オープンハウスの年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

6,803 Views

オープンハウスの平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

オープンハウスの平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2019年¥6,556,44329.0歳3.3年918人
2018年¥6,420,50429.0歳3.0年825人
2017年¥6,352,38229.0歳2.8年675人
2016年¥6,544,28529.4歳2.9年508人
2015年¥6,559,18929.6歳3.1年422人
2014年¥6,563,94830.1歳3.2年351人
2013年¥6,492,19029.5歳3.1年281人
2012年¥6,605,14129.6歳3.2年219人

オープンハウスの年収と基本情報

平均年収
655万円
平均年収ランキング1300
平均年齢
29.0
平均年齢ランキング3790
平均勤続年数
3.3
平均勤続年数ランキング3591
従業員数
918
従業員数ランキング1130

オープンハウスの会社情報

商号オープンハウス
URLhttp://openhouse-group.com/
創業平成8年11月
業種仲介
所在地栃木県

オープンハウスの事業概要

居住用不動産の販売・仲介 戸建住宅の開発。注文住宅の建築請負。マンションの開発。投資用不動産の販売。
参照:http://openhouse-group.com/

オープンハウスの世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥4,239,396--
25~29¥4,954,703¥309,668¥1,238,675
30~34¥5,727,052¥357,940¥1,431,763
35~39¥6,385,319¥399,082¥1,596,329
40~44¥7,023,261¥438,953¥1,755,815
45~49¥7,722,178¥482,636¥1,930,544
50~54¥8,170,639¥510,664¥2,042,659
55~59¥8,015,907¥500,994¥2,003,976
60~64¥6,238,455¥389,903¥1,559,613
65~69¥6,004,390¥375,274¥1,501,097
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

オープンハウスの推定生涯賃金

オープンハウス
3億1470万円
一般的な生涯賃金
2億928万円

オープンハウスの詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1211万円
  • 課長クラス
    967万円
  • 係長クラス
    721万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    655万円
  • 高専・短大卒
    502万円
  • 高卒
    472万円

雇用形態別の推定年収

正社員
655万円
非正規社員
354万円

オープンハウスと他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    1300
  • 業界別ランキング不動産
    68
  • 業種別ランキング仲介
    11
  • 都道府県別ランキング栃木県
    816

年収偏差値

  • 上場企業偏差値
    52.0
  • 業界別偏差値不動産
    51.4
  • 業種別偏差値仲介
    53.2
  • 都道府県別偏差値栃木県
    50.6

オープンハウスと平均年収の近い企業

  1. 1
    金融サービス
    2413
    万円
  2. 2
    M&Aコンサルティング
    2269
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 1293
    土木
    656
    万円
  2. 1294
    IoT
    656
    万円
  3. 1295
    半導体
    656
    万円
  4. 1296
    ITサービス
    656
    万円
  5. 1297
    プラント・エンジニアリング
    655
    万円
  6. 1298
    卸売、商社
    655
    万円
  7. 1299
    小売業
    655
    万円
  8. 1301
    金融サービス
    655
    万円
  9. 1302
    ガラス・土石製品
    655
    万円
  10. 1303
    ITサービス
    655
    万円
  11. 1304
    小売
    655
    万円
  12. 1305
    建設、総合建設
    655
    万円
  13. 1306
    イベント企画・運営
    655
    万円
  14. 1307
    化学品
    655
    万円
  1. 3819
    小売
    289
    万円
  2. 3820
    警備
    226
    万円
  3. 3821
    小売
    200
    万円

オープンハウスの採用情報

オープンハウスに入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。オープンハウスが社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

オープンハウスの就職は、大学、大学院卒がメインになります。内定者の学歴に関しては、「早稲田大学」「東京理科大学」「明治大学」といった高偏差値大学所属が多いようです。

また、「日本大学」や「駒澤大学」などの日東駒専クラスの学生も採用しているようです。採用実績から読み取れる学歴フィルターはおそらく「日東駒専」が通るか通らないかのラインが妥当でしょう。

求める人材

オープンハウスは採用ホームページなどを通じて、求める人材像を具体的には述べてはいません。しかし、社長のメッセージから考えるに、困難なことに挑戦し、自分を成長させ、人に感動を与えたい人を求めているようです。

また、仕事を通じて成功をつかみたいと強く思う人もオープンハウスの社風にぴったりでしょう。

語学力

オープンハウスは、選考の時点で語学力は特に求めていないようです。しかし、海外進出をしている企業でもありますので、語学力があるとアピールポイントにできるかもしれません。

オープンハウスの良い点(魅力)

オープンハウスの良い点(魅力)は、急成長を促す徹底した実力主義と競争力の高いビジネスモデルにあります。

急成長を促す徹底した実力主義

オープンハウスは設立して16年で東証1部に上場しており、直近5年間の成長率は30%以上と急成長している企業です。この成長を支えているのは、組織の徹底した実力主義にあります。

具体的には年齢や性別、入社年次等は一切関係なく、努力の成果に見合ったポジションや報酬を得ることができるそうです。実際に、新卒2年でマネージャーに昇格した人もいるようで、東洋経済の調べによると上場企業の中で20代の平均給与が一番高い企業でもあります。

現代社会のニーズに合ったビジネスモデル

オープンハウスの強みの1つとして、競争力の高いビジネスモデルが挙られます。実際、土地の仕入れから設計、施工管理、販売までを一貫して自社で行うバリューチェーンを確立しており、ユーザーのニーズに合った商品をスピーディーに提供できるのです。

また、オープンハウスは都心に特化したビジネスを展開しています。特に、3階建ての戸建住宅に強みを持っており、多少狭くても都心にマイホームを持ちたいという人が増えた現代社会に合った商品を提供しています。

そのため、独自のビジネスモデルを築き、急成長しているオープンハウスで、会社の成長とともに自分自身も成長させ、成功をつかみたいという人におすすめの企業であると言えるでしょう。

あなたに最適な転職サービスを検索!

まとめ

以上、『オープンハウスの平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら