大林組の年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

大林組の平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

大林組の平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2018年¥10,526,55842.5歳17.2年8,753人
2017年¥10,461,54742.4歳17.2年8,609人
2016年¥9,508,04142.3歳17.1年8,524人
2015年¥9,150,37942.3歳17.2年8,402人
2014年¥8,908,32042.4歳17.4年8,369人
2013年¥8,903,94142.5歳17.7年8,329人
2012年¥8,853,89042.4歳18.0年8,179人

大林組の年収と基本情報

平均年収
1,052万円
平均年収ランキング80
平均年齢
42.5
平均年齢ランキング1167
平均勤続年数
17.2
平均勤続年数ランキング763
従業員数
8,753
従業員数ランキング61

大林組の会社情報

商号大林組
URLhttp://www.obayashi.co.jp/
創業明治25年1月
業種建設、総合建設
所在地栃木県

大林組の事業概要

国内外建設工事、地域開発・都市開発・その他建設に関する事業、及びこれらに関するエンジニアリング・マネージメント・コンサルティング業務の受託、不動産事業ほか
参照:http://www.obayashi.co.jp/

大林組の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥6,806,472--
25~29¥7,954,919¥497,182¥1,988,729
30~34¥9,194,948¥574,684¥2,298,737
35~39¥10,251,814¥640,738¥2,562,953
40~44¥11,276,048¥704,753¥2,819,012
45~49¥12,398,180¥774,886¥3,099,545
50~54¥13,118,196¥819,887¥3,279,549
55~59¥12,869,769¥804,360¥3,217,442
60~64¥10,016,019¥626,001¥2,504,004
65~69¥9,640,221¥602,513¥2,410,055
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

大林組の推定生涯賃金

大林組
5億527万円
一般的な生涯賃金
2億1120万円

大林組の詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1945万円
  • 課長クラス
    1553万円
  • 係長クラス
    1157万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    1052万円
  • 高専・短大卒
    806万円
  • 高卒
    758万円

雇用形態別の推定年収

正社員
1052万円
非正規社員
568万円

大林組と他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    80
  • 業界別ランキング建設
    4
  • 業種別ランキング建設、総合建設
    2
  • 都道府県別ランキング栃木県
    63

年収偏差値

大林組と平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    2478
    万円
  2. 2
    機械
    2110
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 73
    広告、PR
    1064
    万円
  2. 74
    飲料品製造
    1061
    万円
  3. 75
    証券、商品先物取引
    1056
    万円
  4. 76
    医薬品、健康食品
    1054
    万円
  5. 77
    銀行
    1054
    万円
  6. 78
    機械
    1053
    万円
  7. 79
    損害保険
    1053
    万円
  8. 81
    TV
    1051
    万円
  9. 82
    建設、総合建設
    1051
    万円
  10. 83
    電子・電気機器
    1050
    万円
  11. 84
    証券、商品先物取引
    1049
    万円
  12. 85
    ITサービス
    1046
    万円
  13. 86
    金属
    1044
    万円
  14. 87
    生命保険
    1038
    万円
  1. 3675
    小売
    296
    万円
  2. 3676
    運用、管理
    283
    万円
  3. 3677
    警備
    260
    万円

大林組の雇用条件

大林組の雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。初任給は学部卒で240,000円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含む大林組の1年目の年収は412万円を超えて来るでしょう。

初任給

総合職(担当職)

博士了290,000円
修士了260,000円
学部卒 240,000円
短大・高専卒 210,000円
高校卒  190,000円

昇給・賞与等

諸手当割増手当、別居手当、住宅手当、宿日直手当、特殊作業手当、海外勤務手当、通勤費ほか
昇給年1回(4月)
賞与年2回(7月・12月)
待遇・福利厚生・社内制度諸制度/社内預金、従業員持株会、退職年金、育児休職、育児短時間勤務、介護休職、介護短時間勤務、共済会など
社宅・寮/各事業所周辺に社宅・寮(個室)あり
厚生施設/全国各地のリゾート施設・保養所、契約スポーツクラブなど

参考

  1. マイナビ 大林組の採用ページ
  2. 大林組公式採用ページ

大林組の採用情報

大林組に入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。大林組が社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

大林組の就職は、大学、大学院卒の理系がメインになります。内定者の学歴に関しては、公表されておらず詳細は分かりませんが、スーパーゼネコンの1角を担ってる企業なので、全国の有名大学、大学院の学生からの応募があると考えられます。

求める人材

大林組は公式採用ページなどで、求める人材像は掲げていません。しかし、大林組で働いている社員は、大林組の社員であるということにプライドを持ち、モノづくりに対して情熱を持っている人ばかりなので、大林組でモノづくりに携わりたいという姿勢をアピールすることが重要であると考えられます。

語学力

大林組は、採用条件にTOEICのスコアが関係あるかどうかを公言していません。しかし、合格祝金が支給される資格としてTOEICのスコア(800点以上)が記載されているため、高いスコアを取得しておくと、後々役に立つでしょう。

大林組の良い点(魅力)

大林組の良い点(魅力)は、スーパーゼネコンの1角を担う規模の大きさとブランド力、建設分野を超えた新たな分野への挑戦にあります。

スーパーゼネコンの1角を担う規模の大きさとブランド力

大林組は、清水建設大成建設鹿島建設、竹中工務店と並び、スーパーゼネコン5社の1つに数えられています。そして、スーパーゼネコンは各社とも売上高で1兆円近くあり、他のゼネコンの倍近くの売上を誇っているのです。

また、大林組の施工実績としては、東京スカイツリーや六本木ヒルズ、JR京都駅ビルなど誰もが知っているような建物の施工をしており、関西を中心に知名度とブランド力は抜群です。そして、連結売上高、営業利益ともに右肩上がりで業績が好調なのも大林組の魅力の1つとなります。

既存の建設分野を超えた新たな挑戦

大林組は、近年の業績や施工実績を見ても事業の健全性をうかがうことができ、堅実な経営をしている印象があります。しかし、近年の大林組は既存の建設分野を超えた新たな取り組みにも挑戦しているようです。

具体的には、2050年の完成を想定した宇宙エレベーター建設構想、再生可能エネルギー創出事業などがあげられます。以上から分かる通り、大林組はスーパーゼネコンの安定性を追求できるだけでなく、モノづくりを通じて新たな価値を社会に提供できる点も魅力の1つであると言えるでしょう。

まとめ

以上、『大林組の平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら