日本化学産業の年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

127 Views

日本化学産業の平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

日本化学産業の平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2019年¥5,901,49241.9歳16.0年363人
2018年¥6,002,25742.0歳16.1年356人
2017年¥5,978,13342.2歳16.06年346人
2016年¥5,804,24242.4歳16.1年338人
2015年¥5,603,09542.1歳16.09年334人
2014年¥5,639,45041.8歳17.1年329人
2013年¥5,523,28441.0歳17.8年330人
2012年¥5,331,03540.5歳17.6年337人

日本化学産業の年収と基本情報

平均年収
590万円
平均年収ランキング1965
平均年齢
41.9
平均年齢ランキング1585
平均勤続年数
16.0
平均勤続年数ランキング1126
従業員数
363
従業員数ランキング1973

日本化学産業の会社情報

商号日本化学産業
URLhttp://www.nihonkagakusangyo.co.jp/
創業大正13年10月
業種化学品
所在地栃木県

日本化学産業の事業概要

・薬品事業 触媒用薬品をはじめ、 表面処理用薬品、塗料用薬品、印刷インキ用薬品、導電剤用薬品、セラミック・ガラス用薬品、 電池材料薬品などあらゆる産業をサポートする薬品・建材事業 アルミニウムの優れた特性(美しい、軽い、くるわない、腐食しない、加工しやすい)に着目し、より快適な環境づくりを実現する素材として住宅から高層ビルまで、多彩な用途開発
参照:http://www.nihonkagakusangyo.co.jp/

日本化学産業の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥3,815,904--
25~29¥4,459,757¥278,734¥1,114,939
30~34¥5,154,953¥322,184¥1,288,738
35~39¥5,747,463¥359,216¥1,436,865
40~44¥6,321,678¥395,104¥1,580,419
45~49¥6,950,777¥434,423¥1,737,694
50~54¥7,354,439¥459,652¥1,838,609
55~59¥7,215,164¥450,947¥1,803,791
60~64¥5,615,269¥350,954¥1,403,817
65~69¥5,404,586¥337,786¥1,351,146
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

日本化学産業の推定生涯賃金

日本化学産業
2億8327万円
一般的な生涯賃金
2億928万円

日本化学産業の詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1090万円
  • 課長クラス
    871万円
  • 係長クラス
    649万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    590万円
  • 高専・短大卒
    452万円
  • 高卒
    425万円

雇用形態別の推定年収

正社員
590万円
非正規社員
318万円

日本化学産業と他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    1965
  • 業界別ランキングメーカー
    728
  • 業種別ランキング化学品
    148
  • 都道府県別ランキング栃木県
    1159

年収偏差値

  • 上場企業偏差値
    50.1
  • 業界別偏差値メーカー
    49.5
  • 業種別偏差値化学品
    47.5
  • 都道府県別偏差値栃木県
    47.3

日本化学産業と平均年収の近い企業

  1. 1
    金融サービス
    2413
    万円
  2. 2
    M&Aコンサルティング
    2269
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 1958
    経営コンサルティング
    590
    万円
  2. 1959
    自動車、自動車部品
    590
    万円
  3. 1960
    自動車、自動車部品
    590
    万円
  4. 1961
    医薬品、健康食品
    590
    万円
  5. 1962
    アミューズメント・レジャー
    590
    万円
  6. 1963
    機械
    590
    万円
  7. 1964
    医療機器、医療機材
    590
    万円
  8. 1966
    情報・通信業
    590
    万円
  9. 1967
    飲料品製造
    590
    万円
  10. 1968
    アセットマネジメント
    590
    万円
  11. 1969
    ソフトウェア
    590
    万円
  12. 1970
    食品製造
    589
    万円
  13. 1971
    小売
    589
    万円
  14. 1972
    電子・電気機器
    589
    万円
  1. 3819
    小売
    289
    万円
  2. 3820
    警備
    226
    万円
  3. 3821
    小売
    200
    万円
あなたに最適な転職サービスを検索!

まとめ

以上、『日本化学産業の平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら