三井化学の年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

5,676 Views

三井化学の平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

三井化学の平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2020年¥8,376,08841.0歳17.0年18,051人
2019年¥8,476,38417.0歳0.0年11人
2018年¥8,501,00418.0歳2.0年2人
2017年¥8,666,34941.0歳18.0年4,275人
2016年¥8,472,60941.16歳19.08年4,203人
2015年¥8,302,65442.75歳19.25年4,314人
2014年¥8,198,25845.1歳19.08年4,605人
2013年¥8,037,43143.0歳20.5年4,701人
2012年¥8,178,43943.2歳20.5年4,716人

三井化学の年収と基本情報

平均年収
837万円
平均年収ランキング310
平均年齢
41.0
平均年齢ランキング1907
平均勤続年数
17.0
平均勤続年数ランキング821
従業員数
18,051
従業員数ランキング82

三井化学の会社情報

商号三井化学
URLhttps://www.mitsuichem.com/jp/
創業平成9年10月
業種化学品
所在地栃木県

三井化学の事業概要

三井化学は、主にヘルスケア事業、モビリティ事業、フード&パッケージング事業、基盤素材事業を営む日本の企業です。
参照:https://www.mitsuichem.com/jp/

三井化学の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥5,415,978--
25~29¥6,329,809¥395,613¥1,582,452
30~34¥7,316,512¥457,282¥1,829,128
35~39¥8,157,472¥509,842¥2,039,368
40~44¥8,972,465¥560,779¥2,243,116
45~49¥9,865,356¥616,584¥2,466,339
50~54¥10,438,280¥652,392¥2,609,570
55~59¥10,240,605¥640,037¥2,560,151
60~64¥7,969,847¥498,115¥1,992,461
65~69¥7,670,821¥479,426¥1,917,705
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

三井化学の推定生涯賃金

三井化学
4億205万円
一般的な生涯賃金
2億928万円

三井化学の詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1548万円
  • 課長クラス
    1236万円
  • 係長クラス
    921万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    837万円
  • 高専・短大卒
    641万円
  • 高卒
    603万円

雇用形態別の推定年収

正社員
837万円
非正規社員
452万円

三井化学と他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    310
  • 業界別ランキングメーカー
    46
  • 業種別ランキング化学品
    9
  • 都道府県別ランキング栃木県
    219

年収偏差値

  • 上場企業偏差値
    62.8
  • 業界別偏差値メーカー
    65.1
  • 業種別偏差値化学品
    66.4
  • 都道府県別偏差値栃木県
    59.8

三井化学と平均年収の近い企業

  1. 1
    金融サービス
    2413
    万円
  2. 2
    M&Aコンサルティング
    2269
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 303
    証券、商品先物取引
    839
    万円
  2. 304
    日用品
    839
    万円
  3. 305
    空運
    839
    万円
  4. 306
    機械
    838
    万円
  5. 307
    卸売、商社
    838
    万円
  6. 308
    卸売、商社
    838
    万円
  7. 309
    電子・電気機器
    837
    万円
  8. 311
    ITサービス
    837
    万円
  9. 312
    ITサービス
    837
    万円
  10. 313
    機械
    836
    万円
  11. 314
    ゲーム
    834
    万円
  12. 315
    卸売、商社
    834
    万円
  13. 316
    サービス業
    834
    万円
  14. 317
    小売
    834
    万円
  1. 3819
    外食
    269
    万円
  2. 3820
    警備
    226
    万円
  3. 3821
    小売
    200
    万円

三井化学の採用情報

三井化学に入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。三井化学が社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

三井化学の就職は、大学、大学院卒の理系がメインになります。内定者の学歴に関しては、「東京工業大学」「慶應義塾大学」「早稲田大学」といった高偏差値大学所属が多いようです。

また、「法政大学」や「立教大学」などのGMARCHクラスの学生も採用しているようです。採用実績から読み取れる学歴フィルターはおそらく「GMARCH」が通るか通らないかのラインが妥当でしょう。

求める人材

公式採用ページの人事部長メッセージによると、三井化学が求める人材とは自ら考え、行動する人材です。

というのも、三井化学の社員は、若い時から裁量と仕事への責任を持つスタイルで仕事をしているので、自ら考え、周囲を巻き込みながら行動できる必要があるからです。

語学力

三井化学は、採用の段階で語学力を採用基準にするという事はありません。しかし、三井化学に入社後は必ずと言っても良いほど英語が必要になってくるようなので、学生の間に語学力を高めておくと良いでしょう。

三井化学の良い点(魅力)

三井化学の良い点(魅力)は、シェア率の高い製品を多く持っている所とグローバル展開を積極的に推し進めている所です。

シェア率の高い製品を多く持っている

三井化学は、国内、アジア、世界というそれぞれの地域でシェア率No1の製品を多数持っています。例えば、メガネレンズの材料として使われている高屈折率MRシリーズは世界1位のシェア率を誇り、バンパー材のPPコンパウンドタフマーはアジアNo1に輝いています。

グローバル展開の推進

三井化学はグローバル化を積極的に推し進めているようです。実際に海外売上高比率は44%を誇り、海外市場への展開をさらに加速させようとしています。

また、今現在、海外の駐在員は約200人おり、30歳未満の若手社員を対象にした、約1年間の海外実務派遣研修制度も設けています。そのように、世界的にも高いシェア率を誇る製品を多数持っているだけでなく、若手のうちから海外で働きけるところは三井化学の魅力の1つでしょう。

あなたに最適な転職サービスを検索!

まとめ

以上、『三井化学の平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら