カゴメの年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

カゴメの平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

カゴメの平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2018年¥7,737,79341.2歳17.8年1,592人
2017年¥7,858,84241.2歳17.5年1,564人
2016年¥7,424,92240.9歳17.3年1,570人
2015年¥6,988,84640.8歳17.2年1,641人
2014年¥7,263,98740.6歳17.0年1,644人
2013年¥7,545,47140.1歳17.2年1,561人
2012年¥7,470,58540.3歳17.4年1,565人

カゴメの年収と基本情報

平均年収
773万円
平均年収ランキング505
平均年齢
41.2
平均年齢ランキング1682
平均勤続年数
17.8
平均勤続年数ランキング613
従業員数
1,592
従業員数ランキング498

カゴメの会社情報

商号カゴメ
URLhttp://www.kagome.co.jp/
創業明治32年1月
業種飲料品製造
所在地福井県

カゴメの事業概要

調味食品、保存食品、飲料、その他の食品の製造・販売 種苗、青果物の仕入れ・生産・販売
参照:http://www.kagome.co.jp/

カゴメの世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥5,003,256--
25~29¥5,847,450¥365,465¥1,461,862
30~34¥6,758,962¥422,435¥1,689,740
35~39¥7,535,836¥470,989¥1,883,959
40~44¥8,288,723¥518,045¥2,072,180
45~49¥9,113,572¥569,598¥2,278,393
50~54¥9,642,837¥602,677¥2,410,709
55~59¥9,460,225¥591,264¥2,365,056
60~64¥7,362,510¥460,156¥1,840,627
65~69¥7,086,270¥442,891¥1,771,567
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

カゴメの推定生涯賃金

カゴメ
3億7141万円
一般的な生涯賃金
2億1120万円

カゴメの詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1430万円
  • 課長クラス
    1142万円
  • 係長クラス
    851万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    773万円
  • 高専・短大卒
    592万円
  • 高卒
    557万円

雇用形態別の推定年収

正社員
773万円
非正規社員
418万円

カゴメと他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    505
  • 業界別ランキング飲食
    18
  • 業種別ランキング飲料品製造
    7
  • 都道府県別ランキング福井県
    12

年収偏差値

  • 上場企業偏差値
    59.0
  • 業界別偏差値飲食
    59.7
  • 業種別偏差値飲料品製造
    52.5
  • 都道府県別偏差値福井県
    64.4

カゴメと平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    3109
    万円
  2. 2
    機械
    2110
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 498
    自動車、自動車部品
    775
    万円
  2. 499
    プラント・エンジニアリング
    775
    万円
  3. 500
    化学品
    775
    万円
  4. 501
    電子・電気機器
    774
    万円
  5. 502
    土木
    774
    万円
  6. 503
    サービス業
    774
    万円
  7. 504
    卸売、商社
    774
    万円
  8. 506
    電子・電気機器
    773
    万円
  9. 507
    証券、商品先物取引
    773
    万円
  10. 508
    その他製品
    772
    万円
  11. 509
    電力
    772
    万円
  12. 510
    インターネット・WEB
    772
    万円
  13. 511
    機械
    772
    万円
  14. 512
    電力
    771
    万円
  1. 3675
    小売
    296
    万円
  2. 3676
    運用、管理
    283
    万円
  3. 3677
    警備
    262
    万円

カゴメの雇用条件

カゴメの雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。初任給は学部卒で207,500円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含むカゴメの1年目の年収は350万円を超えて来るでしょう。

初任給

総合職(担当職)

大学院了220,000円
学部卒207,500円

昇給・賞与等

諸手当時間外業務手当、通勤手当、住宅手当など
昇給年1回
賞与年2回
福利厚生健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険など

参考

  1. マイナビ カゴメの採用ページ
  2. カゴメ公式採用ページ

カゴメの採用情報

カゴメに入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。カゴメが社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

カゴメは、大学院卒や大卒の文系・理系から幅広く採用しています。内定者の学歴に関しては、マイナビカゴメの採用ページによると、早稲田大学慶應義塾大学上智大学といった高偏差値大学所属が多いようです。

また、法政大学中央大学などのGMARCHクラスの学生も採用しています。採用実績から読み取れる学歴フィルターはおそらくGMARCHが通るか通らないかのラインが妥当でしょう。

求める人材

カゴメの公式採用ページによると、カゴメが求める人材は「会社の理念やビジョンに共感して、新しいことにチャレンジできる人」や「自律性が高く、常に問題意識を持ち、課題形成・解決していける人」であるようです。

カゴメの理念やビジョンとは、「感謝」「自然」「開かれた企業」であると書かれていますので、こうしたワードに共感し、強いパッションを抱ける人が好まれるでしょう。

語学力

カゴメは海外にいくつもの関連会社を持っていますので、高い語学力があれば、入社後に海外で活躍するチャンスも得られるでしょう。

カゴメの良い点(魅力)

カゴメの良い点(魅力)は、いくつもの有名な商品を世に生み出しているという点と、野菜本来の味や栄養を追求しているという点です。

「トマトの会社」から「野菜の会社」に進化

高い機能性が認められたカゴメのトマトジュース

カゴメと聞いて多くの人が真っ先に思いつくのは、やはりトマトジュースやトマトケチャップでしょう。カゴメのトマトジュースは、「善玉コレステロールを増やす」「高めの血圧を下げる」といった機能性も認められ、高いニーズを得ています。

トマトだけではない、多彩な野菜ジュースブランド

現在はトマトだけでなく、世界中から調達した人参、ピーマン、リンゴなどの野菜や果実を用いて、有名な食品、飲料を数多く世に生み出しています。「野菜生活100」や「野菜一日これ一本」といったジュースはあまりにも有名ですね。複数の名が知れた商品を有しているというのは大きな強みでしょう。

野菜を通じて人々の健康に貢献

無添加にこだわる

カゴメは「野菜本来の美味しさを味わってもらう」ことにこだわっています。食塩や香料を添加したり、人工的な栄養強化剤を使って栄養価を高めたりせず、野菜本来に含まれている栄養と美味しさを、できるだけそのままの形で届けているのです。

食育活動にも力を入れる

日本人は特に野菜が不足していると言われています。この問題を解決するため、野菜の大切さや正しい食生活について伝える食育活動にも力を入れているカゴメ。例えば、小学生を対象に「おいしい!野菜チャレンジ」という食育プログラムを行い、野菜嫌いを克服する手伝いをしたり、野菜の魅力を楽しく伝えたりしています。

まとめ

以上、『カゴメの平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら