宇部興産の年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

3,159 Views

宇部興産の平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

宇部興産の平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2019年¥6,929,41841.7歳15.9年3,329人
2018年¥6,892,74441.5歳15.8年3,298人
2017年¥6,585,89641.4歳15.5年3,555人
2016年¥6,668,06841.5歳15.4年3,612人
2015年¥6,446,73441.6歳15.9年3,693人
2014年¥6,317,07441.3歳15.8年3,726人
2013年¥6,453,44040.9歳14.9年4,262人
2012年¥6,558,15640.7歳15.2年4,072人

宇部興産の年収と基本情報

平均年収
692万円
平均年収ランキング981
平均年齢
41.7
平均年齢ランキング1660
平均勤続年数
15.9
平均勤続年数ランキング1200
従業員数
3,329
従業員数ランキング330

宇部興産の会社情報

商号宇部興産
URLhttp://www.ube-ind.co.jp/ube/jp/index.html
創業昭和17年3月
業種化学品
所在地栃木県

宇部興産の事業概要

UBEグループは『化学』 『医薬』 『建設資材』 『機械』 『エネルギー・環境』の5事業を展開しています。
参照:http://www.ube-ind.co.jp/ube/jp/index.html

宇部興産の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥4,480,561--
25~29¥5,236,561¥327,285¥1,309,140
30~34¥6,052,846¥378,302¥1,513,211
35~39¥6,748,560¥421,785¥1,687,140
40~44¥7,422,792¥463,924¥1,855,698
45~49¥8,161,468¥510,091¥2,040,367
50~54¥8,635,440¥539,715¥2,158,860
55~59¥8,471,906¥529,494¥2,117,976
60~64¥6,593,341¥412,083¥1,648,335
65~69¥6,345,961¥396,622¥1,586,490
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

宇部興産の推定生涯賃金

宇部興産
3億3261万円
一般的な生涯賃金
2億928万円

宇部興産の詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1280万円
  • 課長クラス
    1022万円
  • 係長クラス
    762万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    692万円
  • 高専・短大卒
    531万円
  • 高卒
    499万円

雇用形態別の推定年収

正社員
692万円
非正規社員
374万円

宇部興産と他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    981
  • 業界別ランキングメーカー
    298
  • 業種別ランキング化学品
    74
  • 都道府県別ランキング栃木県
    644

年収偏差値

  • 上場企業偏差値
    54.6
  • 業界別偏差値メーカー
    55.9
  • 業種別偏差値化学品
    55.0
  • 都道府県別偏差値栃木県
    52.4

宇部興産と平均年収の近い企業

  1. 1
    金融サービス
    2413
    万円
  2. 2
    M&Aコンサルティング
    2269
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 974
    仲介
    693
    万円
  2. 975
    ホテル
    693
    万円
  3. 976
    電子・電気機器
    693
    万円
  4. 977
    化学品
    693
    万円
  5. 978
    金融サービス
    693
    万円
  6. 979
    その他
    693
    万円
  7. 980
    プラント・エンジニアリング
    692
    万円
  8. 982
    アミューズメント・レジャー
    692
    万円
  9. 983
    日用品
    692
    万円
  10. 984
    金属
    692
    万円
  11. 985
    金属
    692
    万円
  12. 986
    自動車、自動車部品
    692
    万円
  13. 987
    化学品
    691
    万円
  14. 988
    サービス業
    691
    万円
  1. 3819
    小売
    289
    万円
  2. 3820
    警備
    226
    万円
  3. 3821
    小売
    200
    万円

宇部興産の雇用条件

宇部興産の雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。初任給は学部卒で222,500円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含む宇部興産の1年目の年収は380万円を超えて来るでしょう。

初任給

総合職(担当職)

博士了269,500円
修士了240,500円
学部卒222,500円

昇給・賞与等

諸手当時間外手当、地域手当、住宅手当、通勤手当など
昇給年1回(4月)
賞与年2回(7月・12月)
福利厚生独身寮・社宅完備、住宅財形貯蓄、従業員持株制度、団体長期障害所得補償保険、総合病院、社有保養施設(葉山、箱根など)、各種サークル

参考

  1. マイナビ 宇部興産の採用ページ
  2. 宇部興産公式採用ページ

宇部興産の採用情報

宇部興産に入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。宇部興産が社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

宇部興産の就職は、事務系が全学部全学科から、技術系が理系メインになります。マイナビの採用実績には「多数あり」としか記載されていないので、内定者の学歴や学歴フィルターに関しては確かなことは言えません。

求める人材

宇部興産が求めるのは「主体性のある人間」、もっと詳しく言えば「常に当事者感覚と広い視野で考え行動し、結果を出せる人間」です。面接では、主体的に考えて行動してきたか、問題や課題の解決にどのような取り組みをされたかについて、これまでの経験をもとに聞かれるでしょう。

語学力

宇部興産は語学力の高い低いによる採用制限は行なっていないようです。しかし、宇部興産はグローバル人材の育成に力を入れていて、海外の大学や研究機関への派遣も行なっているので、学生時代に語学の勉強をしておければ、入社後に確実にプラスに働くでしょう。

宇部興産の良い点(魅力)

宇部興産の良い点(魅力)は、医薬品やデジタル家電、自動車部品など多種多様な製品を幅広い市場に提供しているという点です。

幅広い市場に多種多様な製品を供給

「化学」「医薬」「建設資材」「機械」「エネルギー・環境」5つの事業を展開

宇部興産の魅力は、 「化学」という枠組みに囚われない幅広い事業領域にあります。「化学」「医薬」「建設資材」「機械」「エネルギー・環境」の5つの分野で事業を展開。1つの事業に限定して勝負しているわけではないので、仮に1つの分野で売り上げが伸び悩んでも他でカバーできるというのは大きな強みです。

家電、自動車、薬、そして宇宙開発まで

宇部興産は5つの事業を展開しているので、その扱う製品群は、身近なデジタル家電、家庭用品、自動車部品、医薬品などから最先端の航空宇宙分野まで、まさに無限に広がっています。

そのため、「ものづくりをしたいけど、何を極めたいかはまだ具体的に決められない」という人にもオススメです。宇部興産には化学や薬学、機械、電気、建築、土木などの多岐に渡る専門家が集まり、その専門能力を発揮して新たな可能性を創造しています。

人々の健康に貢献する医薬品開発

専門の医薬品創薬グループを立ち上げ

5つの事業を展開している宇部興産ですが、この項目では近年ワールドワイドで関心が高まっている「医薬品開発」について見ていきましょう。宇部興産は1983年に宇部研究所内に医薬品創薬グループを立ち上げ、創薬事業に参画しました。

その研究領域は幅広く、臓器炎症・線維症、免疫・癌領域、循環代謝系の異常に伴う疾患領域、呼吸器系領域といった医療現場でニーズの高い複数の医薬品開発を行なっているのが特徴です。

国内及び海外大手製薬メーカーとの共同研究開発

宇部興産の行う創薬研究は、宇部興産単独で行う場合もありますが、国内外の製薬メーカーとの協力体制の下で行う共同研究にも力を入れています。例えば、第一三共株式会社、米国イーライリリー・アンド・カンパニー社と共同で開発した抗血小板薬などがその代表例。

その成果であるエフィエントという薬は、欧米では2009年リリー社・第一三共から、国内では2014年に第一三共から発売され、現在日本を含め世界70ヵ国以上で承認・販売されているのです。

あなたに最適な転職サービスを検索!

まとめ

以上、『宇部興産の平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら