森永乳業の年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

森永乳業の平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

森永乳業の平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2019年¥7,442,91238.5歳15.3年3,340人
2018年¥7,398,44838.3歳14.2年3,247人
2017年¥7,411,13938.2歳14.9年3,144人
2016年¥7,218,69438.1歳14.9年3,035人
2015年¥7,119,90937.7歳14.9年3,023人
2014年¥7,007,00637.2歳14.5年3,078人
2013年¥6,734,67436.6歳14.0年3,123人
2012年¥6,640,99236.2歳13.6年3,122人

森永乳業の年収と基本情報

平均年収
744万円
平均年収ランキング637
平均年齢
38.5
平均年齢ランキング2635
平均勤続年数
15.3
平均勤続年数ランキング1334
従業員数
3,340
従業員数ランキング231

森永乳業の会社情報

商号森永乳業
URLhttp://www.morinagamilk.co.jp/
創業昭和24年4月
業種飲料品製造
所在地栃木県

森永乳業の事業概要

牛乳、乳製品、アイスクリーム、飲料その他の食品等の製造、販売
参照:http://www.morinagamilk.co.jp/

森永乳業の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥4,812,586--
25~29¥5,624,608¥351,538¥1,406,152
30~34¥6,501,383¥406,336¥1,625,345
35~39¥7,248,651¥453,040¥1,812,162
40~44¥7,972,847¥498,302¥1,993,211
45~49¥8,766,261¥547,891¥2,191,565
50~54¥9,275,356¥579,709¥2,318,839
55~59¥9,099,704¥568,731¥2,274,926
60~64¥7,081,930¥442,620¥1,770,482
65~69¥6,816,218¥426,013¥1,704,054
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

森永乳業の推定生涯賃金

森永乳業
3億5725万円
一般的な生涯賃金
2億1120万円

森永乳業の詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1375万円
  • 課長クラス
    1098万円
  • 係長クラス
    818万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    744万円
  • 高専・短大卒
    570万円
  • 高卒
    536万円

雇用形態別の推定年収

正社員
744万円
非正規社員
402万円

森永乳業と他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    637
  • 業界別ランキング飲食
    25
  • 業種別ランキング飲料品製造
    10
  • 都道府県別ランキング栃木県
    439

年収偏差値

  • 上場企業偏差値
    57.2
  • 業界別偏差値飲食
    57.9
  • 業種別偏差値飲料品製造
    51.2
  • 都道府県別偏差値栃木県
    55.1

森永乳業と平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    3109
    万円
  2. 2
    機械
    2110
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 630
    銀行
    746
    万円
  2. 631
    電気・ガス業
    745
    万円
  3. 632
    機械
    745
    万円
  4. 633
    印刷、印刷関連
    745
    万円
  5. 634
    電子・電気機器
    745
    万円
  6. 635
    金属
    744
    万円
  7. 636
    自動車、自動車部品
    744
    万円
  8. 638
    鉄道
    744
    万円
  9. 639
    小売
    743
    万円
  10. 640
    プラント・エンジニアリング
    743
    万円
  11. 641
    卸売、商社
    743
    万円
  12. 642
    建設、総合建設
    743
    万円
  13. 643
    食品製造
    743
    万円
  14. 644
    卸売、商社
    743
    万円
  1. 3675
    運用、管理
    283
    万円
  2. 3676
    小売
    264
    万円
  3. 3677
    警備
    262
    万円

森永乳業の雇用条件

森永乳業の雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。初任給は学部卒で213,000円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含む森永乳業の1年目の年収は360万円を超えて来るでしょう。

初任給

総合職(担当職)

大学院了229,000円
学部卒213,000円

昇給・賞与等

諸手当住宅補助、マイホリデー制度、リフレッシュ支援制度など
昇給年1回(4月)
賞与年2回(6月、12月)
福利厚生健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、介護保険、社有独身寮、若年者自立支援住宅手当、転勤者住宅手当、住宅手当、傷害保険、医療保険、がん保険、自動車保険、つわり休暇、通院時間有給制度、育児休業、妊娠・育児による短時間勤務制度、妊娠・育児による時差勤務制度、看護休暇、配偶者出産休暇、介護休業、給付企業年金制度、社有食堂、食事代補助、祝い金、弔慰金、財形住宅融資制度、財形貯蓄制度、持株会制度、被服代(スーツ代)補助、運転免許更新費用補助、公的資格手当制度

参考

  1. マイナビ 森永乳業の採用ページ
  2. 森永乳業公式採用ページ

森永乳業の採用情報

森永乳業に入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。森永乳業が社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

森永乳業は、大卒や大学院卒の文系・理系から幅広く採用しています。内定者の学歴に関しては、「東京大学」、「京都大学」、「早稲田大学」といった高偏差値大学所属が多いようです。

また、「学習院大学」、「中央大学」などのGMARCHクラスの学生も採用しているようです。採用実績から読み取れる学歴フィルターはおそらくGMARCHが通るか通らないかのラインが妥当でしょう。

求める人材

森永乳業が求めるのは、情熱を持った方です。例えば、「乳の可能性を武器に、新しいことにチャレンジしてみたい」「日本のみならず、世界中の人々の暮らしを変えていきたい」という真っ白で可能性に満ちた若い情熱を求めているようです。

語学力

森永乳業は、日本のみならずグローバルに展開している会社です。国際事業の売上高は、2020年3月期で380億円を目標としているため、高い語学力があればプラスの評価に繋がるでしょう。

森永乳業の良い点(魅力)

森永乳業の良い点(魅力)は、独自の研究と製造技術で安全で優れた品質の商品を提供しているという点と、ヨーロッパとアジアを中心としたグローバルな事業展開を行なっているという点です。

独自の研究と製造技術で安全で優れた品質の商品を提供

乳の優れた力を探り、最大限に活用するための研究

優れた乳製品を開発するためには、しっかりとした研究が欠かせません。森永乳業の研究開発における基本テーマは、乳の優れた力を探り、最大限に活用すること。要するに、超高齢社会に適する栄養機能性を持った食品の研究開発が主な目的です。

例えば、牛乳や母乳の研究を通じて発見した「ビフィズス菌BB536」や母乳中の感染防御因子である乳たんぱく質「ラクトフェリン」、美肌効果を持つ「アロエステロール」など、これまで時代をリードする研究開発に取り組んできました。そうした数々の研究を元に、独自の製造技術を確立し、数多くの乳製品や栄養食品が生まれたのです。

安心・安全な製品を提供するための製造技術

森永乳業では、安全・安心な製品を安定的に供給することを使命に、あらゆるニーズに対応した効率的な生産体制の確立を目指して、国内生産体制の再構築を進めています。

例えば、安全・安心な製品を届けるためには、環境に配慮した製造技術が欠かせません。そこで森永乳業は、国内主力工場でコージェネレーションシステム、バイオマス熱利用設備、太陽光発電設備などを導入。更に、グループ全体でゼロエミッションを目標に廃棄物の資源化を進めています。

ヨーロッパとアジアを中心としたグローバルな事業展開

グローバル展開の拠点となるドイツのミライ社

森永乳業のグローバル展開は、1972年にドイツで乳原料製品の製造会社「ミライ社」を合併して設立したのが、本格的な事業活動の始まりです。2012年には100%子会社化し、ヨーロッパを中心に乳原料製品の製造販売を行ってきました。

ミライ社は、まさに森永乳業にとって海外ビジネスを拡大していくための必要不可欠となる拠点です。乳製品原料のグローバルな供給体制の確立を目的に約200億円を投じ、生産能力の強化を進めています。

アジア諸国へも事業を推進

近年経済発展が進んでいるアジア諸国では、育児用ミルクの市場が年々拡大しています。そこで森永乳業は、育児用ミルクの輸出や合弁会社による現地での製造販売を実地。特にインドネシアやパキスタンでの販売を強化しています。

インドネシア、パキスタンともに現在7~8%のシェアを誇っており、パキスタンへの輸出量は日本国内の販売量を超えるまでに成長しました。世界でトップクラスの品質を現地でも実現するために、海外での信頼の礎になるビジネスを次々に展開しているのです。

まとめ

以上、『森永乳業の平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら