カネカの年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

5,537 Views

カネカの平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

カネカの平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2019年¥7,652,23940.0歳17.0年3,552人
2018年¥7,533,43940.0歳17.0年3,565人
2017年¥7,474,82640.0歳17.0年3,525人
2016年¥7,565,15940.0歳17.08年3,485人
2015年¥7,469,66140.25歳17.25年3,400人
2014年¥7,434,61940.25歳17.33年3,344人
2013年¥7,359,04540.1歳17.4年3,314人
2012年¥7,279,13840.1歳17.5年3,289人

カネカの年収と基本情報

平均年収
765万円
平均年収ランキング537
平均年齢
40.0
平均年齢ランキング2312
平均勤続年数
17.0
平均勤続年数ランキング818
従業員数
3,552
従業員数ランキング306

カネカの会社情報

商号カネカ
URLhttp://www.kaneka.co.jp/
創業昭和24年9月
業種化学品
所在地栃木県

カネカの事業概要

化成品、機能性樹脂、発泡樹脂製品、食品、ライフサイエンス、エレクトロニクス、合成繊維等
参照:http://www.kaneka.co.jp/

カネカの世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥4,947,937--
25~29¥5,782,797¥361,424¥1,445,699
30~34¥6,684,230¥417,764¥1,671,057
35~39¥7,452,515¥465,782¥1,863,128
40~44¥8,197,078¥512,317¥2,049,269
45~49¥9,012,807¥563,300¥2,253,201
50~54¥9,536,220¥596,013¥2,384,055
55~59¥9,355,627¥584,726¥2,338,906
60~64¥7,281,105¥455,069¥1,820,276
65~69¥7,007,920¥437,995¥1,751,980
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

カネカの推定生涯賃金

カネカ
3億6730万円
一般的な生涯賃金
2億928万円

カネカの詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1414万円
  • 課長クラス
    1129万円
  • 係長クラス
    841万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    765万円
  • 高専・短大卒
    586万円
  • 高卒
    551万円

雇用形態別の推定年収

正社員
765万円
非正規社員
413万円

カネカと他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    537
  • 業界別ランキングメーカー
    125
  • 業種別ランキング化学品
    35
  • 都道府県別ランキング栃木県
    366

年収偏差値

  • 上場企業偏差値
    57.9
  • 業界別偏差値メーカー
    60.4
  • 業種別偏差値化学品
    60.3
  • 都道府県別偏差値栃木県
    56.1

カネカと平均年収の近い企業

  1. 1
    金融サービス
    2413
    万円
  2. 2
    M&Aコンサルティング
    2269
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 530
    通信
    769
    万円
  2. 531
    建設、総合建設
    768
    万円
  3. 532
    情報・通信業
    768
    万円
  4. 533
    半導体
    768
    万円
  5. 534
    ゲーム
    767
    万円
  6. 535
    化学品
    765
    万円
  7. 536
    電子・電気機器
    765
    万円
  8. 538
    ソフトウェア
    765
    万円
  9. 539
    広告、PR
    765
    万円
  10. 540
    証券、商品先物取引
    764
    万円
  11. 541
    電子・電気機器
    764
    万円
  12. 542
    食品製造
    764
    万円
  13. 543
    設備、住宅設備
    764
    万円
  14. 544
    卸売、商社
    764
    万円
  1. 3819
    小売
    289
    万円
  2. 3820
    警備
    226
    万円
  3. 3821
    小売
    200
    万円

カネカの採用情報

カネカに入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。カネカが社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

カネカの就職は、技術職に関しては理系の学部卒や大学院卒がメインになります。特に化学や生物などを専門に勉強してきた学生を中心に採用しているようです。事務職に関しては、特に専門分野は限定していません。

内定者の学歴に関しては、「東京大学」、「早稲田大学」、「東京理科大学」といった高偏差値大学の所属が多いようです。また、「和歌山大学」、「鳥取大学」などの駅弁クラスの学生も採用しています。採用実績から読み取れる学歴フィルターはおそらく駅弁が通るか通らないかのラインが妥当でしょう。

求める人材

カネカが真に求めているのは、これまで受け継がれてきた挑戦心を継承し、更に飛躍させていけるような人材であると言えます。カネカは化学産業の代表の1つと呼べる企業ですので、特に技術職に関しては化学分野に関する高い専門性が求められていることは確かですが、単なる技術力の高い学生のみだけが採用されるわけではありません。

単に与えられたものをこなすだけでなく、時代の流れによって変化する社会のニーズを先読みし、自分なりのビジネスプランを提案できるような学生は採用後も大きく飛躍していけるでしょう。

語学力

カネカは、採用時の学生の語学力については特に言及はしていません。しかし、化学産業は世界的に必要とされている分野ですので、今後海外展開が一気に進んでいくことが予想されます。ですので、高い英語力があるのに越したことはないでしょう。

カネカの良い点(魅力)

カネカの良い点(魅力)は、事業の垣根を越えた連携・融合がある点と、成長分野で競争力のある製品を次々と創出している点にあります。

事業の垣根を越えた連携・融合

カネカは、化成品、機能性樹脂、発泡樹脂製品、食品などを製造・販売している化学会社です。カネカは様々な製品を扱っているため、複数の事業があって多様な人材が働いていますが、事業の垣根を越えた連携・融合がしっかりと存在しています。

特にリーダークラスを対象にした研修を充実させているなど、各グループリーダー層が中心となって横串の役割を果たしていこうと働きかけている動きがありますので、良い意味で流動的な仕組みが出来上がっていると言えるでしょう。売上高や営業利益も安定感があり、今後の成長に期待ができます。

成長分野で競争力のある製品を次々と創出

カネカは、「常に自発的に改革を起こしていこう」という想いのもと、成長分野で競争力のある製品をこれまで数多く創出してきました。例えば、独自の技術で開発した塩素化塩化ビニル樹脂である「カネカCPVC」、カネカが世界で初めて開発した液状樹脂である「カネカMSポリマー」など。

こうした製品は、「様々な事に挑戦したい」「既存のものにとらわれず、これまでにない新たな市場を創出したい」という社員の想いが元になって生まれました。他にも化学産業を中心に数多くの独自製品を開発しています。だからこそ、自分なりに改善点を見出して、新しい技術革新を起こしたい、という情熱溢れる方はピッタリの会社であると言えるでしょう。

あなたに最適な転職サービスを検索!

まとめ

以上、『カネカの平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら