アステラス製薬の年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

アステラス製薬の平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

アステラス製薬の平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2018年¥10,717,31643.5歳17.9年5,034人
2017年¥10,794,48843.2歳17.8年5,123人
2016年¥10,730,86442.6歳17.3年5,186人
2015年¥10,687,43342.3歳17.0年5,217人
2014年¥10,558,56741.8歳16.6年5,408人
2013年¥10,359,46341.7歳16.6年5,777人
2012年¥10,147,33041.3歳16.2年5,802人

アステラス製薬の年収と基本情報

平均年収
1,071万円
平均年収ランキング70
平均年齢
43.5
平均年齢ランキング794
平均勤続年数
17.9
平均勤続年数ランキング588
従業員数
5,034
従業員数ランキング132

アステラス製薬の会社情報

商号アステラス製薬
URLhttps://www.astellas.com/jp/
創業大正12年1月
業種医薬品、健康食品
所在地栃木県

アステラス製薬の事業概要

MR:医薬品の適正な使用と普及を目的に、医療機関へ訪問して医薬品情報の提供・収集・伝達を行います。 創薬研究/技術研究:病気を解明し新薬を創出する「創薬研究」の仕事や、原薬の工業化や製剤設計を担当する「技術研究」の仕事があります。 ・臨床開発/信頼性保証:薬の「治験」を企画・推進し、発売に向けて承認申請を担当する仕事や、信頼性ある医薬品データの創出・管理を担当する仕事があります。
参照:https://www.astellas.com/jp/

アステラス製薬の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥6,929,816--
25~29¥8,099,075¥506,192¥2,024,768
30~34¥9,361,575¥585,098¥2,340,393
35~39¥10,437,594¥652,349¥2,609,398
40~44¥11,480,388¥717,524¥2,870,097
45~49¥12,622,854¥788,928¥3,155,713
50~54¥13,355,919¥834,744¥3,338,979
55~59¥13,102,990¥818,936¥3,275,747
60~64¥10,197,526¥637,345¥2,549,381
65~69¥9,814,917¥613,432¥2,453,729
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

アステラス製薬の推定生涯賃金

アステラス製薬
5億1443万円
一般的な生涯賃金
2億1803万円

アステラス製薬の詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1980万円
  • 課長クラス
    1581万円
  • 係長クラス
    1178万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    1071万円
  • 高専・短大卒
    821万円
  • 高卒
    772万円

雇用形態別の推定年収

正社員
1071万円
非正規社員
579万円

アステラス製薬と他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    70
  • 業界別ランキング医療
    9
  • 業種別ランキング医薬品、健康食品
    8
  • 都道府県別ランキング栃木県
    56

年収偏差値

アステラス製薬と平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    2478
    万円
  2. 2
    機械
    2110
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 63
    飲料品製造
    1093
    万円
  2. 64
    金属
    1090
    万円
  3. 65
    ゲーム
    1083
    万円
  4. 66
    銀行
    1080
    万円
  5. 67
    研究、検査、試験
    1078
    万円
  6. 68
    医薬品、健康食品
    1076
    万円
  7. 69
    銀行
    1071
    万円
  8. 71
    銀行
    1067
    万円
  9. 72
    戦略コンサルティング
    1067
    万円
  10. 73
    広告、PR
    1064
    万円
  11. 74
    飲料品製造
    1061
    万円
  12. 75
    証券、商品先物取引
    1056
    万円
  13. 76
    医薬品、健康食品
    1054
    万円
  14. 77
    銀行
    1054
    万円
  1. 3675
    小売
    296
    万円
  2. 3676
    運用、管理
    283
    万円
  3. 3677
    警備
    260
    万円

アステラス製薬の雇用条件

アステラス製薬の雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。初任給は学部卒で月給220,000円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含むアステラス製薬の1年目の年収は370万円を超えて来るでしょう。

初任給

総合職(担当職)

博士了278,000円
学部卒6年生、修士了244,000円
学部卒4年生220,000円

昇給・賞与等

諸手当営業手当、裁量労働手当、時間外手当、通勤手当など(詳細は職種により異なります)
昇給年1回(10月)
賞与年2回(7月、12月)
福利厚生社宅制度、財形貯蓄制度、社員持株会、退職金制度、保養所、育児休業制度(こども一人につき3年)ほか

参考

  1. マイナビ アステラス製薬の採用ページ
  2. アステラス製薬公式採用ページ

アステラス製薬の採用情報

アステラス製薬に入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。アステラス製薬が社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

アステラス製薬の就職は、学部卒や大学院卒の理系がメインになります。ただ、MR(営業)職は文系でも採用されているようです。内定者の学歴に関しては「会社規定により非公開」となっていますが、製薬会社のトップである事を考えると学歴フィルターはおそらく「GMARCH」が通るか通らないかのラインが妥当でしょう。

求める人材

アステラス製薬は製薬会社ですので、理系の場合は当然薬学、化学、生物学、医学などに関する深い知識が必要となるでしょう。しかしながら、単に知識がある学生のみを求めているわけではありません。

製薬というのは、想像以上に地道な作業だと言えるでしょう。しかし、革新的で有用性の高い新薬を継続的に生み出して世界中に届けるためには、どんな地道な作業でも持続し続ける継続力と、常に社員自らが挑戦し続けるチャレンジ精神が必要不可欠です。

また、より良い薬を生み出すためには常に患者の目線に立って物事を考えなければなりません。グループに共通する価値観の1つとして、アステラス製薬は「患者志向」という言葉を掲げています。

そのような立場・視点への感度を常に高められる、患者の願いを実現するために、様々な事に挑戦して社会に変革をもたらす事ができる、そして社内外に存在するイノベーションの「芽」を組み合わせられる、そのような人材をアステラス製薬は求めているのでしょう。

語学力

アステラス製薬は特に採用時において語学力に関する制限は設けていません。しかしながら、アステラス製薬は「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」という経営理念を掲げています。

常に世界目線に立ってグローバルに展開している企業なので、高い語学力があれば採用においてプラスになる事は間違いないでしょう。また、高い語学力があると将来的に海外で働く機会を得られるかもしれません。

アステラス製薬の良い点(魅力)

アステラス製薬の良い点(魅力)は、トップレベルの高い技術力を有しており、最先端の研究分野に触れられるという点と、海外でも需要がある医薬品を数多く販売しているという点です。

最先端の研究フィールドで活躍できる

アステラス製薬は、国内製薬シェア2位の大企業であり、特に頻尿器、免疫に関しては世界でも最高クラスの技術力を有しています。そのため、「医療、製薬現場の最前線で活躍したい」「患者のニーズに応える革新的な医療ソリューションを届けていきたい」といった人には、これ以上ない働き場となるでしょう。

また、メーカーの中では非常に高い給与を得られる点もアステラス製薬の魅力です。だからこそ、そんな現場で働くには、自分自身が常に成長し続ける必要があります。医療の進歩はますますそのスピードを速めており、仕事外でもそうした最先端の技術について常に情報をキャッチして、積極的に学んでいく必要があるでしょう。

海外でも需要があるアステラス製薬の製品

アステラス製薬の医薬品は、日本国内のみならず、海外においても非常に需要のあるものが多いです。例えば、プログラフ、アドバグラフ/グラセプター/アスタグラフXL/プログラフXLといった免疫抑制剤は、臓器移植における拒絶反応の抑制などに使われる薬として、世界中で高い需要があります。

実際、こうしたアステラス製薬の免疫抑制剤は、約100の国と地域で販売され、世界の移植医療の分野で広く貢献しているのです。製薬産業は人間から疾患がなくならない限り、常に必要とされ続ける事業なので、今後も高い社会貢献性と安定性、将来性があるでしょう。

まとめ

以上、『アステラス製薬の平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら