LINEの年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

2,767 Views

LINEの平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

LINEの平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2019年¥7,708,76034.5歳3.0年2,457人
2018年¥7,163,22334.4歳2.6年1,903人
2017年¥7,157,36034.3歳3.4年1,460人
2016年¥7,433,02934.2歳3.4年1,227人

LINEの年収と基本情報

平均年収
770万円
平均年収ランキング525
平均年齢
34.5
平均年齢ランキング3491
平均勤続年数
3.0
平均勤続年数ランキング3628
従業員数
2,457
従業員数ランキング452

LINEの会社情報

商号LINE
URLhttps://linecorp.com/ja/
創業平成12年9月
業種SNS
所在地栃木県

LINEの事業概要

コミュニケーションアプリ「LINE」、LINEプラットフォーム
参照:https://linecorp.com/ja/

LINEの世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥4,984,484--
25~29¥5,825,509¥364,094¥1,456,377
30~34¥6,733,601¥420,850¥1,683,400
35~39¥7,507,561¥469,222¥1,876,890
40~44¥8,257,623¥516,101¥2,064,405
45~49¥9,079,377¥567,461¥2,269,844
50~54¥9,606,656¥600,416¥2,401,664
55~59¥9,424,729¥589,045¥2,356,182
60~64¥7,334,885¥458,430¥1,833,721
65~69¥7,059,682¥441,230¥1,764,920
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

LINEの推定生涯賃金

LINE
3億7002万円
一般的な生涯賃金
2億928万円

LINEの詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1424万円
  • 課長クラス
    1137万円
  • 係長クラス
    847万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    770万円
  • 高専・短大卒
    590万円
  • 高卒
    555万円

雇用形態別の推定年収

正社員
770万円
非正規社員
416万円

LINEと他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    525
  • 業界別ランキングIT
    36
  • 業種別ランキングSNS
    1
  • 都道府県別ランキング栃木県
    358

年収偏差値

  • 上場企業偏差値
    56.1
  • 業界別偏差値IT
    60.4
  • 業種別偏差値SNS
    64.2
  • 都道府県別偏差値栃木県
    56.4

LINEと平均年収の近い企業

  1. 1
    金融サービス
    2413
    万円
  2. 2
    M&Aコンサルティング
    2269
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 518
    銀行
    772
    万円
  2. 519
    外食
    771
    万円
  3. 520
    仲介
    771
    万円
  4. 521
    インターネット・WEB
    771
    万円
  5. 522
    ITサービス
    771
    万円
  6. 523
    海運
    771
    万円
  7. 524
    電力
    770
    万円
  8. 526
    機械
    769
    万円
  9. 527
    石油
    769
    万円
  10. 528
    化学品
    769
    万円
  11. 529
    証券、商品先物取引
    769
    万円
  12. 530
    通信
    769
    万円
  13. 531
    建設、総合建設
    768
    万円
  14. 532
    情報・通信業
    768
    万円
  1. 3819
    小売
    289
    万円
  2. 3820
    警備
    226
    万円
  3. 3821
    小売
    200
    万円

LINEの雇用条件

LINEの雇用条件について、企業の採用ページなどを参考に掲載しています。初任給はサービス企画職 / ビジネス企画職で固定年俸4,080,000円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高いでしょう。

初任給

総合職(担当職)

サービス企画職 / ビジネス企画職年俸4,080,000円
技術職年俸5,280,000円~

技術職の年俸は一律ではなく、選考内のWEB技術テストや面接の評価により金額を決定。

昇給・賞与等

諸手当超過勤務手当、交通費全額支給
給与改定年2回(1月、7月)
インセンティブ年2回
福利厚生健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、財形貯蓄、定期健康診断、各種予防接種、マッサージ施設、サークル費支援制度、各種社内イベント、語学講座、カフェ完備(朝食無料)、外国籍社員サポート

参考

  1. LINE公式採用ページ

LINEの採用情報

LINEに入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。LINEが社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

LINEの採用ホームページには採用校は掲載されていませんでしたが、人気企業なので高偏差値大学所属の学生が数多く応募してくることが予想されます。また、選考過程ではSPIなどの試験もありますので最低限の学力は必要でしょう。

求める人材

LINEでは職種により求められる能力が若干異なります。

企画営業職

LINEのビジネスを促進していくために必要とされる能力や意欲を総合的に判断されるようです。例えば、能力面では物事を論理的且つ柔軟に考えられる力、意欲面では新しい法人向けビジネスのあり方を創造しようとする積極性が評価されるでしょう。

サービス企画職

トレンドに明るく興味範囲を狭めずに情報収集ができる方、企画の方向性を論理的に説明してプロジェクトをまとめるリード力を持った方が求められます。

技術職

人物面や意欲に加えて、それぞれの専門分野に関する一般的な知識や理解度も評価されます。面接では、実際にエンジニアにより、専門的な知識・技術力・経験およびコミュニケーション能力についてのテストが行われるようです。

語学力

LINEでは、語学力が高くなければ応募できないなどの制限はないようですが、選考途中で英語力が図られる可能性もゼロとは言えません。また、技術職では英語受験を選択することができ、英語でのWEB技術試験が受けられます。

LINEの良い点(魅力)

LINEの良い点(魅力)は、非常に多くのユーザーが利用しているモバイルサービスを運営しているという点やAI開発といった新たな事業領域も次々と開拓しているという点です。

若者の多くが利用しているモバイルサービスに関われる

LINEの月間アクティブユーザーは7,600万人以上

今やLINEは若者の間では知らない人はいないのではないかというくらいのモバイルサービスに成長しました。実際、LINEの月間アクティブユーザーは7,600万人以上いると言われています。「そんな誰もが利用しているサービスを今、自分が作っている」と実感できることは、LINEで働く1つの魅力でしょう。

非常に多種多様なコンテンツを展開

LINEと聞くとメッセージアプリだと思われがちですが、その他にもニュース、天気、占い、鉄道運行情報などを配信したり、アプリ上で決済、デリバリー、ショッピング、マンガなど多数のコンテンツを利用できたりと、多種多様なサービスをLINEという1つのアプリ上で提供しているのも、大きな強みです。

主に、動画・音楽・マンガ・ゲームなどを中心とした「コンテンツ・プラットフォーム」と、決済・求人・O2Oなどの生活関連サービスに注力した「ライフ・プラットフォーム」という2つの軸によって、より多くのユーザーの生活が豊かになるサービス展開を行っています。

新たな事業、領域に向けて

かつてないサービスの実現に向けて躍進

LINEが目指すのは「これがあれば全てが完結する」というかつてないサービスです。つまり、LINEという1つのアプリで、24時間365日いつでもどこでも、自分が必要とする人や情報・サービス、企業・ブランドと繋がり、全てが完結するスマートポータルの実現を目指しています。

AIアシスタント「Clova」

また、LINEはこうしたサービスだけでなく、AIの開発にも挑戦しています。それが「Clova」というAIアシスタント。こちらは、韓国の検索ポータルNo.1であるNAVERの共同開発プロジェクトとして研究開発を進めているものです。両社が持つ開発技術や豊富なコンテンツ、サービスを活用することにより、よりスマートなAIアシスタントの実現を目指しています。

※O2Oとは、「Online to Offline」の略で、Webサイトやアプリなどのオンラインの場から、店舗などのオフラインの場に消費者を誘導する施策の事。

あなたに最適な転職サービスを検索!

まとめ

以上、『LINEの平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら