第一三共の年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

第一三共の平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

第一三共の平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2018年¥10,979,18843.0歳18.9年5,515人
2017年¥11,039,25142.5歳18.5年5,357人
2016年¥11,335,17243.4歳18.8年5,310人
2015年¥10,923,03643.0歳18.5年5,206人
2014年¥11,118,60042.5歳18.1年5,306人
2013年¥10,362,70042.3歳17.7年5,744人
2012年¥9,981,71341.8歳17.3年5,771人

第一三共の年収と基本情報

平均年収
1,097万円
平均年収ランキング60
平均年齢
43.0
平均年齢ランキング958
平均勤続年数
18.9
平均勤続年数ランキング392
従業員数
5,515
従業員数ランキング112

第一三共の会社情報

商号第一三共
URLhttps://www.daiichisankyo.co.jp/
創業平成17年9月
業種医薬品、健康食品
所在地栃木県

第一三共の事業概要

第一三共グループは、企業理念「革新的医薬品を継続的に創出し、多様な医療ニーズに応える医薬品を提供することで、世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献する」を実践し、グローバルな企業活動において、以下の原則に基づき、法令およびルールなどを遵守し、生命関連企業としてふさわしい高い倫理観と社会的良識をもって行動する。このことにより、変化を続ける多様な社会からの要請に積極的に応え、企業価値の向上を図り、企業の社会的責任を果たしていく。
参照:https://www.daiichisankyo.co.jp/

第一三共の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥7,099,142--
25~29¥8,296,972¥518,560¥2,074,243
30~34¥9,590,320¥599,395¥2,397,580
35~39¥10,692,631¥668,289¥2,673,157
40~44¥11,760,906¥735,056¥2,940,226
45~49¥12,931,287¥808,205¥3,232,821
50~54¥13,682,264¥855,141¥3,420,566
55~59¥13,423,155¥838,947¥3,355,788
60~64¥10,446,697¥652,918¥2,611,674
65~69¥10,054,740¥628,421¥2,513,685
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

第一三共の推定生涯賃金

第一三共
5億2700万円
一般的な生涯賃金
2億1803万円

第一三共の詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    2029万円
  • 課長クラス
    1620万円
  • 係長クラス
    1207万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    1097万円
  • 高専・短大卒
    841万円
  • 高卒
    791万円

雇用形態別の推定年収

正社員
1097万円
非正規社員
593万円

第一三共と他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    60
  • 業界別ランキング医療
    5
  • 業種別ランキング医薬品、健康食品
    5
  • 都道府県別ランキング栃木県
    49

年収偏差値

第一三共と平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    2478
    万円
  2. 2
    機械
    2110
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 53
    卸売、商社
    1139
    万円
  2. 54
    建設、総合建設
    1138
    万円
  3. 55
    半導体
    1137
    万円
  4. 56
    小売業
    1117
    万円
  5. 57
    総合不動産業
    1113
    万円
  6. 58
    総合不動産業
    1101
    万円
  7. 59
    医薬品、健康食品
    1099
    万円
  8. 61
    卸売、商社
    1096
    万円
  9. 62
    医薬品、健康食品
    1094
    万円
  10. 63
    飲料品製造
    1093
    万円
  11. 64
    金属
    1090
    万円
  12. 65
    ゲーム
    1083
    万円
  13. 66
    銀行
    1080
    万円
  14. 67
    研究、検査、試験
    1078
    万円
  1. 3675
    小売
    296
    万円
  2. 3676
    運用、管理
    283
    万円
  3. 3677
    警備
    260
    万円

第一三共の雇用条件

第一三共の雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。初任給は学部卒で220,000円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含む第一三共の1年目の年収は375万円を超えて来るでしょう。

初任給

総合職(担当職)

博士了(4年制)284,500円
博士(3年制)278,000円
修士・学士(6年制)244,000円
学士(4年制)220,000円

昇給・賞与等

諸手当住宅手当、こども手当、通勤手当、出張・外勤手当、時間外労働手当・休日労働手当など
昇給年1回(4月)
賞与年2回(7月、12月)
福利厚生事業所内保育施設、医療関連支援(各種ワクチン接種補助等)、各種社会保険完備(健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険)、社宅制度(一般物件の借り上げ)、財産形成支援制度、自己啓発支援(ビジネス通信教育支援、ビジネススキルアップ研修、語学力強化支援等)など

参考

  1. マイナビ 第一三共の採用ページ
  2. 第一三共公式採用ページ

第一三共の採用情報

第一三共に入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。第一三共が社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

第一三共の就職は、大学卒、大学院卒がメインになります。内定者の学歴に関しては、「千葉大学」「慶應義塾大学」「早稲田大学」といった高偏差値大学所属が多いようです。

また、「日本大学」や「駒澤大学」などの日東駒専クラスの学生も採用しているようです。採用実績から読み取れる学歴フィルターはおそらく「日東駒専」が通るか通らないかのラインが妥当でしょう。

求める人材

第一三共が求める人材とは、強い意志や情熱を持って、誰よりも先に大きな課題に挑戦し、安心で豊かな世界を創っていくという志を持っている人です。第一三共は、薬を通じて、世界中の人々の健康で明るい未来を支えたいと考えているため、このような志を持って面接に望むことが大切でしょう。

語学力

第一三共は採用選考の際には、語学力を特に求めてはいないようです。しかし、第一三共は「グローバル創薬企業」を目指しているため、語学力があると将来的に海外で働く機会を得ることができるかもしれません。

また、公式採用ページによると、コーポレートスタッフ職に関してはtoeic730点以上が望ましいとあるので、コーポレートスタッフ職を目指す人は、toeicで高スコアを取リましょう。

第一三共の良い点(魅力)

第一三共の良い点(魅力)は、業界におけるリーディングカンパニーである点と業界の製品ラインナップの幅広さ、MRに対する高い評価にあります。

国内製薬業界のリーディングカンパニー

第一三共は売上高で国内製薬業界4位に位置しており、業界のリーディングカンパニーと言えます。特に製薬業界では、売上高が多ければ多いほど、研究開発にお金を使え、創薬を加速させることができるため、第一三共は業界トップの売上高を誇っているという点で競争優位性があると言えるでしょう。

また、リーディングカンパニーであるがゆえにブランド力もあり、お医者さんからの評価も高いという点も魅力の1つです。

業界トップクラスの製品ラインナップとMRに対する高い評価

第一三共は、医療用医薬品の新薬に特化(グループ会社を除く)したビジネスを展開しており、国内医療用医薬品の数は150品目と幅広い製品ラインナップを持っています。また、メマリーやリクシアナといった大型薬も多く保有しています。

それに加え、日経メディカル誌が医療関係者を対象に実施した「製薬企業のMRに関する調査」では、直近6年間で5度のMR総合満足度No1という、高い評価を得ているのです。

そのため、第一三共で大型薬となるような薬を創りたいという人や、第一三共というフィールドでMRとしてのスキルを磨き、たくさんの患者に薬を届けたいという人にオススメの企業あると言えます。

まとめ

以上、『第一三共の平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら