

    新規登録から情報をいじっていないと、職務履歴などは全て日本語で入力されてしまいます。

    そのため、必ず再編集をして英語でも入力しておきましょう。

    具体的なデータを入れ込む

    キャリアクロスでスカウトを届きやすくするコツその3は、具体的なデータを入れ込むこと。

    もし、自分がより魅力的な人間、活用のしがいがある人間だと感じて欲しいなら、業務内容を書くだけではいけません。

    数値や表彰歴などを用いて、自分の能力がどの程度かを測りやすくしておく必要があります。

    新卒で●株式会社に入社し、3年間営業に従事。また、2020年には社内1位となる1億2500万円の売上を達成し、社長賞を受賞した。

    この時、上記のように自分の売上と他社の売上を比較しやすいように記載すると、担当者の目にも留まりやすくなるでしょう。

    1ヶ月に1回は更新する

    キャリアクロスでスカウトを届きやすくするコツその4は、1ヶ月に1回は更新すること。

    理由は、担当者が「更新日順」で検索をしたときに備えるためです。

    もし半年前に更新して以来何も更新していなければ、自分が表示されるのはかなり下になってしまいます。

    そうすると、いくら優秀な人材でも、担当者が自分を見つけにくくなるのは当たり前です。

    そのため、何も更新する内容がなくても、月に1回程度はプロファイルを更新しておきましょう。

    キャリアクロスでスカウトを利用する際の注意

    キャリアクロスでスカウトを利用する際の注意

    選考通過、内定確約じゃない

    キャリアクロスのスカウトは、基本的に選考通過・内定確約ではありません。

    そのため、届いたからといって「もう安心だ」と気を抜くのは禁物です。

    しかし、スカウトが届いていない他求職者と比べると、有利であることには変わりないので、届いた際は必ず中身に目を通しましょう。

    返信は3営業日以内に行う

    キャリアクロスでスカウトが届いたら、可能な限り早めに開封し、興味があるものは早めに返信しましょう。

    このとき、遅くても3営業日以内であれば問題ありません。

    また、スカウトメールを開封したかどうかは企業側に伝わるので、企業が興味を削がれる前にアクションしておきましょう。

    キャリアクロスでスカウトが届かないなら別サービスも検討

    キャリアクロスでスカウトが届かないなら別サービスも検討

    キャリアクロスを利用する上で知っておきたいのは、スカウトは必ず届くわけではないこと。

    スカウトが届かないのにいつまでも固執していると、他求職者に大きく差をつけられてしまいます。

    そのため、コツを実践しても魅力的なスカウトが来ないなら、さっさと他サービスに登録して、チャンスの幅を広げましょう。

    キャリアクロスとあわせて登録すべきサービス

    ロバート・ウォルターズ|外資・グローバル特化

    ロバート・ウォルターズの紹介画像
    ロバート・ウォルターズ
    特徴・外資、グローバル特化
    ・ベンチャーや中小企業も取扱う
    求人は全て年収500万円以上
    メリット・企業に合ったサポートをしてくれる
    ・企業内情報がわかる
    ・交渉、日程調整を代行してくれる
    公式サイト
    CLABEL
    編集部
    ロバート・ウォルターズは、外資系企業や日系グローバル企業に特化した転職支援を行っているエージェント。
    求人は全て年収500万円以上となっており、世界有数のグローバル企業はもちろん、ベンチャー企業や中小企業など幅広く取り扱っています。
    そのため、キャリアクロスと一緒に登録することで、年収アップ求人に出会える確率もかなり高くなるでしょう。

    キャリアカーバー|ヘッドハンターを指名可能

    キャリアカーバーの紹介画像
    キャリアカーバー
    特徴ヘッドハンターを指名出来る
    ・年収800〜2000万円の求人が多数
    ・幅広いポジションの求人
    メリット・利用料無料で使用できる
    ・顧問求人スカウトもある
    ・交渉、日程調整を代行してくれる
    公式サイト
    CLABEL
    編集部
    キャリアカーバーは、ハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向け転職エージェントです。
    ヘッドハンターの得意業界・実績などのプロフィールを見た上で、自分からヘッドハンターを指名出来るため、「合わなかった」を防ぎつつ、余計な手間やストレスを削減できます。 また、求人の種類も中間管理職から代表ポジションまで幅広くあるので、キャリアクロスとあわせて使うことで可能性はさらに広がるでしょう。

    コトラ|ハイクラス+金融・経営特化

    コトラの紹介画像
    コトラ
    特徴金融系などの企業に強みあり
    ・プロフェッショナル求人が豊富
    ・年収800万円以上の求人多数
    メリット・業界などに精通したプロがつく
    ・年収交渉なども受けられる
    ・内定後のアフターフォロー有
    公式サイト
    CLABEL
    編集部
    コトラは、スペシャリスト・ハイクラス向けの転職エージェント。 金融・IT・コンサル・製造業・経営層に特化しているサービスであり、800万円以上の求人も多数ありますので、キャリアクロスと一緒に使えば年収アップできる可能性があるでしょう。
    また、内定後3ヶ月まで1回無料のアフターフォローがあり、KOTORA25と呼ばれるコトラが開発した独自の自己診断サービスを受検し、その結果を面談の中で解説してくれるサービスもあるので、フォローも万全です。

    キャリアクロスのスカウトまとめ

    キャリアクロスのスカウトまとめ

    以上「キャリアクロスでスカウトが届きやすくなる5つの方法とは?」でした。

    キャリアクロスは、基本的に転職活動を1人で進める必要がある以上、スカウトが欲しいなら自力で企業へアピールする必要があります。

    また、どうしても魅力的なスカウトが届かないなら、サービスが合っていないんだ、と割り切って早めに次のサービスへ移行しましょう。

    キャリアクロスと合わせて登録すべきサービス
    ロバート・ウォルターズの紹介画像
    ロバート・ウォルターズ
    ・外資、グローバル特化
    ・ベンチャーや中小企業も取扱う
    求人は全て年収500万円以上
    キャリアカーバーの紹介画像
    キャリアカーバー
    ヘッドハンターを指名出来る
    ・年収800〜2000万円の求人が多数
    ・幅広いポジションの求人
    コトラの紹介画像
    コトラ
    金融系などの企業に強みあり
    ・プロフェッショナル求人が豊富
    ・年収800万円以上の求人多数
    CLABELには、転職サービスを絞り込み検索できる機能を搭載しています。興味があるサービスを見つけたらそのまま登録も可能なので、ぜひお試しください!
    あなたに最適な転職サービスを検索!

    関連記事

    人気記事

    CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
    詳しくはこちら